スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月2日(土)は三条会商店街の夜祭

今日は早朝にJR二条駅から電車に乗って
あるところへ行ってきました。2回の乗り継ぎを
経て、目的駅へ到着したら今度は迎えに来て
頂いた方の車で移動。

実は同じ京都府内なんですが、私にとっては
初めて訪れる場所。ずっと行きたかった場所でも
あります!その場所について、今日の出来事は
後日写真を交えてゆっくり書きたいと思います。

さて今回のメインテーマは『夜祭り』。
そう、Dari Kが位置する三条会商店街の
年に一度の最大イベント、『夜祭り』です。

私にとっては初めての出店・初めての夜祭りで
もうワクワク・ドキドキなんですが、それ以上に
周りのお店の方々の張り切りようは凄まじい!

Dari Kオープンに先立ち、近所のお店に挨拶回りに
行ったときも、半分以上のお店の方から、
「とりあえず7月に夜祭りってのがあるから、
それに向けて準備は絶対しておきなよ!」
というアドバイスを頂いておりました。

夜祭りといっても、夜だけでなくその日は
一日中お祭りモードなそうですが、夜に
ピークを迎えるとのこと。

いつもそこそこの賑わいを見せている商店街が
その日はディズニーランドどこじゃないくらいに
人でごったがえし、歩くのもままならないほど
にぎやかになるという・・・

まさか~、と思っていましたが、誰一人として
それを否定する人はおらず、むしろ今週に入ってから
商店街のお店のソワソワ感はかなり高揚してきています。

Dari K大丈夫なのか?
そんな声が聞こえてきそうですが・・・
大丈夫なんです!!大丈夫どころか
準備万端なんです!!!

なんてったってこの私、世界各地の祭りを経験してきて
おりますからね。日本の東北三大祭りはもちろん、
海外だってブラジルのリオのカーニバルから、
イースター島(モアイのある島)の山の斜面を
バナナの木に乗って駆け下りる祭り、ラオスの豊作を
祈って酒を飲みまくるロケット祭り、爆竹ならしまくりの
中国の旧正月などなど。

ここはDari K、初参加・初出店ですが、私と
ショコラティエの他に4名の補強メンバーを入れ、
総勢6人体制で挑みます!

提供するメニューも、ちょっと他の店では
考えつきそうもないものばかり。(っていって
かぶってたらどうしよう・・・)
単なるチョコレート屋だと思ってたらヤケドしますよ。

とにかくDari Kのブースは、祭りには欠かせない
テンションあがる品々を用意して待ってますので
是非7月2日は三条会商店街の夜祭りに、そして
Dari Kにお越し下さい!! Don't miss it!!



スポンサーサイト

インドネシア映画祭

こんにちは。
暑い日が続いていますね~。

エコポイントの終了や地デジ移行によるテレビの駆け込み
需要が切れた後の家電業界は厳しいかなと個人的に
見ていたのですが、この暑さで、エアコンの販売などに
牽引されて、売り上げも前年比プラスが続いているようですね。
元アナリストの癖ですぐに色んな業界の業績を
予想してしまいます。

ところで、ブログを読んで下さっている皆様は
ご存知かと思いますが、Dari Kのカカオ豆や
カシューナッツ、シナモン、そしてチョコレートの
木箱の木材はどれもインドネシアから輸入しております。

そもそもDari Kのビジョンの大きな柱として
チョコレートを通じてインドネシアの多様性・魅力を
知って頂くということがあるので、Dari Kでは
単にチョコを売るだけではなく、そのビジョンに
合うものであれば、色々協力していきたいと
思っております。

そんなこんなで、今回はインドネシア映画祭の
お知らせです。


indonesian film festival


7月16日(土)から18日(月・祝日)までの3日間
シネマート心斎橋にて毎日2本、計6本の映画が
上映されます。

しかも、入場無料なんです!
しかも、ご来場者の中から抽選で1名様に
インドネシア往復航空券が当たるキャンペーンもやっています!
しかも、映画自体すっごく面白そうです。
(以下シネマート心斎橋のページ
http://www.cinemart.co.jp/theater/shinsaibashi/topics/#007557
から抜粋)

ナント三大陸映画祭でジャック・ドゥミ賞を受賞したほか、
世界各国の映画祭で高い評価を得た『青空がぼくの家』(‘89)
をはじめ、インドネシア映画界の俊英ガリン・ヌグロホの
監督作品『枕の上の葉』(‘98)、公開時にインドネシアの
興行記録を塗り替えるヒットとなった『ビューティフル・デイズ』
(‘02)など、多彩な6作品を上映いたします。


7月の3連休中毎日やっているので、ご都合がつけば
是非行ってみてはいかがでしょうか?

ちなみに申し込み方法は7月8日までに鑑賞希望の映画の題名を
選択の上、お電話にてお申し込みです。先着順で
受付らいしので申し込みは下記番号へどうぞ!
受付電話番号:06-6252-9826、06-6252-9828

実はこのイベント、在大阪インドネシア総領事館が主催
しています。Dari Kのビジョンのひとつは、上述の
とおりインドネシアの魅力を多くの方に知って
頂くことなので、こうして映画祭の告知をさせて
頂いているわけですが、同じビジョンを共有するものとして
領事館の方にもDari Kの趣旨を賛同いただき、
映画祭当日はDari Kの商品を販売させて頂く予定です。

インドネシアのナッツやチョコを食べながらインドネシア
の映画を見る、こんな一日も素敵ですよね!
パンフレットはDari K店内にありますので、
ご自由にお持ちください!
また詳細な情報はネットで「インドネシア映画祭2011」で
検索すると出てきますので、是非チェックしてみて
下さい!!

Leafに掲載&結婚式!

雑誌SAVVY8月号に掲載されたと前々回書きましたが
今回はLeaf8月号への掲載のお知らせです。

Leafのディレクターさんとは、Dari Kがオープンして
間もない頃に、お世話になっている方の紹介で
お越し頂きました。色々お話させて頂くと、
その方は仕事だからというわけではなく、地元京都を
盛り上げたいと本心から思っていらっしゃる方で
そのノリが合いました!

