スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訪問記 Part 5

いよいよ今日で2012年夏のカカオ農園訪問記も
最後となります。

初めて海外に行くスタッフが多い中、くねくねした
山道を何時間もかけて行く道中で車酔いしたり
体調が芳しくなくなるメンバーもいなかったわけでは
ありません。

しかしそこは持ち前の若さと気力と情熱で
すぐに回復!そしてみんなで現地の農家と話し合い、
交流し、そしてまた建設的な議論をしてくることが
できました。


このブログでは何度も書いていますが、
「無農薬でオーガニックが良い」という気持ちは
分かります。でも、「私はオーガニックのもので
ないと食べない」とか「無農薬で育ててないなんて
安全じゃない」とか言う人がいかに多いことか。

それを求めるのは個人の自由。でも、求めるからには
その意味を知り、対価を払う覚悟がなければなりません。

1つの農家が無農薬で栽培を始めることで、
害虫がそのエリアに集まってしまい、最終的に
他の農家にまで影響を与えてしまうリスクを
考えたでしょうか?

それなら無農薬の農家だけでなく、その村全体の
所得保障をすればよい、と言うかもしれませんが、
Dari Kのチョコレートが1粒1500円とか2000円に
なったとしても「無農薬なら喜んで」と言って買いますか?

これは無農薬かどうかだけではありません。
市場価格より何割か高い金額を出しているからといって
自社をフェアトレードだと声高に叫び、それを
ウリにしている(たとえ全体の輸入カカオの
数%だけだとしても)企業を、CSR(企業の社会的責任)
のしっかりした会社だと評価すること。

悪いことじゃないけど、それがベストなのか?


カカオ農園に行ったことのあるショコラティエは、
多くはないけど、きっと何人かはいるでしょう。

でも「行ったことがある、見たことがある」のと
Dari Kのように現地に赴き、カカオ豆の中を割って
その品質を農家の人と話し合って問題点と
解決策に頭を一緒にひねったり、カカオ豆を使った
お菓子作りを一緒にしたり、そうやって次に、
将来につながる形の訪問をしたのでは大きな大きな
差があります。

カカオ農園に行って見学して、「ショコラティエの
僕は品質の良い豆だけしか使わない」なんて
言ってくるのはかっこいいのかもしれないけど、
どうやれば品質の良い豆が出来るのか、それを
ショコラティエも知らないし生産する農家も
知らなかったら?こんな無責任で、非建設的な
ことはありません。

そうでなく、泥臭いけど一生懸命学び、農家の人が
どれだけの面積に何本のカカオの木を植えて、
1年にどれだけの収穫量があって、接木することで
生産量がはじめの2年はどれだけ落ち込むけど
その後どれだけ増えるのか、これを逆算して
どれだけ毎年接木して新しく生産性の高い木に変えて
行くべきなのか、ベストな発酵方法と期間は何なのか、
こういうのを一緒に考え、一緒に試行錯誤して
一緒に実行していくこと、これがDari Kが目指す
プロフェッショナリズムです。

プロとは、自分で考えて自分で行動できる人だと
私は思っています。

小手先でうまくクーベルチュールを加工することが
出来る職人は、それは加工技術を持っている職人では
ありますがプロフェッショナルとは別だと思います。

今回、カカオ農園を訪問して一番刺激を受けたのは
まぎれもなくショコラティエ達本人です。自分で作る
チョコレートの原料の現場を見て、カカオの実の味を
知り、栽培の仕方や発酵・乾燥を目の当たりにしました。
農家の課題や、自分達の課題も当然理解しました。

自分に一体何ができるか、何をすべきなのか、
それを考える土台を得たのです。

「カカオ豆からチョコレート作り」から
「カカオの木からチョコレート作り」へ。
そして「カカオを通してみんなが幸せな世界作り」へ。

P1090770.jpg

その芽が今、育ちつつあります。



(2012年カカオ農園訪問記 終わり)








スポンサーサイト

訪問記 Part 4

さて、カカオ農園訪問を終え、農家の方たちとだいぶ
仲良くなってくると、家で一休みしていってと
家を案内してくれました。

さきほどの農園で取れたてのキャッサバ(芋)を
揚げてくれたり、甘いものを出してくれました!

