スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイにきています(1)

今タイのバンコクに来ています。といっても今回は
カカオ関連ではありません。

タイの外務省が、ASEAN+3(日本・中国・韓国)のフレームワークを
推進するために、自国を除く12カ国の若手を招聘。
タイ政府の外交や経済政策に関する取り組みを紹介し、また各国代表と
意見交換するとプログラムを開催しており、それに縁あって日本の代表として
参加しています。

TVP.jpg


13ヶ国のうちタイを除く12カ国から、各国1~2人が招聘されているので、
計約20名が参加しているのですが、そのうち約半数はいわゆる官僚で、
残りの半分が私を含め民間の参加者です。




今週は朝から晩までタイ外務省やその他省庁、あるいはシンクタンクなどを
訪問して話を聞いています。学生の時のように一方的に講義を聴くのではなく、
各国の参加者が結構積極的に質問したり意見を述べたりするので、日本を
代表して参加させていただいている身としてはウカウカしていられないのが実情。

特に日本は中国・韓国とならびASEAN+3のフレームワークでは
「+3」なわけで、例えばタイの輸出先としては以前は日本が最大の
輸出先であったのが今は中国にその座を奪われています。

またタイへの旅行者の数も、日本人はかつて1位でしたが今は中国に次ぐ2位に。
しかもASEAN+3の枠組みの中で多くのインフラ系のプロジェクトは
マレー半島と中国を結ぶ道路の建設や物流(陸路)の整備など
地理的にも中国寄りになっているのは否めません。

だから中国や韓国の参加者が積極的に質問をする中で
私が黙っていてはあかん!ここはフレンドリーな態度を保ちながらも
日本の魅力や重要性をアピールせな(なぜか関西モード)!と勝手に使命感に燃え、
かといってアグレッシブな態度をとるべき場では決してないので、
ちょこちょこ個人ベースでアベノミクスの説明や今後の日本の
ポジショニングを自分の観点から話しています。

2015年に「政治・安全保障共同体」,「経済共同体」,「社会・文化共同体」の
3本柱から成るASEAN共同体を目指すASEANは、今後東アジア地域の発展と
安定のためにも極めて重要で、またその重要性と潜在性ゆえに
非常に結束が固いと言えます。

とはいえ、各国ベースでみると、日本と中国、または日本と韓国との間に
領土問題があるように、例えばタイもカンボジアとの領土問題は記憶に
新しいところですが、東シナ海の利権をはじめ、各国ともに問題を
抱えているのは事実。

それでも、その問題は問題として専門家を中心に解決を目指し、
あくまで国同士では、また国民レベルでは敵対することなく
温和に互いを尊重し合い、統合に向けてやっていきましょう、という姿勢が
随所に見られ、官僚でも国際関係の学者でもない私にとって外交の
現場を垣間見ることができたのは素晴らしい経験です。

まだプログラムは続きますが、また改めて学んだことを
書きたいと思います。

(つづく)


スポンサーサイト

黒田さんやりました!

日銀総裁黒田さん、やってくれましたね!

発表のあと、大きく円安に振れたのは、カカオ豆を輸入している
Dari Kにとっては、とても痛いのでありますが、
それ以上に分かりやすく、そして自らの言葉で金融政策の方向性を
語る姿は、頼もしいしかっこいいです。

黒田さんは、東大を出て(在学中に司法試験合格)、大蔵省に入って
オックスフォードで経済学修士号をとり、政府金融畑で歩んで
アジア開発銀行総裁になった方。

その経歴からレベルの高さが半端でないのが明らかですが、
官僚として地味にそつなくこなすというのではなく、
信念を持って自分の意見を発信したり、東アジア共同体への
取り組みなど、こういう人が日本を引っ張っていけばいいのに、
と思っていた方なので、今回の発表は個人的に嬉しかったです。