Dari Kが掲載されている8月号の表紙がこちらです。
Leaf表紙


Dari Kの記事はこちらです。表現がとても巧みなんです!
記者はいつも色々な美味しいお店に取材に行って
おられるのでしょうが、ありきたりな言葉ではなく
Dari Kのこだわりやコンセプトを聞いたうえで
書いてくださったこのフレーズ。

LEAF Dari K

「南の島から届いた神様のカカオ豆
自家焙煎のフレッシュなアロマに脱帽」

すごい感銘を受けました。
ストーリーと味という両方の要素を織り込みながら
想像力をかき立てる言葉選び。
とっても素敵なご紹介記事を書いて頂いて
大変嬉しいです。


嬉しいと言えば、今日は友人の結婚式でした。
一緒に富士山に登ったのが一番の思い出。
クールな外見とやさしい内面を持ち合わせる彼と、
ものすごくポジティブで笑顔の素敵な彼女。
その二人が手作りで温かい式&パーティーを
京都で行いました。

Dari Kでは結婚式用の引き菓子・チョコレートも
手がけていますが、今回はこの友人2人が
記念すべきDari K初の引き菓子として
ご注文下さいました。

それはもうおめでたい2人の結婚式。
お土産用のお菓子を任せてくれたからには
絶対良いものを作ろうと、1ヶ月前から
相当気合入れて頑張りました。


そして出来上がったのがこちら。
s-CIMG4324.jpg

いつもはDari Kのロゴを焼印するのですが
今回は特注で作ったハートの「Happy Wedding」を
焼印しました☆

そしてこちらがその中身です。
s-CIMG4323.jpg

チョコレート2粒(写真はカカオ豆入りで「王様」を
意味するラジャと、なめらかな口どけの「王女様」を
意味するラトゥ)の他に、ロースト・カシューナッツと
キャラメル・カシューナッツを詰め合わせました。

カシューナッツは三日月の形をしているので
窪みの部分を真ん中でくっつけて、2粒を
抱き合わせてみました。

Dari Kのチョコとカシューナッツが両方
味わえて、しかも木箱なので部屋に置いておいて
ふと見ると、その結婚式を思い出す、そんな
素敵なギフトになればいいなとの想いを
込めて作りました。


ちなみに、品質表示ラベルはちょっと
ユーモアで遊ばせてもらいました。

ラベル


6月もいよいよ最終週。
新商品の開発や、お取り寄せでの新しい企画など
もうすぐ発表できるものがこれからもどんどん
出てくるので、楽しみにしていて下さい!!



ちょっといい話

昨日、ちょっと心が温まることがありました。

さかのぼること数週間前、私の友人が東京から
京都に仕事で来るので、Dari Kに寄るという
連絡がきました。

しかし、あいにくその日は私が外出する予定があり、
店には出られないことが分かっていたので、
友達にはその旨を伝え、またショコラティエには
私の友人が来たら後で代金は私が払うので
チョコレートを一つその友人に私からと言って
サービスするよう話してありました。

翌日、ショコラティエと話していたところ、
その時ちょうど慌しくて私の友人にサービスを
するのを忘れてしまったということが発覚。

そもそも私の友人には、店に来てくれたらサービスを
するからと事前に言っていたわけではないので
大したことではなかったのですが、多忙の中わざわざ
時間の合間をぬって来てくれたのに、
私も店に居られず、なんの愛想もなくて
申し訳ないことをしたと思うと同時に、
ショコラティエには今度からは気をつけてね、
とちょっと注意をしました。

ショコラティエも単にうっかりしてしまっただけで、
そもそも大ごとではないので、今度は忘れないでね、
という感じで伝えて、今度からは気をつけると
言ってくれたので、さらりとその件は終わりました。

それからまた数週間が経った昨日。
たまたまその友人から電話がかかってきたので
話していると、「そういえばショコラティエの方から
手書きのハガキが届いて、すっごく嬉しかったよ~!」
とのこと。

何のことか私はさっぱり分からず、どんな内容が
書いてあったのかと聞くと、「先日はお越し
下さいましてありがとうございます。また京都に
お越しの際は是非遊びにいらして下さいね!」と
いうような内容だとのこと。

どういうことだ!?
頭の中で色々考えました。
その友人は以前お取り寄せをしてくれていたので、
Dari Kの店内にはその人に商品を送った送り状の
控えがあったのでしょう。おそらくショコラティエは
その住所を見てハガキを送ったんだな、
そう類推すると同時に、心の底からこみ上げる
ものが。もうジーンと。感動です☆

私に黙ってそういう気遣いをしたショコラティエ。
その友達がたまたま(別件で)電話をくれて、
そしてたまたまそのハガキのことを言ってくれたから
分かったこの事実。もし電話で話さなかったら、
もしハガキのことを友人が言及しなかったら
私はそれで知らないままだった。

私に知らせるためにやったのではない、
ショコラティエのその行動。Dari Kの趣旨に
強く共感してもらって、一緒に1から、いや0から
スタートしてからまだ3ヶ月も経っていません。

業務のかなりの部分で私とショコラティエは
担当を分けていて、私がカカオ豆の調達・輸入から
ペースト作りまでとあとは外部への営業を担当
しているのに対し、ショコラティエはペースト状の
カカオからトリュフ作成までの全般と、ナッツや
焼き菓子の製造を主に担当しています。

お互いがDari Kの発展のため、スラウェシのカカオ
農家のためと長期的なビジョンを持ち、来年には
カカオ農家に彼らが作ったカカオで、私達が
チョコレートを作って食べてもらうことを目標として
日々の業務をこなしています。

そんなショコラティエが、同僚であり部下であり、
でもお菓子業界では先輩であり、とても努力家の
ショコラティエが些細なミスに関して、私が
思ってもみなかった最高の対応をしてくれました。

そんなショコラティエと一緒に働けて素直に嬉しく、
すっごく光栄で、また尊敬の念すら覚えます。
今日はそんなことがあり、とっても良い一日と
なりました!


さて、暑い日が続きますが、そういう時こそ、
Dari Kの後味さっぱりのチョコレートで
疲労回復してください!ホットカカオの素で
カカオドリンクを作って、冷やして
アイスカカオにしてもとっても美味しいですよ!


最後に。
最近(というかだいぶ前からですが)、Dari Kに
遠方から来てくださる方が増えてきました。

前回私が対応させていただいて、今日も
大阪から来て下さったお客様!ちょうど
入れ違いでお会いできなかったのですが
タブレット(板チョコ)がお好きだということを
前回お伺いしたので、もしこの次来て下さったらと
カカオ100%のタブレット(というかカカオマス)を
実は用意してたんです(もちろん販売用ではないですが)。
リンツの99%も用意してたので、2つを比べて頂いて、
その違いについて語りあいたいな、と。

なので、もしまたお越し頂く機会がございましたら
事前にご連絡くださ~い!それ以外の方でも
チョコについてもっと教えてとか、こういう商品が
欲しいとかございましたら、もちろんショコラティエと
話して頂いても結構ですが、私もお話させて頂きたいので
事前にメールや電話でご一報くださいませ!

それでは皆さん、have a nice weekend!!

Savvy8月号掲載

6月15日から22日まで、送料のプロモーションを
開催したところ、多くのお客様にご注文頂きました。
どうもありがとうございます!

お届けしたお客様の中には、早くも
「美味しかった!」のとの声を寄せて下さる方が
おり、わざわざ電話やメールでそういったお言葉を
頂戴できることに、今まで味わったことのない
心の底から込み上げてくる嬉しさを噛みしめております。

ところで、以前に少し言及しましたが、Dari Kが
雑誌に掲載されました。それも1つではなく、
2つの雑誌にです!

