スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【カカオ農園訪問記5】 恐るべし夜行バス

前回のカカオ農園訪問記4では
ド派手なバスに乗る直前まで書きました。

今回はその続きです。
この夜光バス、いや夜行バス、強烈だったのは外見
だけでありませんでした。


「明日の朝にはカカオ農園のあるLuwu県に着く!」
そんな期待に胸がふくらみつつバスに乗り込みました。
2人掛けのシートが2つ、4列シート。私の隣は
もちろんウマールさん。

これまで東京~京都間を通算30回以上夜行バスで
移動していた私にとっては、夜行バスは慣れっこ。
それでもこのバスの外見には驚きましたが
中は案外普通。普通にキレイで、普通にリクライニングも
できます。そして何より良かったのがエアコン
付きだということ。

トロピカルな気候のインドネシア。
常に気温は30度以上。暑いのでエアコンがなかったら
夜行バスきついなー、そう思ってましたがこれなら
快適に過ごせそう!

テンションがあがってきた私は嬉しさのあまり
インドネシア語の辞書を片手に、明日からの
農園訪問で使えそうな単語をノートに
書き出し始めました。

しばらくして、ちょっとエアコンが効きすぎて
寒くなってきた私。風量を調節しようと
エアコンの空気の吹き出し口の辺りを探しますが
ツマミがありません。

あれ、おかしいな~。
辺りを見回すと、なんとみんなブランケットを持参して
頭からかけていたり、上着やセーターを着たり
しています。えー、これツマミがないのは
自分の席だけでなく、他の席も同じなのかな~?

困った私はウマールさんを見ました。
すると。

(ゴソゴソ・・・)←ウマールさんがバッグからジャンパーを
出す音。ありゃー、ウマールさんまでジャンパー持参
していたんです。私はエアコンがなくて暑いことは
考えていましたが、エアコンが効きすぎて寒くなるとは
思いも寄りませんでした。だからもちろん上着なんて
ありません。

んー。どうしよう・・・
冷静になれ!私は考えました。
エアコンはある。ツマミがないので風量を調節できない。
その結果大量の冷風が吹き出してくる。ということは
吹き出し孔を無理やり塞いでやればいいんだ!

何で塞ごうか?(ゴソゴソ・・・)
今度は私がバッグをまさぐります。
「これだ!」私は徐にトイレットペーパーを
取り出すと、ぐるぐる巻き取り、吹き出し孔に
詰め始めました。(ちなみにバックパッカーは
ポケットティッシュではなく、常にトイレットペーパーを
持ち歩くのが常識となってます!)

「What are you doing, Kei-san?
(ケイさん、何してんの?)」
ウマールさんが聞いてきました。

「Air conditioner is too strong.
(エアコン効きすぎだから)」

私がそういうと、ウマールさんはニヤリと笑って言いました。
「You'll get used to it soon!
(すぐに慣れるよ!)」

おい!慣れるっかってーの!
ウマールさんも、他の乗客も、慣れないから
ジャンパーやブランケット持参してるんじゃないの!
おもわず突っ込みたくなりましたが、そこは
事なかれ主義の国、日本から来たワタクシ。

「I hope so.(そうだといいんだけど)」
と言って平穏無事に一件落着。
トイレットペーパーが詰まったエアコンの吹き出し口からは
風が少し漏れる程度になりました。

助かった~!
一息ついて時計を見ると午後11時。
おっ、日本の夜行バスなら消灯の時間です。
そろそろこっちでも消灯かな、と思った矢先、
そうは問屋が卸しませんでした。

「♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪」
なにやら音楽が。ラップのような、語りのような
よく分からない音楽が、大音量で。
これは困った。すぐさま頭上に手が伸びます。
再びツマミを探して。

そして案の定ツマミはありません。
ウマールさんもこれには困っているだろう、
そう思って隣を見ました。

「ウソー!!!」
ウマールさんは既に夢の中へ。
困った。エアコンの次は音楽。
ツマミなし。しかもスピーカーは運悪く私の頭上。
スピーカーにトイレットペーパーは入れられそうにない。
どうする、俺。

冷静になれ。
音楽が邪魔をして冷静になれない私。
音楽がうるさい。ツマミがない。だから音量は調整できない。
音は耳に入ってくる。そうか!
私は再びトイレットペーパーを取り出しました。
そして自分の耳に突っ込みます。

それでも音は入ってくる。うるさい!
なぜだ、なぜこのバスは乗客にこんな仕打ちを
するんだろう。そう思ってるのも束の間、
前から後ろからイビキが聞こえてきました。
恐るべし、夜行バス!