P1090795.jpg


写真の手前右がキャッサバをあげたもの。
左が揚げ餃子のようなパフ。

このキャッサバ、めちゃめちゃ美味しくて
ショコラティエ一同大絶賛だったのですが、
今wikipediaで調べてみるとこんな記述が・・・

「食用とするためには毒抜き処理が必要なことや、
毒抜きのために皮や芯を除去した芋はその場で加工しなければ
腐ってしまうなど、利用の制約が大きい作物」

え・・・?
毒抜きしてたんかな~?
「揚げるだけですぐ食べられて美味しいよ」なんて
言ってたけど、どうなんだろ!?

まあもう帰国してだいぶ経っているし、
現地の人もそれくらいは知ってるだろ、ということで
tidak apa apa(ティダ アパ アパ:「問題ない」の意)!

この後も長さ60~70cmはあろうかというジャックフルーツを
出してくれたり、大変もてなしていただきました。

翌日は、今回の旅の大きな目的のひとつを実行する日。
カカオ農家の人は自分で育てたカカオの実を収穫して
豆を取り出して、乾燥させるところまでは知っているけど
その後どうやってチョコレートになるかは知らないし、
そのチョコレートの味も知らない人がほとんど。

だったら一緒に作ってたべてみましょう、というのが
今回の大きな目玉企画でした。

ショコラティエたちにとっては初めてのカカオ農園ですが
私にとっては初めてではありません。
私が初めて農園に行った時も、2回目の時も、
いつも日本からチョコレートを持っていきました。
そして農家の人に食べてもらったのですが、
なんというか、「へー、これがチョコレートか。
へー、カカオからこれができるのか」とみんな
驚いていたけど、なんか私的には腑に落ちなかったのです。

それはきっと、農家の人も同じ。
カカオ豆からチョコレートへ、その製造プロセスを
理解しないと、いまいちしっくりこないんだと思います。

でも限られた日数で、私一人でカカオ豆からチョコレートを
現地で作るのは結構難しいこと。
だから今回スタッフみんなで訪れるときは、
農家の人も交えて一緒にそのプロセスを
体験してもらおう、そう考えていたのです。


当日、村につくと、まだ人はあまりおらず・・・

P1090791.jpg


私たちの乗った車のエンジン音を聞きつけてか
徐々に人が集まりだします。

P1090790.jpg


そして数分後には・・・

DSCN0287.jpg

この人だかり!

ちょうどラマダン(断食)で学校が休みだったため
多くのこどもたちも集まってくれました!!


今回のこの企画、いくつか仕掛けがありました。

【仕掛け①】
「チョコレートそのものでなく、チョコレートのお菓子を作る」

チョコレートは、その中の油脂であるカカオバターの
融点が30度くらいなので、気温の高いインドネシアでは
作ったそばから溶けてしまって固まりません。

だからより実用的に、チョコレートを使ったお菓子作りを
することにします。


【仕掛け②】
「材料は全て現地のものを使う」

今回の企画の目的は、いかに繊細で口溶けがよいものを
作るかではなく、現地の人が、私たちが帰ったあとでも
作れるような、サステナブル(持続可能)な仕組みを
作ることでした。

だから、日本から小麦粉やグラニュー糖を持っていくことも
可能でしたが(実際万一材料が手に入らないとき用に
材料をもっていきはしましたが)、現地のミニマート
(小さいスーパー)で手に入るもののみで作る
ことにしました。


【仕掛け③】
「各ショコラティエは自分でメニューを考える」

みんなでひとつのお菓子をつくっても、
それが現地の人の好みに合うか分からない!
そこで、各ショコラティエがそれぞれ自分で
現地の人にうけそうなメニューを考えてきて、
それを作るというスタイルをとりました。

最終的に
★チョコバナナクレープ
★チョコパンケーキ
★チョコ&カカオニブクッキー
★チョコ&カカオニブパウンドケーキ
の4つを作りました。

結局、現地のミニマートではバターやマーガリンは
ありませんでしたがそれは十分想定内。
それなしで作れるよう予めショコラティエには
アドバイスをしておいたので、こちらも
tidak apa apa!