今日はそのうちの1つをご紹介致します。

その雑誌とは、
savvy表紙


本日発売の「Savvy」の8月号です!
8月号は、京都の河原町・烏丸を特集していますが、
Dari Kは四条大宮なのでそこでの掲載ではなく、
New Openとして紹介して頂きました。

その誌面がこちら↓です。
s-Savvy8月号

チョコレートの一粒一粒が誇らしげに
写っているの、分かりますか?
生まれた時から(カカオが収穫された時)
農家の方と一緒に発酵を試行錯誤し、
遠路はるばる海を越えてやってきて、
愛情かけて作ったチョコレートたち。

なんか自分の子どもの写真を見ているようで
これまた胸にこみ上げてくるものがあります。

東京新聞に続きメディア露出はこれで2回目です。
オープン2ヶ月でこうして色々取り上げて頂くと
ますます頑張ろうという気になります!

明後日6月25日にはまた別の雑誌に掲載されます。
いつもお店に来て頂いている方にとっても
わくわくですね!まだ来たことのない方は
是非ふらっと遊びに来てください!

発売後にアップしますので、お楽しみに~!!





【6月22日今日まで】プロモーション

期間限定プロモーションは今日6月22日ご注文分まで
有効です。

初めてご注文の方は5000円以上のお買い上げで
送料がクール便込みで半額の420円に、
1万円以上のお買い上げの場合の送料無料です。

リピーターの方は5000円以上のお買い上げで
送料がクール便込みで無料になります。(こちらは
6月末まで)

明日23日(木)と明々後日25日(土)発売の
雑誌に掲載されるため、これから忙しく
なりますので(なって欲しい!)、
今のうちにお取り寄せお願い致します!

カカオ豆とマグネシウム

ロースト・カカオ豆の販売を開始してから
Dari K店頭でもお取り寄せでも多くのお客様に
お買い上げ頂いております。

↓これがカカオ豆をローストしたもの。
s-CIMG4072.jpg

↓こんな感じで袋に入れて売っています。
(50グラム入り(約50粒)、税込400円)
Roasted cacao beans

味としては、いわゆるチョコレートとは違って
全く甘くなく、むしろ苦いんですが、それでは
単なる苦い豆かといえばそう簡単に表現できる
ようなものでもありません。

苦さの中にもほのかな甘さやフルーティーな香り、
酸味、渋味など複雑な味が次から次へと出てきます。
しかも食感はカリカリとしたナッツ。
「なんて表現したらいいか、こんなの食べたことない。
でも深~い味ですね!」

これがお客様の感想で一番多いものです。私も
正直、初めてカカオ豆をそのまま口にした時、
そう思いました。


↓これは、店の外のテーブルの上に飾ってあるものです。
s-CIMG4319.jpg

カカオ豆の成分・効能を書いたものなんですが、
「これらの効能は分かりました。でもカカオ豆には
栄養素がどれだけ含まれていて、どれくらい
摂取すればいいの?」というご質問を受けたので
数値的なものについて調べてみました。

今回は、このカカオ豆の栄養素・成分について
書いてみたいと思います。

実は、インターネットで検索すればすぐに
見つかるだろう・・・そう思って検索を始めて
早5時間。始めは日本語で探していましたが
ないんです!!

チョコレートの栄養表示やココア(砂糖の入ってない
純ココア)のそれはあるんです。でもカカオ豆
そのものについての成分の数値がない!!
どれだけ探してもない!!

そこで今度は英語で検索開始しました。
ようやくいくつかヒットしたものの、どれも
公の機関が公表しているものではなく、
健康(栄養)に関するサイトやカロリー計算の
サイトに載っているもので、同じ重量で比較しても
若干の誤差があります。

う~ん。データを扱う研究や仕事にこれまで従事
してきたため、自分に一番好都合な数値を
載せているサイトからパッと引っ張ってきて
紹介するのとか嫌なんです。かといって
どれが最も客観的で信頼のおけるデータなのかも
分からないし。

でも幸い、数値に誤差はあるとはいえ、おおよその
イメージをつかむ分には問題ないレベルと
判断できるので、今回は分かりやすい形で
調べた結果をご報告します。

1オンス(28グラム≒28粒)あたりのカカオ豆の
成分は130カロリーで10グラムの炭水化物、
4グラムのたんぱく質、そして12グラムの
脂肪となっています。

脂肪はカカオバター(カカオ豆の約半分は
カカオバターです)に由来するものがほとんどで
飽和脂肪酸ですが、コレステロールを上昇させない
との研究報告が出ています。

食物繊維は非常に豊富で9グラム含まれています。
また鉄分も一日に必要な量の10%以上が摂取できます。

特筆すべきはマグネシウムの含有量で80ミリグラムも
含まれています。日本人のマグネシウム推奨摂取量は
男性が340~370mg、女性が270~290mg(妊婦は
310~320mg)なのに対し、平成18年の国民健康
栄養調査で男性は平均263mg、女性は平均237mg摂取
しているとのことだったので不足しているのは
明らか。

ということは、カカオ豆を28グラム摂取すると
ちょうど推奨摂取量をとれることになります!
マグネシウムはナッツやゴマ、海草などに多く含まれ
ますが、なかなかそれらを大量に摂るのは
難しいので(ナッツ以外は軽いものばかりなので)
まあ28グラムとまではいかなくとも、カカオ豆で
マグネシウムを摂取するのはいいことですね!

*ちなみにカシューナッツもマグネシウムが
豊富で100グラム当たり240mgのマグネシウムが
摂れます!Dari Kのローストカシューは
塩も油も使わず生カシューナッツを素焼き
したものなので、これまたマグネシウムを取るには
理想的な食材です!

マグネシウムは不足すると骨粗しょう症になったり
神経疾患、精神疾患、不整脈、心疾患、筋肉収縮
異常などが起こることが知られています。
お酒をよく飲む方は、アルコールを大量に飲むと
血液中の濃度が上がり、それに伴って尿から排出される
マグネシウムが増え、摂取量が不足しますし、
腎臓病や糖尿病の方は体内にマグネシウムが
不足したときにに働く仕組みが上手く働かないため
摂取量不足になりがちです。

となると、カカオ豆をつまみにワインやお酒を
飲むことや、腎臓病や糖尿病の方が、チョコレートは
良くなくても砂糖の入っていない(それでいて
マグネシウム豊富な)カカオ豆を食べることは
理想的なのではないでしょうか。

ということで結論は、Dari Kのロースト・カカオ豆や
カシューナッツはマグネシウムが豊富なので
適量(Dari Kのカカオ豆は50グラム、
カシューナッツは75グラム入り)を摂るのに
とても使い勝手がよい、ということです。
サプリなんかより吸収も良いですし、
味わい深いのでオススメです!

ちなみに余談ですが、カカオ豆の成分を
探すのに、単にgoogleで関連サイトを
検索するだけでなく、大学院時代を思い出し
google scholar(学術論文の検索サイト)でも
サーチをかけました。するとどうでしょう!!
カカオに関する論文がいくつもヒットしました。

引用の多い論文を数本読んでいたところ
2010年に米国心臓病学会のジャーナル
(Journal of the American Heart Association)に
発表された記事で「チョコレート摂取と心疾患(心不全)の
発生率」(Chocolate Intake and Incidence of
Heart Failure)というものがありました。

簡潔にまとめると、1998年から2006年まで48歳から83歳の
女性の心疾患での入院・死亡率を、チョコレートの消費量
との関連で分析したところ、時々チョコレートを食べる
人の心疾患に陥る確率はチョコを食べない人と比べ
約30%ほど低いというものでした!
(ただ毎日食べてるからといって心疾患のリスクが
さらに低くなるのかといえば、そこまでの有意な効果は
測定されなかったようです)

この他にも実に多くのカカオの医学的効果に関する
論文がありました。日本語のものは少ないので
英語になりますが、最先端の研究成果の多くが
google scholarで無料で読める時代です。
チョコレートの魅力をお伝えしていくためにも、
また自身の知識を深めるためにも、定期的に
学術論文を読んで行こうと思います。

Viva! cacao beans!!