インドの夜行列車で私の寝台ベッドにわけの分からない
修行僧(と名乗るおっさん達)にわけの分からない
呪文を唱えながら居座られた経験があり、アルゼンチンで
怒涛の40時間バス移動した経験もあり、中国で
広州からチベットまで列車で50時間移動した経験もあり、
ミャンマーでダンボールのような補助いすでガタガタの
道を夜行バスで走った経験があり、トルコでトイレ休憩
なしで10時間連続走行され膀胱炎になる一歩手前まで
いった私でも、スラウェシのこのバスは強烈でした。

そしてバックパッカーなのに夜行バスが苦手で
いつも眠れない私は当然このときも眠れず、
朝が訪れました。明けない夜はないのです。


ウマールさんは目を覚ますと、運転手に
「Lampu merahで降りたい」と言いました。
Lampuはインドネシア語で「ランプ」
merahは「赤い」、つまり赤いランプ、
転じて「信号」という意味でした。

あとで分かったことですが、ベロパ市には
信号が一つしかないそうな。だから信号は
町のランドマークだったのです!

バスは私達2人を信号前で下ろすと、走り去って
いきました。いよいよ、Luwu県ベロパ市に
到着したのです!次回ついに、カカオ農園訪問なるか!?


(続く)










スポンサーサイト

【カカオ農園訪問記4】 いざ、Luwu県へ

さて、ウマールさんの車で市内へ向かいます。
既に日が暮れかかっているし、私も飛行機で
疲れているだろうから今日はゆっくり休もう、
そうウマールさんが言ってくれました。

ウマールさん「で、Kei,ホテルどこ予約してるの?」

私「あ、どこも予約してない。適当に安いとこ泊まるから、
この辺(地図を見せながら)で降ろしてください。」

ウマールさん「・・・・」

私「・・・・」

とまあ、こんな感じで車内の雰囲気が
変わったわけです。

このブログをはじめたばかりの頃に書いたと思いますが
私は元(現役!?)バックパッカー。
これまで50カ国以上は行ってます。たいていのことは
経験してきました。でもホテルにはあまり泊まって
いませんでした。安宿、ドミトリー、ユースホステル、
駅の待合室、空港の外、公園、この辺に泊まってました。
あれ、最後の方はもう宿泊施設ではないですけど。

初対面のウマールさんはそんなこと知る由もないので
日本人の私が、しかもビジネスを始めるための
視察で来た私が、そもそも空港から出るなり
ビニール袋をかかえてやってきて、ホテルも予約してない
なんて、相当驚かせてしまったようです。

「Umar-san, tidak apa apa」
私は何度も彼にそう言いました。
tidak apa apaとはインドネシア語でノープロブレム、
つまり「問題ない、大丈夫」ということです。

それでも心配するウマールさんは急遽友人の家に
電話して、私をとりあえず一泊させるよう頼みました。
逆に迷惑をかけてしまって悪いな~と思ったものの、
このやさしさがインドネシア人の良い所であり、
また旅人に優しいのはイスラム教国の人の
特徴だということをふと思い出しました。

貧乏旅行をしていた私が初めてヒッチハイクを
成功させたのはオマーン。ドバイのあるUAEの隣の
国でした。公共のバスが少ないオマーンでは移動も
一苦労。いちいちタクシーなんか使えないし、
思い切ってやってみたら成功。その後も何度も
ただ乗りさせて頂きました。

あるいはヨルダン。ぺトラ遺跡を見に、公共の
バスに乗ったら、日が暮れて真っ暗に。
遺跡の近くのホテルは高そうだから参ったな~と
運転手に言うと、大丈夫だといい着いたのが
彼の自宅。もう遅いから、今日はうちに泊まっていけ、
と泊めてくれました。(ちなみにこの家で人生はじめて
三つ子をみました。双子ならまだしも三つ子ですよ!!)