おそらく相場的には、今回の大きなサプライズも一段落すれば
逆に今後のサプライズが少なくなるので、よりファンダメンタル
重視になってくるのでしょうし、今夜発表のアメリカの雇用統計を
見ながら落ち着いてくるものと思われますが、それでも量的ベースの
言及は「分かりやすさ」とそれによる理解、そして安心感に
つながり、ある程度為替も株も下支えすると思います。

最近Dari Kとして、方向性は見えていても、
分かりやすく発信できているかと自ら疑問に思うこともあります。

分かりやすさを追求して、その考えの奥深さや包括性を
説明できないのは本末転倒だし、かといって全てを語ることで
理解されないのも悲しいことで、難しいところですね。

4月に入り、いよいよいろんなプロジェクトがはじまったり
実を結んだりする頃です。これから色々発信していきますので
どうぞお楽しみにしていてください!!




上場!?

今日は日経新聞の取材を受けた後、午後は
上場に関するセミナーに行ってきました。

僕自身、これまでの金融キャリアにおいて新規上場(というか
IPOという言葉をよく使っていましたが)する企業の
分析など何度も手がけてきたゆえに、上場とは何ぞやとか
上場のメリット・デメリットはもちろん理解しています。

でもこのブログは社員も読んでいるので、社員教育の一環として
簡単に説明すると、上場とは会社の株を株式市場で売買できるように
することです。ちょっとイメージ沸かないかな。

それでは説明を変えて、会社ってそもそも誰のものでしょう?

従業員、お客様、地域の人、社長、いろいろ考えはあるでしょうが
厳密には株主のものです。

社長が自ら株を持っていることもあるし、従業員が株を
持っていることもあります。また社長や従業員とは全く関係なく、
誰も会ったことのない人が株主(その会社の所有者)なんてことも
もちろんあります。

さらに言えば、そもそも人ではなく、投資ファンドが
株主だとか、会社Aが会社Bの株主だったりもするんです。

もちろん、株主(株の持ち主)は一人だけである必要はなく、
何十人、何百人と株主がいる会社もありますし、大きな企業だと
株主だけで数千、何万人というところだってもちろんいっぱいあります。


あなたの勤務先の会社の株主は誰でしょう?
(Dari K社員、答えられる??)

もしこの問いにすぐに答えられないとしたら・・・・
でもそれが現実なんですね(笑

もし株主が社長や経営陣ではない場合、その社長や経営陣は
株主(オーナー)から、経営を任されているだけなんです。

たとえば僕がトヨタの株をもっていたら、トヨタの
どの従業員よりも僕はトヨタのことに口を出す権利が
あるんです。だって僕が株主だから。トヨタは僕のものだから。

従業員が何千人いようと、僕は自分の会社であるトヨタのために
利益を出すよう彼らを間接的に雇っていて、働いてもらってるわけなので。

まあ、トヨタというのは日本のみならず世界規模の
超大企業なので、現在株主も66万人いるそう(HPより)なので、
自分1人ではなく、66万人の株主みんなのものですが。



さて、話を元に戻して、会社は株主のものだとすると、
成長する会社に賭けたい、という人もきっと多くいるでしょう。
それは、成長する会社の株を持っていれば、株価(株の価値)があがり
将来それを売ってお金をもうけたい、という人もいるだろうし、
自分も株主になって、その企業のことをもっと良く知り、
色々応援していきたい、という人もいるでしょう。

でも、上場というのをしていないと、株は簡単に
買ったり売ったりできないのです。だって株の値段も
分からないし、誰がどこで何株持っているかもわからないから。

それでは上場するとどうなるか?
株を売りたい人も買いたい人も、株式市場で取引が
できるようになるわけです。

相手がどこの誰かはわからないけど、市場で買い手と売り手の
値段があえば、株を売買することができるんです!

ということは、企業にとっては、自分の会社の株を刷って
株式市場で売れば、そのお金を調達することができるのです!
銀行でお金を借りなくても、株を発行さえすればそれでOK!