**お知らせ**
Dari Kお取り寄せの5000円以上で送料半額
キャンペーンは6月22日(水)ご注文までと
なっております!まだDari Kのチョコレートを
召し上がっていない方は是非この機会に
お試し下さい!オススメはチョコレート12個木箱入り
(3500円)とナッツ・焼き菓子の詰め合わせセット
(1600円)で、このお二つのご注文で送料半額
になりますよ!

雑感

ここ最近、ミーティングに外出する回数が格段に増えています。
「Dari Kの商品を買ってください!」という営業と
いうよりは寧ろ、Dari Kのコンセプトを知ってもらい、
それで共感をして頂いて次につなげて行きたいな、
というスタンスです。

これまで金融をやっていた時も、学生の時も
私は結構アグレッシブだったと思います。というか
アグレッシブさがないと生きていけない環境でした。

ただ一口にアグレッシブと言っても、もちろんアポなしで
とりあえずどこにでも顔を出すのではなく、何を
話したいのか、なぜface to faceで顔を合わせて
話す必要があるのか、そのミーティングで相手は
どんなメリットがあるのか、それを納得してもらった上で
アポを入れ、話に行くというスタイルでした。

ここで重要なのは、「相手にメリットを提供すること」
だと思います。損得勘定抜きで話すのは、友達同士や
飲み会の席ならあるかもしれませんが、お互い
仕事として時間を割くからには、その時間に見合った
対価(かならずしも金銭的メリットだけでなく、知識や
情報なども含めて)を受けられなければ、ミーティングの
意義は相当薄れるというものです。

だから最近訪問した方々も、Dari Kとどこかで方向性が
同じであるとか、何か相互に便益があると思うような
ところに絞っています。

ミーティングで私は、商品の価値を理解して頂くための
説明はしても、チョコを買ってくれとは一言も言いません。
だから営業の成果がすぐに出るかどうかと言えば、
出ないかもしれません。でも、それは自分が分かった上での
行動だからいいのです。

投資をする時に、1週間で5%のリターンを狙うことも
あれば、1年で30%のリターンを取りに行くこともあります。
投資戦略を前者にしてしまうと、とにかく回転を早め
コンスタントに利益を上げていかなければなりません。
他方、後者の戦略をとると、いってみれば11ヶ月目まで
リターンが0%でも12ヶ月目で30%リターンがとれれば
OKです。

Dari Kは株式会社なので、もちろん経営の戦略というものを
持っています。実際、同じような事業をJICAやJETROからの
委託プロジェクトとして、あるいはNPOを組織して寄付金や補助金、
会費ですることも不可能ではありませんでした。

でも、「寄付金がなくなったから、補助金がでないから」
といって途中で事業を断念したら、それこそスラウェシの
農家の人々はどう思うでしょう。せっかく発酵することで
カカオが美味しく、付加価値がつくと実感してきたのに、
発酵してももう買い取ってもらえないと知ったら、
結局元のとおり発酵することもやめてしまうでしょう。
(既存の仕組みでは、スラウェシにおいて発酵されたカカオ
豆を購入する企業はDari Kが供給先としてパートナーシップを
組んでいる1社しかありません。)

だからDari Kは株式会社にしたのです。
自立して、サステナブルに運営できるビジネスモデルにする。
これらを踏まえると、その場限りのチョコを売る営業は
相応しくありません。前の例で言えば1週間で5%のリターンを
狙うようなものです。それよりも、ビジョンを説明し、
そこに共感して頂きつつ、時機がきたら受注させて頂く、
それで1年を通してみて当初の期待リターンがあがればいいのです。

この1週間、実に多くの方々にお会いました。
ブログで書いていいのか分からないので詳細は伏せますが、
普通では会えないような方々にお時間を頂き、またお越し
頂いてお話しました。そしてそのどれもが、これまでの
自分の人生とどこかでつながっています。

「東南アジア青年の船」だったり、高校・大学・大学院
だったり、また留学先だったり、幼いころ通っていた
学習塾だったり。さらにDari Kをはじめて出会った方々。
いつもコメントくださるSさんやMさんなど、いつも
励ましてもらっています。

そして遠く離れたスラウェシには、カカオ農家の
あんちゃんやおっさんが、インターネットがないので
今頃どうなってるかは現地の友人を通してでしか
分からないでしょうが、成功を祈ってくれています。

先日、日本最大級のビジネス系メルマガ「平成進化論」
でDari Kのことを触れて頂きました。私は直接
面識がなかったものの、尊敬する経営者である
開倫塾の塾長の林さんの勧めでメルマガを
購読しており、平成進化論の著者鮒谷さんの
考えには共感するところが多く、そのような方に
ご紹介頂くという幸運にも恵まれました。

今はショコラティエと自分の2人だけの小さな会社
ですが、お陰様で応援してくださる方は沢山
いらっしゃいます。その期待に応えるためにも
そしてスラウェシで待ってる農家の皆のためにも
もちろん焙煎したての絶品チョコレートのファンの
ためにも、一歩ずつ前に進んでいきたいものです。




一人で店番だった昨日、朝お店に行くと
小さなサプライズがありました。

s-CIMG4320.jpg

I have a dream.
One day, I want to go to Sulawesi again,
but not alone like the last time.

Next time will be with people who like chocolates,
people who are interested in Sulawesi, and
people who love Dari K.

いつかカカオ農園を見てみたかったり、スラウェシに興味が
あったり、Dari Kのチョコレートが大好きな方たちと
ともに、スラウェシに行きたい。

ジャカルタやバリだけがインドネシアではありません。
17,000以上の島から成るインドネシアで、4番目に大きい島。
人口では3番目に大きい島。なのにあまり知られていない島。
そしてそれ以上に、カカオの一大産地である島。

Seeing is believing.
百聞は一見に如かず。

実際に見て、触って、五感全てで感じること。
その場に赴くからこそ分かること。
その場でしか絶対分からないこと。

それを確かめに行くためのツアー、
できればいいな。

私にはここでは書ききれない、発表できない
アイデアや計画が沢山あります。
「有言実行」
これを自ら証明すべく、夢もロマンも
徐々に語っていこう。

ショコラティエの作ったカカオ尽くしの
このケーキを見ながら、そう思いました。









祝☆期間限定プロモーション

今日は6月15日。ということは、4月15日にDari Kが
オープンしてからちょうど2ヶ月が経ちました。

お陰様で本当に多くのお客様にお越し頂き、また
遠方の方からはインターネットや電話・FAXで
お取り寄せ頂きました。

しかも東京新聞に取り上げて頂いたり、今月末には
2つの雑誌にも掲載が決まっております!!