【仕掛け④】
「デモンストレーションでなく、全員参加型」

日本人が作っているのをただ見てもらっても仕方
ありません。一緒につくって、言葉はつうじなくても
ジェスチャーでコミュニケーションをとりながら
みんなで楽しくやる、そしてカカオから各種
お菓子をつくるのは楽しくて簡単だということを
分かってもらう、これは絶対必要な条件でした。


さあ、人が集まってきたところでいよいよ
スタート!!

まずはカカオ豆を洗って、フライパンで
ローストするところからはじめます!!


DSCN0288.jpg


はじめはみんな半信半疑。というか、
何が始まるのか観察しているといった様子。

でも「一緒に皮を剥いて」というと、
笑顔でやってくれました。

DSCN0283.jpg

現地の主婦層、さすが料理は得意で、器用な上に
手の皮が厚いのか、ローストしたてのカカオ豆の
皮をものすごいスピードで剥いていきます。

このスピードには、毎日皮むきをしているDari Kの
誰もかなわず。。。

「このおばちゃんたちをDari Kにスカウトしたい!!」
と心の中で叫びました。

皮むきが終わると次は豆をすりつぶしていきます。

日本でカカオ豆からチョコ作りの体験教室をするときは
はすり鉢、すりこぎを使ってやっていましたが、こちらは
石の鉢と石の棒を使ってやります。

この道具、現地では唐辛子を細かく挽くのに使っているので
道具も現地バージョンでやることができました!!

DSCF0298.jpg

日本人とインドネシア人でかわるがわる
カカオ豆を挽いていきます。

P1090852.jpg

ゴリゴリ、ゴリゴリ・・・・



20分後。

DSCN0296.jpg

ようやく豆の原型がなくなり、油脂がでてきてペースト状に。


これに砂糖を混ぜて、チョコのスプレッドを作ったら
早速クレープ作り。

P1090851.jpg

現地の人はとにかく手先が器用ですぐに
覚えてうまくひっくり返します!!

DSCN0293.jpg

次はパンケーキ、そしてパウンドケーキも。

P1090856.jpg


カカオ豆をそのまま上にトッピングした
チョコレートのパウンドケーキの完成!

無題

これが出来たのが18時前後。
主婦層の多大なる貢献で、全部で2時間くらいで
終わりました!

折りしもラマダン(断食)期間中。
18時で日没となり、朝から何も食べていなかった
現地の方々はお腹ぺこぺこ。

出来立てのお菓子を家の人と食べるといって
それぞれ袋に入れて持って帰っていきました。

残りは農家のリーダーの家でみんなで試食!
『おー、すごく美味しい』と
とっても喜んでいただけた様子!!

本当にあっという間だったけど、一緒に
お菓子作りをすることを通してコミュニケーションが
取れ、笑いが絶えず、みんな終始笑顔で
このプロジェクトは無事終わりました。


いよいよ次は訪問記の最終回。
私が感じたことを綴りたいと思います。


訪問記Part 3

さて例の『橋』と言う名の『倒れた木』を渡ると
そこには待ちに待ったカカオの木がありました!

私にとっては初めてではありませんが、その他6人に
とっては初めての出会い。毎日カカオ豆の焙煎を
していても、そのカカオ豆が入ったカカオの実が
木になっているのを見たことがなくて、それを
見て触って食べて感じるために来たスラウェシ。

待ちに待ったカカオとのご対面!