まあそんなことを思い出しつつ、ウマールさんの友人
アクバルさんの家にその日は泊まることに。
着くとウマールさんは車を返してくる、と言います。
ウマールさんの車だと思ってたものは、私を空港に
迎えに来るためにわざわざ借りてくれたものでした。

すっごく恐縮してしまいました。
自分のために車を借りてくれた挙句、空港からは
なかなか出てこないし、出てきたと思ったら
スーツケースじゃなくバックパックにビニール袋姿だし
ホテルはとってないし。どうしようもない自分(汗

車を置いて戻ってきたウマールさんはご飯を食べに
近くの食堂へ連れて行ってくれました。
スラウェシ初日の夕食はインドネシアのチャーハン、
「ナシゴレン」でした。ナシ=ご飯、ゴレン=炒める、
なのでそのまま炒飯ですね。


CIMG3307.jpg


左がウマールさんの友人、ズルさん。右がウマールさん。
ウマールさんの隣がウマールさんの奥さんのリンダさん。

夕食後は宿泊場所であるアクバルさんの家に
行き、その日はバタンキュー。

翌日起きてみると、朝食の準備ができていました。

CIMG3310.jpg


私とウマールさんとアクバルさん。
朝から豪華すぎる・・・・

この日は今後のカカオ農園の訪問スケジュールを立てました。
そしてその夜、マカッサルから約8時間かかる
Luwu県目指して夜行バスに乗ることに。

おーいよいよカカオ農園へ!
ドキドキで夜行バス乗り場に行くと・・・・

CIMG3340.jpg


ドッカーン!!
暴走族のバス版みたいなド派手なバスがずらり。
怖さからくるのか、翌日のカカオ農園訪問の興奮からくるのか、
心臓が高鳴ります。ああ、多分前者ですね。
こうしてこのド派手なバスに乗るのでした。

(続く)




【カカオ農園訪問記3】 友人の友人は友人

飛行機を降りてから1時間以上経ってようやく
迎えに来てくれたウマールさんと会うことが出来ました。

このウマールさんこそ、後々Dari K設立になくてはならない
存在になるのですが、このときはまだ初対面。
まずは空港から市内に向かう車の中で自己紹介をしました。

ウマールさんと初めて連絡を取ったのはしばらく前になります。
カカオ農園を訪れたかった私は、とにかく手当たり次第
スラウェシ島に関わりがありそうな人にコンタクトをとりました。

初めは主に日本人から。アカデミックな分野でインドネシアの
研究をしている方からJICAなどスラウェシに事務所のある団体まで、
はじめは思いつく限りを片っ端から当たっていきました。
それでもなかなかカカオ農家を知っている人はいません。。。

というのは、スラウェシ島といってもかなり広く、
普通はスラウェシの中心都市であるマカッサルをベースに
皆さん働いています。しかし、カカオ農園があるのは
そこから約10時間近くバスで北に行ったところ。
長くマカッサルに住んでいる人でも、カカオを栽培している
地域にいったことのある人はそうそういないわけです。

かといって、簡単にあきらめることはできません。
むしろ、私はワクワクしてきました!
これだけ色々な人に当たっているのに、カカオ農家を
知っている人やカカオの栽培地域にいったことのある人が
いないという状況。裏を返せば、この状況をクリアすることが
できれば、自分は他の誰も、少なくとも日本人が足を
踏み入れたことのない、世界でも有数のカカオ栽培地域を
目の当たりにできるということ!


情報収集は多岐にわたりました。
主にインターネットを駆使し、「スラウェシ」と「カカオ」を
キーワードに、日本語はもちろん英語でも、インドネシア語でも
検索をかけ、自分が欲しい情報かどうかしらみつぶしに
ひとつずつチェックしていきます。

それと並行して、今度はインドネシア人の友人にもスラウェシの
カカオ事情に詳しい人がいないか、これまたフェイスブックや
メールで聞いてまわりました。とはいえ18,000以上の島からなる
インドネシア。殆どがジャカルタのあるジャワ島出身なので
正直言って期待薄でした。

するとどうでしょう、日本人や日本の組織では知らなかったら
知らない、で終わってしまうところが、インドネシア人では
「ちょっと聞いてみるから、時間をちょうだい」という話に
なって、その人が自分の友達数人から数十人に聞いてくれるのです。

そしてその友達がまた彼らの友達に聞いてくれる、だからもう
私の「スラウェシのカカオ事情に詳しい人を探している」という
ことは、とんでもない数の人に行き渡りました。

そのお陰で私の友達の友達の友達がカカオ栽培地域で
カカオの研究をしていたことが判明、彼こそがウマールさんなのです。

ウマールさんはスラウェシでもっとも大きな総合大学である
ハサヌディン大学の農学部を卒業。卒業後一度は機械系の会社に
就職するも、スラウェシの経済の根幹である農業の発展のために
会社を辞め、契約ベースであるにもかかわらず政府が行う
カカオのプロジェクトの研究員になりました。