そこで感謝の気持ちを込めて、本日6月15日から
6月22日までの一週間、お取り寄せもしくは店頭から
地方発送した場合、通常ですと840円の送料が
5000円以上のお買い上げで半額の420円に
させて頂きます。もちろん、クール便追加代金は
Dari K負担。10000円以上お買い上げなら
送料・クール代ともに無料でやらせて頂きます!

インターネットで既にお買い上げされたアナタ!
「ちょっと~、もう既にネットで注文しちゃったん
だけど。。。なんか損した気分。。。」
そんなこと言わないで下さい!これから発送する分
に関しては、送料半額相当のオマケを
入れておきますので!

しかも!これまで数多くのお取り寄せも承って
おりますので、感謝を込めてお取り寄せの
リピーターの方には本日から6月末までの
半月間、通常10000円以上のお買い上げで
送料・クール代が無料になるところ、5000円以上の
お買い上げで送料を無料にさせて頂きます。
(システム上通常の送料が表示されますが、
訂正した確認メールを再度お送り致します)

離れて暮らす家族や友人に、お誕生日や何かの
お祝いに、また単純に幸せのおすそ分けに、
是非Dari Kのチョコレートを送ってみては
いかがでしょうか?絶対喜ばれますよ~!!
期間限定なのでこの機会をお見逃しなく☆


ロースト・カカオ豆

今日はお昼に母校の一つである京大大学院の
教授達とランチをしました。私の学生時代の
指導教官ではなかったものの、インドネシア研究では
著名な先生で、お話していてとても楽しく、かつ
有意義なひと時でした。

ところで私は京大の大学院ではある地域を
学際的に研究する『地域研究』をしており、
私の専攻は東南アジア地域でした。

学際的なアプローチ(interdisciliplinary
approach)とは、一つの学問体系から対象を
見るのではなく、様々な分野から包括的に
考えるというもので、地域研究のような
絶えず変化し一筋縄では説明できないものを
扱うには効果的だと考えられています。

例えば、それこそインドネシアのカカオ産業という
テーマがあるとします。これに対して研究を
する場合に、いつ・誰がそもそもインドネシアに
カカオを持ってきたのかという歴史学的アプローチが
まずは必要になります。

また現在インドネシアが世界第3位のカカオ産出国に
なり得たのかはなぜかということに関しては、
気候や土壌がカカオ栽培にどれほど適していたのかと
いう生態学的側面や、それまで稲作に従事していた
人々がカカオの栽培を始めるようになったのはなぜか
ということを家族や村単位でミクロで聞き取りをして
解き明かしていく社会学的側面もカバーすべきです。

当然、同じ問題を需要と供給といった経済学的
アプローチも出来ますし、カカオ栽培という観点から
逆に人々の文化・生活様式の変遷や影響を見る
文化人類学的な考察も可能です。さらに、政治が
そこにどう関わっていたのか、カカオ産業を
優遇・冷遇するような動きや法の施行、外国の
圧力はあったのかなど検証することも必要なわけです。

しかしですね、「言うは易し、行うは難し」とは
よく言ったもので、一つの学問的枠組みから
考えるのでさえ、理論の習得から、それが
現実世界でどう適用され解釈されうるのか
とんでもない時間を費やさなければならないのに、
それを学際的アプローチが効果的だからといって
ポンポンできちゃうわけでは当然ありません。

だから、地域研究をしている人は、学生・教授・研究者を
問わず、この「学際的アプローチ」という言葉に対して
非常にセンシティブになっていますし、しっかり
意識している人ほど、「私の研究は学際的アプローチで
研究テーマに対して包括的に分析しています」なんて
発言は決してしません。

私の京大大学院の時の研究テーマに関しては
いつか時間がある時に書くかもしれませんが
(ってかそんなこと聞きたい人がいるかなんて
分からないので、ネタ切れの時にでも書きます)
私が大学院と聞いて一番思い出すのは、
教授同士の議論です。

これは京大時代ではなくイギリスは
オックスフォード大の時の話ですが、ある教授が
研究報告会で発表をした際、他の教授たちもその
発表会に研究報告を聞きに来て、報告後(ときには
報告中に)「なぜそういう結論付けをするのか?」
「○○の理論を無視していないか?」と半ばけんか腰で
質問します。

日本の場合、そもそも自分と違う分野の研究者の
発表会にわざわざ出向いて、しかもコメントではなく
真っ向から質問をすることってほとんどないと思います。
仮に行ったとしても自分がよっぽどその分野に
精通していない限り議論を仕掛ける、ということは
稀でしょう。

だから海外の大学がいいとか、日本の大学がいいとか
ではなく、こうして両方を体験できたのは
とても新鮮でしたし、多くの発見につながりました。

さて、今日の本題ですが(またえらい前置きが
長い展開になりました><)、チョコでも
両方を体験してみようではありませんか!

いや、海外のチョコと日本のチョコを食べてみて、と
いうんじゃなしに、チョコとその原料のカカオを
食べ比べてみては、ということです。

s-CIMG4072.jpg
上の写真が、チョコの原料のカカオ豆をローストしたものです。
この後、殻を剥いてミルで砕いて(この細かく
砕かれたものがカカオニブと呼ばれるものです)、
さらにミキサーでペースト(カカオマス)にしていく
わけです。

しかし!せっかくなのでカカオ豆のまま食べて
みようじゃないですか!どんな味がするのか、
それは食べてみてのお楽しみ☆
と言いたいところですが、イメージを
お伝えするとちょっぴり酸っぱく、ほのかに
ベリーで、けっこう苦く、たっぷり栄養って
感じですね。

カカオ分100%とか99%のチョコを食べたことが
ある方はいらっしゃっても、カカオ豆をそのまま
食べたことのある人は殆どないのでは?
カカオ分100%や99%のチョコとカカオ豆とは
味はぜんぜ~ん違いますよ!

前にチョコレートの原材料
詳しく書きましたが、カカオ分=カカオ由来の成分
ではありますが、カカオ分=カカオの味では
ないのです。

なんだかカカオ豆を食べてみたくなりませんか?
食べてもいいんですか?いいんです!

生のカカオ豆を輸入しているからこそ、
そして毎日ローストしているからこそできる
このとっても斬新な商品、その名も
「ロースト・カカオ豆」(そのまんま!)
カシューと同様、こんな包装で新発売です。
発売して数日ですが、かなりのお客様に
お買い上げ頂いております♪

Roasted cacao beans

お値段は50グラム400円。
ピスタチオのように、殻を割って中の豆を
食べて頂けます。ピスタチオほど殻は固くなく、
落花生の殻のように厚くもなく、慣れれば
パリっとすぐに剥けます。

s-CIMG4319.jpg


豆ごとに味が結構違うので、一粒ごとに
新たな発見がありますよ!しかも食欲抑制効果が
あるのか、2~3粒でお腹が落ち着きます!
ダイエットにもってこいかも。

オススメはワインやウィスキーの肴に。
コーヒーでもいけます。あとはトーストに
バター塗って蜂蜜かけて、その上にカカオ豆を
ちらすとか。お菓子やパンのアクセントにも是非!