これにより、会社は資金調達の手段を増やすことができ
(普通は銀行から借金しますが、これを「間接金融」といい、
株式市場から調達することを「直接金融」といいます)
株を発行してお金を調達するのは、借り入れではないので、
返す必要もないお金を手に入れることができるのです!

ちなみに銀行からの借り入れを間接金融と呼ぶのは、銀行は貸し手であるように
みえますが、実は銀行はいろんな個人のお金を預金として預かって
そのお金を企業に貸し付けているので「間接」になるんです。
それに対し、個人や企業が、自分の選んだ会社の株を買うのは
「直接」自分たちの意志で買うわけなので「直接金融」ですね。

ということで、上場すると株式市場からお金を借りる(というか返さなくても
いいお金を調達できる環境に身をおく)ことができるメリットが
ある反面、多くの人にきちんと財務状況や今後の経営計画を
説明しなければならない責任を負ったり、監査が厳しくなったり、
株主から配当をよこせ!と要求があったり、まあ色々な
厄介なこともそれなりに出てくるのです(世の中そんなに甘くない!)

だから、上場するかしないか、というのは、お金が沢山必要で、
より多くの人に株を買ってもらい、そのお金で設備投資をして
ビジネスを拡大していきたい企業にとってはきっと上場した方がいいし、
今のままで会社を運営していければ問題ない、とか、お金が必要なら
銀行から借りるからいい、という会社にとっては不要なんです。

世の中、会社は400万以上あるんです。
そのうち大企業は0.3%だけ。残りの99.7%は中小企業。
大企業か中小企業かの違いは、業界や資本金によって
分かれるので詳しくはこちらの中小企業庁の
統計をみてくださいね。

それで、中小企業にとっては、上場というのはほとんど
縁のない話なんです。でも大企業へ成長していく過程では
お金もいるし、人材も必要になるし、知名度もあげたいし、
となると、上場を考える時期になるわけです。
(もちろん、「大企業=上場している」わけではないですよ!
特に資金調達のニーズがない会社はいくら大きくたって
上場するメリットがないので、していないんです。)


さて、話を一番初めに戻して、今日の午後に上場セミナーに行ってきたのは
僕が上場を目指しているのかといえばそうではなくて、
昨今の上場のトレンドを知りたかったのです。

Dari Kとしても、上場することで資金調達を図り、
それを元手に規模の大きな投資や雇用創出をして
社会に還元していく、というフェーズも今後来るかもしれません。

ただ、今はそれよりも目の前の大きな課題を一つ一つ
クリアしていくのに必死で、それどころではないというのが本音。
それでも、経営者(そしてDari Kの株主)として、
先の先を読んでいかないといけない。そこで今回は
いずれ、もし、将来、何かの拍子で、ひょんなことから(笑)、
上場することになるのであれば、今のトレンドを知っておいて損はない、
という趣旨で参加しました。

う~ん、でもどうだろう。上場するならインドネシアの
ジャカルタ市場か、シンガポール市場がいいですかねぇ。

世界に羽ばたくビジネスモデルを考えているのに
日本で上場する意味は?なんて、考えちゃいました。

久しぶりの経済系のトピックは、バーっと書けて楽しいですね。

最後にお知らせですが、Dari Kによる
『金融講座~経済を知って日々をより楽しく~』と
『ビジネスイングリッシュ~これであなたもグローバル人材~』
のコースは
『極めるカカオ&チョコレート』の講座と同じく4月から開講です。

締め切りが近いのでお申し込みはお早めに!定員はいずれも
7人のみの少人数コースです。











なんて書きたくなっちゃいました(笑




投資するということ

百貨店出店が続くと、なかなかブログを書く時間が
とれなくなってしまって残念です。

その代わり、色々なお客さんと百貨店でも出会えるのは
嬉しいことで、特にやっぱりリピーターの方の存在は本当に大きいです!