DSCN0208.jpg

ポツポツとカカオが木になっています!


DSCF0261.jpg

近くに行ってみると、自分の顔と同じくらいのかなりの
大きさに「わぁ~~~!!!」と歓声があがります。


P1090765.jpg


ついに見たカカオを前に大喜びのショコラティエ達。

P1090762.jpg


僕は久しぶりのカカオとの再会にKiss。


P1090821.jpg


農家の方が次々とカカオの実を切ってきてくれます。

P1090820.jpg


見てください、この色彩豊かなカカオたちを!!

P1090807.jpg


早速割って中の実をチェック。
真っ白い部分がパルプと呼ばれる果肉で、この中に
カカオの種(豆)が入っているのです。

そしていざ味見の時間!

DSCN0148.jpg

パルプ自体はものすごく薄いので、
食べるというより、「吸う」とう感覚。

そしてこのパルプが美味しいのなんのって!
暑い中、このジューシーでほどよい酸味があって
サッパリしているカカオの実。

例えるならマンゴスチンだと僕はショコラティエ達に
これまで言ってきましたが、もう例える必要は
ありません。彼女たちは自分の舌でその味を
存分に堪能したのだから!

もちろん、食べるだけではなくカカオの生態に
ついて色々学びます。


DSCN0179.jpg

古くなって生産性が落ちてきている木には
接木をします。木の幹に切り込みを入れて
そこに新しい枝を指し、安定するまでビニールで
巻きます。


DSCN0255.jpg

歩いていると、何かを見つけた農家の方。


DSCN0227.jpg

これは病気でやられてしまったカカオの実。
つやをなくし、水分も失われ、色も真っ黒。

P1090826.jpg

中を開けてみても、みずみずしさが全くないのが分かります。

こうしてカカオ農園を歩き回って、
色々学んでいくのですが、途中でプレゼントが。

カカオ農園では、直射日光に弱いカカオの木を
守るために、背の高いバナナや椰子の木を植えて
陰をつくってやるのですが(これらの木は
シェード・ツリー、つまり日陰を作る木と
呼ばれています)、椰子の木になっている
ココナッツをとってきて、ジュースにして
頂きました。

20メートルはあろうかという高い高い椰子の木に
もちろん命綱もなしにするすると登って、
ココナッツをボトボト落とし、そしてナタで
実を上手い具合にそぎ落とし、もうあっという間に
完成!

初めての経験に興奮しながらココナッツ・ジュースを
飲む私たちと、それを優しい笑顔で見届ける
ウマールさん(右)。

P1090779.jpg

つい1分前まで20メートル上空にあったココナッツを
食すなんて、ワイルドだろぉ(笑)!


そんな経験もしつつ、ここカカオ農園ではカカオの
生態に関すること、収穫の頻度、今年の出来具合、
新たな取り組みなど色々質疑応答をしてきました。

次回はいよいよ今回のカカオ研修の目玉企画
「現地でカカオ豆からチョコレートを村人と一緒に作ろう!」
の様子を報告します!!

世界を変える取り組みが今明らかに・・・!!!



訪問記Part 2

さて、スラウェシ島初日の屋台食べ歩きから
夜が明けて2日目。

朝7時にホテルで待ち合わせしていた、今回の旅の
アレンジ役のウマールさんとドライバー2人がやってきました。

久々の再会に抱き合う私とウマールさん!
Dari Kがまだなかった頃、僕はこのウマールさんのみを
頼りにスラウェシに渡り、カカオ農園を駆け回ったのです。

そういえばあの頃はまだ住所も書いていないDari Kの名刺を
持っていって、会う人会う人に「スラウェシのカカオで
チョコレートを作るんです!」と意気込んでいたっけ。