これ、パーティーとかに持っていったらかなり乙ですよ。
栄養満点のカカオ豆、是非お試しください!
もちろん、お取り寄せも可能です。Check out this super food!

Can you appreciate it?

今日あるお客様が大阪から
わざわざDari Kにお越し下さいました。

以前も大阪や神戸、滋賀など京都外からでも
わざわざお越し下さったお客様はおりましたが、
京都の繁華街である四条河原町や烏丸から
だいぶ距離がある三条商店街のDari Kにまで
市外から来て下さるって、ほんと感動ものだと
思うんです。

「チョコ好きで、豆から作ってると知って
興味持ったので大阪から来てみました~」と、
もうそんなこと言ってくださるものだから
めっちゃ嬉しくなりました!

それで、色々お話してチョコを食べて頂いて
「カカオの香りが広がって美味しい」と
仰って頂けて、これはもうチョコ職人
冥利に尽きますね。

ちなみにですが、この方のブログを拝見して、
度肝を抜かれました。チョコに関するブログですが、
もうブログというより、カタログというか
この情報量と味に対する的確な描写、画像、
どれをとっても比類なきクオリティで、
金融テーマ以外のブログでここまで
感動させられたのは初めてです☆

ところで前にも書いたと思うのですが、Dari Kの
チョコレートの一粒315円というのは、板チョコが
100円で買えることを考えると、また牛丼が
300円でおつりがくるこのご時世を鑑みると
高いと思われても仕方がないと思ってます。

でも、です。Dari Kはカカオ豆を商社を
介さずに輸入するわけです。豆の産地である
インドネシアから、パートナーと協力して
原産地証明を取って、コンテナを手配し、
輸送中にかびたり虫がよってこないように
燻蒸措置の指示を出すんです。

それと並行して決済のためにドル円相場をみて
ドルに変え、現地の銀行に送金。

コンテナが港に着けば、農水省の植物検疫やら
厚労省の輸入食品検査を経て、関税・消費税を
支払い、店舗近くの貸し倉庫まで運送・保管etc...

しかもカカオ豆の価格は毎日カカオ豆相場で動いているので
チェックしなければならないし、インドネシアで
カカオ豆の害虫である蛾が発生していないか
現地の知人に定期的に聞いたりもしています。

しかもここまでは豆を仕入れるまでの段取りであって
豆のローストから、皮むきから粉砕から
ペースト化までどんだけ時間がかかることか!

いいんです、好きだからやってるので!
美味しいチョコを、本当にカカオに忠実な
チョコをつくりたいからやってるので
いいんです。

でもこれだけの手間と作業量を
考慮した場合のチョコ一粒315円って、
客観的にコスト計算しても奇跡的に安く
抑えられていると思うんです。

しかも手作りだから生産量なんてたかが
知れてますし、生産者に還元する部分を
多くしたい面もあり、利益最大化をビジネスの
核とするならば、Dari Kはビジネスの主流とは
かけ離れた存在です。

元金融業界にいたので、その時の知識と経験を
活かしてこれ以上できないほどの効率化を
してのこのお値段。だから正直、植物油脂を
使ってる市販の板チョコと比較されては
何とも言えないし、牛丼と比較されちゃ
やっぱり何とも言えないです。

人それぞれ、何に価値を見出すか、
適正な対価の考え方は違って当然。
私自身、よく牛丼屋は行くし、立ち食いそばも
よく行ったし、でも職人さんが握る
寿司屋にも行くし、素材にこだわり抜いた
レストランにも行きます。

貧乏旅行で世界一周していたときは、
1日の移動・宿泊・食事すべて込みでも
500円も使わない時も多々ありました。
もちろん土産だってとことん値切りますが、
それが手作りのバッグや彫刻の時、私は
それを作るのにどれくらい時間がかかるか
聞いて、無理に値切りませんでした。
そこだけは、守ってました。

それは職人に対するrespectだし、
その文化であれ産業の継承と発展のための
消費者の責任だと思うからです。
(ちなみに今私が愛用している耳かきは
おかんが数年前にデパートの職人市で
見つけてきたもので、職人が手で一本ずつ
木を削って作ったもので1本5000円とかのもの
ですが、やっぱり職人の技には魂が入っていて
いいです!)

モノやサービスを絶対的な価格だけで
判断した結果、粋なもの・上質なものを
味わうことができないなんていうのでは
せっかくの一度きりの人生、もったいない!

で、いったい何が言いたいかというと
「だからDari Kのチョコを買って」、ではなくて
そうやって手間と技がいっぱいかかっている
Dari Kのチョコの価値を分かって試しに
来て下さるお客様がいる、ということが
とても嬉しいということです!!

それを言いたいがために、こんなに長々と
書いてしまいました。でも、最近の
日本人の価値観は、若い人、年配の人に
限らず、「本物」「上質なもの」をappreciateする、
つまり評価する姿勢も、その力も
なくなってきたように思えてなりません。

経済状況が厳しいから節約、それは
多いに結構。でもappreciateする力を身につけるには
それなりの知識と経験、そして投資も必要です。

英語のappreciateという単語(動詞)の意味は
「評価する」の他に「真価を認める」
「鑑賞する」「感謝する」という意味があります。

身の回りのもの、是非appreciateしてください。
まずは「鑑賞して」しっかり「評価し」、
その「真価を認め」、「感謝する」。全て
appreciateです。

Dari Kはチョコの世界では新米ですが
appreciateされるチョコレートを作り続け
られるよう、今日もまた頑張ります。

Priceless

お店にいて嬉しい瞬間は多々あります。
例をあげると・・・

初めてDari Kに来たお客様にホットカカオを
試飲してもらった時、そのお客様が笑顔になった時。

「美味しいと聞いたので」と評判を聞きつけて
はるばるお越し頂いた時。

以前お買い上げ下さった方が「美味しかったので」と
言ってリピーターとして再び来てくださった時。

友人がわざわざお店を訪ねて来てくれた時。

東京新聞を見て電話でご注文頂いた方が、
商品をお召し上がりになった後に「とっても美味しかったよ」
とわざわざお電話下さった時。

ネットで注文して頂いた方から、「美味しかったので
またリピ(リピート)します」とメールを頂いた時。

どれも比べられないくらい嬉しいのですが、これらに
共通するのは「お客様」と「Dari K」の関係であるということ。

しかし最近、新しい喜びを感じるようになりました。
それはDari Kという場(空間)を通して、お客様同士が
お話している時です。

お越し頂いたことのある方はお分かりのとおり、
Dari Kの店内はけっこう狭いので(入り口の前のスペースは
割りと広いのですが)、店内は3~4人入るとあまり身動きが
取れなくなってしまいます。

一度に複数のお客様が見えた時、「狭くて申し訳ないな~」
といつも思うのですが、ホットカカオをお出しすると、
お互いたまたまDari Kに居合わせたお客様同士なのに
「美味しいですね~」って会話が始まることがあります。

また常連さんが店内にいる際に、他のお客様が入って来た時
常連さんはアイコンタクトで「新しいお客様を接客して」って
感じで外のベンチで待ってて下さったり、そうこうしているうちに
その常連さんと新しいお客様同士でお話されていたり、
常連さん同士がお話していたり。

これってカフェとかバーとかなら、なくもないシーンなの
でしょうが、特にカウンターがあるわけでもないDari Kで
これが起こるなんて、なんかすごいです!
ちょっと外国っぽいなぁって思います。海外ではそういう
光景をたまに見かけますが、日本でもこうやってその場に
居合わせた方同士が話するって、Coolじゃないですか!?