ちなみに来週12月4日(火)までは大丸京都店の地下の
スイーツ売り場に出店しております!是非お越しください!


さて、今日は久しぶりに「経済」カテゴリーでの
エントリーにしてみます。

投資。
みなさんはこの言葉にどういうイメージを持たれているでしょうか?

「自分には関係ないなぁ。株とかやってないし・・・」
そんな方も多いかもしれませんね。

私も以前は「投資=株=よく分からない日経平均ナントカ」
そんなイメージでした。

でも、今日書きたいのは、投資=株ではないということ。
投資はものすごく身近で、何気ないことも投資になっているというお話です。

たとえば朝、通勤の電車の中で日経新聞を1時間読む。
これも投資。だって、電車の中で寝てもいいわけだし
音楽聞いてボーっとするのもいいわけだし。
でも新聞を読んで最新の情報を頭に入れる、ということは
その新聞代(お金)とそれを読む時間を投資した結果。

たとえば、健康のために、と野菜ジュースを飲む。
これも投資。投資っぽくないけど、別にコーラでも
お茶でもコーヒーでも良かったけど、ビタミンを補給するために
したのであれば、投資だと思うんです。

美味しいものを食べること。これも投資。
一流の料理人が作る日本食やフレンチ、イタリアンだって
中華だって、そりゃ安くはないけれど、プロの味を
知ることはそれが経験となるし、どこが普通のものと
違うのかを体感する学びになる。そんな難しく分析してたら
美味しいものも美味しく食べられない、なんて声も
聞こえてきそうですが、でもやっぱり目的があって
そのための費用や時間をかけることは「投資」だと
思うわけです。「資(資源:お金・時間など)」を
投(投じる)」わけですから。

そう考えると、日常生活の至る所に投資の機会は
あるということになります。

もちろん、株の場合と違うのは、株は買ったときの
価格から将来株価がどれくらい上がるのか、
はたまた下がるのか、リターン(投資の結果)が
誰もわからないという不確実性があり、それと比べると
先の例はいずれも結果が見えているということがあります。

だとしたら尚一層、日常的な意思決定における
小さな投資はした方がいいですね。


翻って衆議院議員選挙。
自分の住んでいる国日本の方向性を決める選挙。
TPPしかり、増税しかり、社会保障しかり、原発しかり。
日本国の将来という不透明なことに対して、私たちは
投票権をもって「投資」するわけです。

無関心はおろか、無知である国民がいればいるほど
この国のリターンは低くなり、国としての魅力がなくなり
日本株は買われなくなり、企業は株式市場で資金調達
できなくなり、設備投資が先細り、雇用が減り、
政府の税収も減り、所得も減り、希望がなくなる
悪循環へ。


今回の選挙は政党が多いのが特徴。新しい政党ばかり。
今自分たちがしなければいけないこと。
それは、誰なら信頼できるか、ではなく、
自分はどう考えて、その考えに近い党に投票すること。

立候補者の演説を聞くと、なんだかみんなもっともらしい
ことを言っているはずです。でも、もし自分自身で
TPPに関してはこうあるべきだ、社会保障に関して
こういう政策をとるべきだ、という考えをもっていたら
それぞれの候補者の主張のどこがまやかしで、どの論点を
抜いているか、分かるはずです。

私たちは毎日いろんな投資をする。
投資は、それが考え抜いた上であれば、たとえ失敗したと
してもそれは次回への教訓になる。

いつも考える習慣をつけ、先を読む。
国民全体がそうなれば、きっと日本は再び正しい方向へ
進めると思います。

いよいよ明日から12月。
Dari Kが今年投資してきたものが、もうすぐ
実を結ぶ頃です。













最近思うこと&今日は七夕!