その当時は発酵のことも、焙煎のことも、何も知らず
ただカカオの実を見て興奮していたな~。

今となっては、カカオ豆を割って発酵の具合を調べたり
どの温度でどれだけローストするとどんな味になるか
知っていたり、随分成長したものです。

さて、話を元に戻して、今回7人は2台の車に乗って
カカオ農園を目指しました。以前は夜行バスで移動していましたが
今回は限られた時間と、初海外の人も多いため
ただでさえワイルドなスラウェシであまり無理をしないよう
ちょっぴり贅沢に(普通の人にとっては当たり前ですが)
車をチャーターしたのです。

それで、走ること3-4時間。まだまだ道半ば。
途中のパレパレという都市で一休み。といっても
ラマダン(断食)期間中のインドネシア、どのお店も
閉まってる!

お腹すいていないかウマールさんが確認すると、
全員が「すいた」と。。。

気を利かせたウマールさんが、唯一あいている
レストランを探してくれました。

そこで注文したのは「ナシゴレン」
「ナシ」=ごはん。
「ゴレン」=炒める。
炒飯。そう、チャーハン。インドネシアのチャーハンです。

そうみんなに説明した手前、みんなチャーハンが
出てくると思ったら・・・









P1090748.jpg



どど~んと赤い米。
これもナシゴレンなんです。
スラウェシのナシゴレンは赤いことが多いです。
ケチャップなんでしょうか?味はケチャップっぽくないのですが
なぜか赤いんですよね。

申し訳程度に入ったタマゴと野菜。
あくまで米がメイン。なぜなら「米」を「炒める」と書いて
ナシゴレンだから。ザ・ナシゴレン!

恐る恐るみんな赤い米を口に運びますが
これが案外(失敬!)うまいんですよね~。


昼食を終え、再度来るまで北上すること3~4時間。
いよいよカカオの村までやってきました。

ここの村のリーダーにまずはご挨拶。
そして近くの農園を案内してもらうことに!
日本を離れて約48時間、いよいよ憧れの
カカオとご対面となるわけです!


農園の近くの村では子どもが遊んでいます。
初めて見る外国人にのお兄さん・お姉さんに
囲まれてちょっと緊張気味。

DSCN0212.jpg


それからどんどん道なりに、奥へ奥へと進んでいきます。
高鳴る鼓動。

「カカオは橋の向こうにある」
そうウマールさんが言います。

もうカカオはすぐそこにある!
あとは橋を渡るだけ!!




しか~し!
橋はどこですか??


その橋ってもしや・・・・


倒れた木が一本。


これが「ブリッジ」なのか・・・


DSCN0214.jpg

こわいなんていってられない。
Dari Kのチョコの仕込みで鍛えた強靭な
足腰と、接客時のとびきりのスマイルで
みんな木を、いや、「橋」をすいすい
渡っていきます。

s-P1020036.jpg


さて次回、いよいよ感動のカカオとのご対面!!
Don't miss it!!


《お知らせ》
8月18日(土)昼11:55~
関西読売TV「マチャミ&なるみのぶっちゃけナハーレ」で
Dari Kが紹介される予定です。

是非ご覧下さい!!









訪問記Part 1

7月30日の夕方。
お店を16:00に閉める予定が、お客さんが
途切れなかったため、17:30まで延長することに。

18:00には空港行きのジャンボタクシーが
到着するので、急いで閉店準備。

「7月31日~8月7日までインドネシアへ
研修旅行のためお休みさせて頂きます」
とドアに貼り、私たち7人は京都をあとにしました。

さすがに初めて飛行機に乗るという人は
いませんが、7人中3人は初海外。
今回の研修のためにパスポートをとったわけです。

60ヶ国近くバックパックで旅をしていた私に
とっては当たり前のことが、みんなにとっては
すごく新鮮!