今日はそんな場面が何度かあり、とっても嬉しくなりました。

嬉しさといえば、もう一つ。ホームページをご覧になって
ご来店される方は以前から少なからずおりましたが、
ブログもご覧下さっている方にご来店いただくことも
多くなってきました。

「ホームページやブログもやっているのでお時間あれば
ご覧下さい」って言うと、「両方見てますよ!」って
お答え頂くことがあります。

自分から「見てください」って言ってるのに、
いざ「見てます!」って言われるとなんともいわれのない
恥ずかしさがこみ上げてきますね。
なんていうんでしょ、「こっぱずかしい」っていうのは
まさにこのことなんでしょうね。

このブログをはじめたのが5月19日なので、まだ一ヶ月も
経っていないですが、多くの方に読んでもらえるのは
すごく嬉しいです。今日もリピーターのお客様が
お友達を連れて来てくださったのですが、ブログで
私が世界旅行をしていたことを以前書いたので、
旅の話で盛り上がりました。

こうしてみると、クレジットカードのCMではないですが、

ボリュームアップして再登場のブラウニー 315円

世界最大のカシューナッツ 350円。

新作含め8種類全て入ったチョコ8個木箱入り 2500円。

お客様との出会い priceless。

そして
Dari Kの可能性 endless。
な気がしてきました。

これからもブログを通して色々な想いを綴って
いくので、Dari Kの店舗ともどもたまに覘いて
下さい!

騙される脳

こんばんは、上川隆也に似ているとたまに言われる
Dari K店主です。雰囲気はあんなに渋くはないですが、
顔が似ているとはたまに言われます。

これまで猿岩石の今テレビに出てないほう、と
言われたり、サッカーの前園に似てると言われたり
してきましたが、ここ1~2年は上川隆也が多いです。

でも一時期、いっこく堂に似ていると言われ
ものまねをしたらウケルからと必死に練習していた
時期があります。でも、ですよ。いっこく堂の
マネって要は腹話術ですからね。
それが出来るんだったら、いっこく堂のマネではなく
腹話術師になってますから(笑) 残念!←波田陽区風に。

ところで数日前に、お店によく来て頂く常連さん
(飲み屋ではなくチョコレート屋の常連とはまた乙ですね)
からある本を借りました。そのタイトルは
「騙される脳 ~ブームはこうして発生する~」
そして著者は米山公啓という医学博士です。

難しいのか読みやすいのか、タイトルだけでは判断
しにくい本ですが、書いてある内容は結構シンプルです。
思い切って要約させてもらえば、次のように
なります。

「脳はドーパミンが出た時に幸福や快感を覚える。
そのドーパミンを出すには3つの要素があり、それは
『新しいことを』『自分で』『予測してやる』ことだ。
これによりドーパミンが出て幸福を感じると、今度は
他人にそれを「自慢」したくなり、それが広がることが
クチコミの正体だ」 

これは30~34ページに書いてあったのですが、
言いたいことはこれで、本全体を通して色々な具体例を
挙げながら、このことを裏付けるという構成でした。

もし自分がたまたまこの本を本屋で見つけて立ち読みしたら、
「ふ~ん」で終わっていた可能性が高いです。
でもDari Kを愛してくれる常連さんがなぜこの本を
私に貸してくれたのか、それを読み終わった後に
何度も何度も考えました。

そして私の解釈はこうです。
本の中に「日本人がもともと特段の価値を見出さなかった
ニセコや軽井沢は、外国人がその価値を見出して開発し、
それが日本人にも伝わることになった。同じように
アメリカのグランドキャニオンも発見した先住民に
とっては単なる不毛の土地だったが、それを新しく
発見した外部者がその価値を広げ観光地にした」
というような記述がありました。

これを自分のやってきたことに当てはめると、
これまで日本に殆ど輸出してこなかったインドネシア産の
カカオ豆の価値とポテンシャルを私は見出した。
現地インドネシアの人でさえ、インドネシア産の
カカオは市場価格より20%ほどディスカウント、つまり
質がよくないとされていると認識しているのに、
私はそれを価値があると考え(発酵させればの話ですが)、
アクションを起こした。

これから私がやることは「ブームを起こすこと」です。
そしてブームを起こすには、クチコミを広げる必要があり、
クチコミを誘うには、消費者に「新しい」チョコレートを
「自ら」食べてもらうことで提供し、それが価格から
「予想される」味どおり、もしくはそれ以上の美味しさを
感じてもらうことが必要だということです。

カカオ豆の焙煎からチョコを作るという目新しさは
ずば抜けています。あとはいかに多くの人に実際に
買って食べてもらうか、ここにかかっています。

実は・・・Dari Kのお客様のおそらく4人に1人は
リピーターです。そして残りの3人のうち1人は
友人・知人・行きつけのレストラン・行きつけの歯医者さん!から
聞いて来たという方で、偶然店の前を通りかかって
入ったお客さんは今のところ2人に1人なんです。

これが意味することは何か?
リピーター率の高さと、クチコミは着実に広がっています。
つまり、いい流れには乗っている、ということです。
あとは、この体験がどんどん広がっていくように
商品はもちろん、店のレイアウトや入りやすさ、
Dari Kでしか味わえない経験を作り続けていくことです。

本の最後はこう締めくくられていました。
「自分の行動が本当に自分の価値判断で
やっているのか、さらにそれが他人の意見に影響を
受けずに、自分の本当の楽しみになっているのか
考えてみましょう。自分の中に『自分ブランド』
を見つけるのです。そうすれば、ストレスなく、
人生を謳歌できるでしょう」

深いですね。一見「なるほど」と思いますが、
やりたいことでメシを食えるほど世の中甘くも
ありません。それにストレスがないと、張り合いも
なくなってしまいます。それでもこの本を読んで
励まされたのは「自分ブランド」を作る大切さです。
Dari Kは幾層にも連なる考えから出来た私の人生を
かけたプロジェクト。Dari Kブランドを確立するには
まずは自分の価値判断がブレないように、先を見つめて
歩んでいかねば、と再び気を引き締めました。

常連のSさん、本貸してくださってありがとうございました!