梅雨真っ只中ですね。
7月上旬といえば、労働保険の年度更新、源泉所得税の納付、
住民税の特別徴収の事務処理、年金の算定基礎届提出など
もう役所関係の手続きラッシュです。

普通の人には関係ない(というか、会社がやってくれる)のですが
自分で会社を経営してると全て自分でやらなくては
ならないわけです。自分のために、従業員のために。

普通の会社だったら、総務課とか事務の人がやることも
Dari Kでは全て僕がやります。

僕の役割は「社長」兼「ショコラティエ」兼
「総務部長」兼「IR部長」兼「財務部長」兼「原料調達責任者」
兼「広報部長」なんですが、基本毎日「財務部」と
「ショコラティエ」と「社長」をやっていて、季節ごとや
プロジェクトごとにその他の役職の割合が多くなります。

どうなんでしょう、というか、どうやら、上記の
役所関係の手続きは、大きな企業ならそれを扱う部署が
ありますが、中小企業の経営者は税理士や社労士に
依頼するケースが多いようです。

僕は去年、会社設立からほとんどのことは自分でこなして
きましたが、やはり自分でやるといいもんです。

税金の仕組みも、年金の事務処理も、雇用保険や
労災保険の税率が4月に変わったことも、全部良く分かります。
それ以上に良く分かるのが、縦割りの役所体制と
超非効率な事務手続きですが(笑

僕に制度設計任せてもらえたら、ワンストップ
(色々な役所や部署をまわらず、ひとつのところで
全てが完結すること)のサービスで提供できるのに、
と思ってしまいます。もちろん、僕でなくても
普通に頭を使って考えることが出来る人なら、
大抵今の制度よりいいものができるような・・・
それを言っちゃあおしまいですかね。

もっと簡潔に出来るはずなのに、こんなに複雑で
あちこちの役所をまわらなければいけないのは、
しかもこの梅雨の土砂降りの中を、車がないので
自転車で傘をさしてですよ!、もうお金を払ってでも
社労士や税理士に頼みたくなりますよ。

でも、自分が知識がなくて、良く分からないから
頼むのならまだしも、自分で出来るのに、あまりに
非効率で面倒だからという理由で頼むっていうのは、
何だか腑に落ちないというか、う~ん、嫌ですよね。
社労士や税理士は、役所と裏でくっついてるんじゃないの?
って疑いたくなっちゃう(笑

まあ役所の中には、パキパキ仕事が出来る人も
いるし、やさしく丁寧に教えてくれる人もいるし、
みんながみんな悪いわけじゃないんですが、
もっとトップが効率よくやるように役所内で
議論した方がいいです、はっきり言って。

窓口に来たのに、窓口にいる僕を気付かず
みんな事務員が自分のデスクでパソコンやってんだか
新聞読んでるんだか分からないけど、とにかく
気付かないっていうのはもう終わってる・・・

これが民間で、レストランに入ったのに誰も
席に案内しなかったり、ケーキ屋さんに入ったのに、
誰も「いらっしゃいませ」も言わずに自分がいるのを
気付いてもらえなかったら、もうそんな店アウト~、
つぶれる~ってなりますけど、そこが潰れないのが
モラルハザードを起こしてるのだか何だか、存在
しちゃうのが怖いです。

愚痴る気は全くなかったのに、このブログの
読者は共感してくださる方も多いと(勝手に)思って
書いてしまいました。


さて、気持ちを切り替えて!
今日7月7日は七夕です。
七夕といえば、三条会商店街の七夕夜祭!
今年は今日ですよ!!

去年のブログを読み返してみました。
あ~、懐かしい、う~、感動!!

今年もやります!
是非Dari Kにきてください、そして商店街で僕と握手。
(↑「後楽園遊園地で僕と握手」のヒーロー風に)

梅雨ですけど、アーケードなので濡れずに
夜祭。行くしかないですよ。
Have a good weekend, and see you later
at Sanjyokai shopping street!(←英語で「商店街」かっこええ)






プロフィール

Dari K

Author:Dari K
Dari Kの経営者です
宜しくお願いします!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。