なんだかとってもアツい人。年は私よりひとつだけ上。
結婚していて、まだ1歳の赤ちゃんがいるお父さんでもあります。
そんな彼とメールで何度かやり取りをしているうちに、
私の意気込みをかってくれ、協力したいと仰ってもらえました。

そして、空港での初顔合わせ。
どんな人かワクワクでしたが、想像をはるかに超える
いい人オーラが出ていて、すぐに仲良くなれそうな雰囲気でした。
こうして自己紹介や今後のスラウェシ訪問の間のスケジュールなどを
話し合いながら、市内へ向かうのでした。

(続く)



【カカオ農園訪問記2】 マカッサル到着

イミグレーションを抜けていよいよインドネシアは
スラウェシ島の中心都市であり、空の玄関マカッサルに入国!

と思いきや、荷物検査が待ってました。
頭からお尻まである私の巨大バックパックは目立ちまくり。
知らん顔で抜けようとしましたがそうは問屋がおろしませんよね。

「Open.(開けて)」
空港職員に言われ、南京錠を開錠し、チャックを開ける。
別にX線検査では異常がなさそうだったのに、なぜか
荷物検査される羽目に。。。まあ荷物検査されるのは
慣れてるので笑顔でOK!

バックパックを開けると、3日分の下着と、2日分のYシャツ、
革靴とPCが出てきました。ここまでで中身の30%くらい。
残りの70%は・・・現地で配る用の日本のお土産(浴衣、
Tシャツ、お菓子、餅、和風小物入れなど)。

興味深々でいちいち「これは何だ?」と聞いてくる。
はじめはニコニコ説明してたけど、今回空港には
友人のいとこが迎えに来てくれている。
待たせるわけにはいかない!!

というわけで飴を職員にあげてさっさと抜ける。
(別にアメをあげると通してもらえるという賄賂では
ないですよ!ただ、好意であげただけです!)

こうして晴れて入国し、ゲートを抜けると多くの人が
待っていました。みんな自分の家族や友人の迎えに来ているのでしょう、
あちこちでハグしたり、再会を喜ぶ光景が。

そんな光景をよそに、私は必死そのもの。
友人のいとこが迎えに来てくれるはずには
なっているものの、イミグレや荷物検査で時間をとられたため、
飛行機の到着時刻をその時既に1時間以上越えていました。

しかもその友人のいとこ、私は直接会ったことも話したことも
ないんです。両替をしていないのでインドネシア・ルピアを
もっていない私は、彼に会えなければ空港を出ることさえ出来ません。

自分が彼を見たことないのと同様、彼も私を見たことがない。
でも待ってる人は皆インドネシア人だけど、彼にしてみれば
日本人を見つけるのは容易なはず。そう楽観的に考えていたけど
いっこうに声がかからないので、私は空港のロビーを行ったり来たり。
ブラブラしてると何人か声をかけてきますが、どれも
タクシーの運転手やホテルの案内ばかり。

「まいったな~」
そう思っていると、またもやタクシーの運転手のような
人が寄ってきました。
「You Japanese? (あなた日本人?」
私はYesと答えると、
「You first time in Makassar?(マカッサルは初めて?)」
と聞いてきました。

んー間違いなくタクシーの運転手。あわよくば
観光案内するというパターンか。
それを悟った私は、
「I'm looking for my friend(友達を探してるんだ)」
と言うと、
「Who is your friend? (友達って誰だ?)」と聞いてくる。

あらら、面倒なタイプの人だな。。。と思って
「OK, I go, bye (いいです、もういきます、さよなら)」と言って
歩き出す私。

すると後ろから
「Are you Kei-san? (あなたケイさんですか?)」と
話しかけてくるじゃないですか!

お~~~い、あなたが友達のいとこかい!!!!
だったら最初にどうして「Are you Kei?」って
聞いてくれないのよ~~~と思いながらも
にっこり笑って即握手。

彼の名はUmar(ウマール)さん。
髪は短く、体格は普通、笑顔がお釈迦様のような
明らかにいい人。タクシーの勧誘だと疑ってごめん!
今後彼と2人でカカオの栽培農家をまわることになるとは
このときは全く予想していませんでした。

(続く)






【カカオ農園訪問記1】 カカオ農園までの道のり

今日から数回にわたりインドネシアはスラウェシ島の
カカオ農園訪問&滞在記を書きたいと思います。

思い返してみれば2011年1月初旬。
まだ真冬の日本を発ち、インドネシアへ出発。
インドネシアと言っても、普通の人が想像するのは
ジャカルタかバリ島。私の行き先は
スラウェシ島。