イミグレーションを通り、みんな興奮気味です。
『飛行機に乗っても、みんな興奮して
眠れないんだろうな~。明日朝から行動するから
休めればいいけど』そんな風に内心思って
飛行機に乗ると、みんなすぐに爆睡。

若いっていいですね・・・。
結局眠れない僕は一人で機内ゲームのテトリスを。
眠れないからやっているのに、燃えてますます
眠れなくなる悪循環。

そんなこんなで朝6時に、すっきりお目覚めの6人と
目を真っ赤にした僕はシンガポールについたのでした。


シンガポールで乗り換えてインドネシアに行くわけですが、
スラウェシ島までの道のりはまだまだ。
ジャカルタで再度乗り換える必要があります。

シンガポールでの待ち時間は3時間ほど。
普通3時間ほどの待ち時間ならば空港でおとなしく
時間を潰すのが当たり前。

でもそこはDari K、アグレッシブに街に繰り出します。
まだ夜が明けきらず、真っ暗闇の中、始発に近い
電車にのって市内へ。目指すはチャイナタウン。

チャイナタウンで中華粥とビーフンを食べるためだけに
空港を出た私たち。しかもタクシーでなく電車移動。
でもいいんです、若いから。

こうしてありついた朝食はこんな感じ↓

P1090695.jpg

ビーフンにお粥に、ラクサ(ココナッツミルク&カレー風味のラーメン)、
サトウキビジュース、コーヒー、MILO(ミロ:現地での発音は「マイロ」)
トウファ(豆腐に甘い蜜がかかったもの)、ユーティアオ(揚げパン)
そして頼んでないのにきてお金を払ってしまった刺身。

豪華ですね~。
これをみんなで食らったわけです。
当然刺身は残るわけです。
何の魚か分からない、何で注文してないのにきたのかも
分からない、なのにお金はとられている(店のスタッフが
払ってしまった・・・)、そんな刺身だけが残るまま
完食し、また一路空港へ戻りました。


ジャカルタでの乗り換えを経て、ようやくスラウェシの州都
マカッサルについたのはもう夕方。

空港を出ると、いっせいにタクシーの客引きがやってきます。
ここでふっかけられた値段で妥協してはいけません。
インドネシア語で値段交渉していざホテルへ。

京都を出て約24時間後にようやくマカッサルへつきました。
夕飯はローカルなものを、ということで
jalan jalan(じゃらん じゃらん)。
「じゃらん」はインドネシア語で「道、通り」という
意味ですが、じゃらん じゃらんで「散歩する」という
意味になります。

なのでじゃらんじゃらんしながら、マカン(食べる)に
行きました。

実は今回のこの旅、ある盲点がありました。
それは「ラマダン」つまりイスラム教では
断食の期間に当たっていたのです。

夜明けから日没まで水さえ飲まないラマダン。
ちょうどマカッサルについて、夕飯を食べに出たのは
19時過ぎだったので、その日の断食を終えた
人が沢山外におりました。

中でも一番にぎわってるお店に入ります。
P1090724.jpg

スラウェシ名物(?)のMie Ti Ti(ミーティティ)。
固焼きそばっていう感じですね。
メニューには6種類のMie(麺)が載っていたので、
全て注文してみましたが、どれも器が違うだけで
味も中身も同じような・・・

これを完食したあとも、まだまだじゃらんじゃらんは
続きます。

「サテー」と呼ばれる焼き鳥のような串焼きに
ピーナッツソースがかかったものを食べたり、
アボガドジュースを飲んだり。

次に発見したのはこちら↓の屋台。

DSCF0230.jpg

おじさん、何を焼いてるのかと思ったら
バナナ(ピサン)ですね。バナナを平たく
押しつぶして乾燥させたものを炭焼きにして
それにカラメルソースをかけます。

P1090737.jpg

こんな感じ↑
3個で約50円。
けっこう歯ごたえがあって、これだけで
お腹いっぱいになる感じ。

このあとも焼きピーナッツを食べたりして、
屋台ホッピングをしながらホテルへ戻り
スラウェシ初日の夜は更けていくのでした。


(つづく)









プロフィール

Dari K

Author:Dari K
Dari Kの経営者です
宜しくお願いします!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。