スラウェシ島は17,000以上の島々からなるインドネシアの
中でも4番目に大きな島です。(他の3つはカリマンタン島
(マレーシアの呼び名ではボルネオ島)、パプア州のある
ニューギニア島、そしてスマトラ島があります。
カリマンタンにはインドネシアの他にマレーシアとブルネイが、
ニューギニアにはパプアニューギニアがあり、純粋に
インドネシア領のみなのはこの中ではスマトラ島だけです)

このスラウェシ島の中心都市がマカッサルというところ。
アルファベットの「K」の形をした島の南西端、海に面した
ところにあります。

日本からマカッサルまでの行きかたは大体2通り。
①ジャカルタかバリまで飛んで、そこで国内線に乗り換える
②マレーシアのKL(クアラルンプール)まで飛んで、
そこからマカッサルへ飛ぶ(Air Asiaという格安航空会社利用)

①はジャカルタかバリまでの直行便を利用すれば
楽ですが、その他の都市経由(例えばシンガポールや
バンコクなど)だと、結構時間がかかります。
昨年後半からは成田から直行でインドネシア入りできる
航空会社がJALだけでなくガルーダとANAも加わったので
チョイスは増えました!

②は、マレーシアの格安航空会社Air Asiaを利用するという
ちょっと裏技的な行き方です。この格安航空会社、
早く予約すればするほど運賃が安いという特徴があるので
日にちに融通が利く場合、かなり安く行けることになります。
ちなみに日本からだと、羽田発でKLまでAir Asiaで行き、
KLで再びAir Asiaの別の便に乗り換えてマカッサルへ行けます。


前回私はマイレージを使って行きは①で、帰りは②でという
変則的なやり方でマカッサルへ行ってきました。
スラウェシを訪れるのは初めてではないにしろ、
前回の訪問はそれまでとは違い、本格的に
チョコレート・ビジネスをするための出張。

1ヶ月以上に及ぶ滞在は覚悟済み。
だからバックパックはパンパン。
スーツケースを使わない、これ鉄則。
だってスーツケースを持つ→ダッシュできない
→待ち合わせに遅れる、とか、スーツケースを持つ→
バスで荷物料を取られるとか、スーツケースを
持つ→ガラガラうるさい、などあまりメリットが
ないから。

だから70リットルというとんでもない大きな
バックパック(カンボジアで15ドルでゲット!)を
背負って、さらに手にはビニール袋(これも鉄則。
破けないよう3枚重ね。Loftの黄色いビニール袋を
イオンの音符のついたビニールに入れ、最後は
透明のビニールでできあがり!)でLet's go!

マカッサルにつくとイミグレーションを通る前に
まずはVISAを取得。お金払えばいいだけです。
少し昔はVISA不要だったのに!

そしてVISAのレシートを持ってイミグレへ。
昔旅行しまくっていたので、私のパスポートは
スタンプでいっぱい。しかも、もうハンコを押すところが
ないからとページを増やして後付けしているので、変に分厚い。

毎度のことながらちょっと怪しげな顔で疑われる。
すかさず「Selamat Siang(こんにちは)」と
微笑んで悪い人じゃないよアピール。

「ナカタ?」
イミグレのお兄ちゃんが聞く。
「No, I'm Yoshino(いえ、私は吉野です)」

「I know. You know Nakata?(そんなん分かってるよ。
お前ナカタ知ってるのか?)」にこりともせずに
聞くお兄ちゃん。

ここで、サッカーのナカタのことだと思いつく私。
「Oh yes, I like Nakata!! You like Nakata??
(あー、ナカタ僕好きですよ!あなたもナカタ好きですか?)」
機嫌をとろうと、こっちは必死の笑顔で話しかける。

話がはずむかと誰もが予想したその時、
またジーっとパスポートを眺めだしちゃった。
私の後ろに並んでた旅行者が他の列へ移動しはじめる。
沈黙が続く。

そうして数分が過ぎ、何しに来たのか英語で聞かれたので
カカオ豆を輸入したい、と言ったら理解されたのかされなかったのか、
うすら笑みを浮かべて「OK」と言われて釈放。

さあ、いよいよ入国なるか!?
(続く)

プロフィール

Dari K

Author:Dari K
Dari Kの経営者です
宜しくお願いします!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。