新作発表

今日からDari Kのチョコレートのラインアップに
2つの新しいフレーバーが加わりました。

その名もJeruk(ジュルック)とKaramel(カラメル)です。

下の写真をご覧下さい。


Jeruk

インドネシア語でオレンジを意味するJerukは、
ジューシーなオレンジの果肉をたっぷりチョコレートの
中に練りこんだ、と~っても爽やかなトリュフになって
います。試作の段階では、オレンジ・リキュールを
使用したものなども作っていましたが、お子様でも
お酒の苦手な方にも召し上がって頂けるよう、
完成品はノン・アルコールになりました。
後味がさっぱりなDari Kのチョコにさらに
清涼感が加わった一品です。



Karamel

他方、こちらのKaramelは文字通りキャラメルです。
とろ~り濃厚なキャラメルを、チョコをくぼませた所に
流し込み、ほんのりアクセントのロースト・アーモンドを
トッピング。キャラメルは本来味の主張が強いので、
ガナッシュ(チョコ)に練りこむとカカオの味を消してしまう
ことが試作の段階で判明。

やっぱりローストしたての極上カカオ豆を使うからには
それは避けたい、ということで試作を重ね、試行錯誤の結果
チョコとキャラメルを別々にすることにしました。
こうすることで、口の中で初めてキャラメルとカカオが
出会うので、キャラメルがカカオの風味を消してしまうことなく
むしろ互いを引き立てあう結果になったのです!

是非この2つの新作をお試し下さい!
価格はどちらも315円です!

英語について思うこと

京都という土地柄か、外国人の方もたまにDari Kに
お越し頂きます。ただ彼らは観光客ではなく、
もう京都に何年、あるいは何十年と住んでいる方が
多いようです。

Dari Kのある三条会商店街は寺町商店街や新京極、
錦市場と違ってやはり地元の方がほとんどですからね。
でもこの雰囲気、とっても好きです!

で、今日は何を思ったかというと、外国人の方が
お店に来られたとき、はじめは日本語で「いらっしゃいませ」
と言ってみるのですが、あまり日本語が得意では
ない方の場合、私の方から英語で話しかけると
すごく会話がはずんだりします。

そんな時、もし英語が話せなかったらこんな素敵な
出会いも逃してしまったかもしれない、と思うと
英語ってとても重要だなぁとつくづく思います。

振り返ってみると、私は留学経験があるものの
英語という言語の習得に限って言えば、留学は
あまり関係ないというのが私の持論であり、
経験論でもあります。

自身が帰国子女でも、マンツーマンのネイティブの語学学校に
通っていたわけでもないですし、高い教材を使用していた
わけでもありません。ただ地道にラジオ英会話を聞いて、
貧乏学生がメシ代をケチって高い英字新聞を買って
辞書を片手に読んで、ってそれを根気良く続けた成果と
あとはバックパックで世界を放浪し、安宿で出会った
暇でしょうがない(でも個性的で面白い)外国人と
話していたのが英語が話せるようになった要因ですかね。

留学の良さ(目的)は、海外で新しい友人と、新しい経験が
出来ることであって、英語が話せるようになると
期待して渡航しても、結局たいして英語なんてできるように
ならないんですよね。英語がある程度
話せるようになってから行くからこそ、留学生活が
充実するというもので。

話を戻して、私が英語を真剣に学びだしたのは
高校1年生の時でした。あの時、高校の修学旅行で
当時としては珍しい海外はシンガポールに行きました。
現地の高校生と交流をする場が設けられていて、
せっかく相手が話しかけてくれているのに自分は何も
答えられず(3年間も中学で英語を学んでいるのに!)、
こりゃしょうがないな・・・と思って自分で勉強することに
したのです。

そんな折、小学校の時から通っていた栃木県の地元の
開倫塾(北関東随一の規模の学習塾)の塾長である
林明夫氏と話す機会があり、英字新聞を繰り返し
音読する学習方法を教えて頂きました。

高校生の自分には到底無理だと思っていましたが、
海外のフォーラムやシンポジウムで情報を常に
仕入れてきている林氏の仰ることだから、ということで
がむしゃらに従いました。

その結果、継続は力なりとはよく言ったもので、
辞書片手に続けていたら本当に使える単語を
どんどん覚えることが出来、英語力が格段に
アップしました。

その時は辛くても、やっぱり続けることに意義が
あるんですね。とはいえ、価値を見出せないことを
続けることほど虚しい気持ちになることもないので、
まずは自分の価値観をしっかり持ち、ゴールに
向かってコツコツ頑張っていくしかないと
こうして今ブログを書きながら改めて感じました。

私の英語は、学校で習ったアメリカ英語ではなく、
最後に留学したイギリス英語でもなく、学部時代に
交換留学で行ったシンガポール訛りの英語ですが、
それでも十分です。どうせ日本語だって、栃木訛り
なのですから。

「ごめんね、ごめんね~♪ 」
あれ、このオチ分かってもらえてるんでしょうか!?
(U字工事のマネです、栃木つながりで)

ちなみに、私はネイティブの英会話学校などには
通いませんでしたが(ってか地元には少なくとも当時は
なかったと思います)、京都には英会話スクールって
沢山ありますね。とても綺麗な発音の英会話スクールを
知っているのでご興味ある方はご紹介致します!
もちろん、北関東の生徒さんは開倫塾、オススメです!

ショコラ・ソムリエ

ソムリエと聞くとワインを連想しますが(そもそもソムリエとは
ワインの専門家でレストランで客のワイン選びの手助けをする
給仕人のことなので当然ですが)、チョコレートにも
ソムリエのような存在の方がおります。

ただワインのソムリエは色んな協会があって資格として認定試験に
合格しなければならず、また本場フランスでは国家資格で
あるようですが(Wikiによる)、チョコの場合はそういう資格は
ないので、公的なものではなく、私的な呼び名となります。

しかし、です。誰でも資格なしで自称できる肩書きというのは
簡単といえば簡単ですが、試験に受かってさえいれば堂々と
名乗り続けられる公的なものとは違い、自分で言うからには
それ相応の知識とプライド、それに常に進化し続ける
チョコレート業界を常にウォッチしていく姿勢が不可欠で、
かえって公的なものよりハードルが高いかもしれません。

私はカカオのこと、スラウェシのカカオ事情、カカオ豆の
ローストの仕方やチョコレート製造まで一通りのことは理解
しているつもりです。ただ、既に出来上がっている他社の
チョコをどれだけ知っているかというと、そもそも他社は
クーベルチュール(製菓用チョコレート)を使って
いるから味の広がりといっても限界があると分かっているので、
日常的に他社の製品を追いかけているわけではありません。

そんな中、チョコレート・ソムリエの橘かなさんのブログは
私がチョコに興味を持っていたときにネットで見つけて以来
大変参考にしているサイトです。Dari Kにもオープン早々
お越し頂き、かなさんの感想を聞いて参考にさせて頂きました。
橘かなさんのブログ(Dari K訪問時のエントリー)はこちらをどうぞ。

また橘かなさんには、フランスはパリでコートジボワールの
フェアトレード・カカオを使用したチョコレートショップの
立ち上げに奮闘されている近藤さんをご紹介頂き、カカオの
生産者に目を向けた同じスタンスの同胞がいることを教えて頂き、
近藤さんと情報交換の機会を設けて頂きました。
近藤さんのブログはこちらをどうぞ。

私はもちろん、チョコレートがお好きな方で知識を増やしたい、
あるいは色々なチョコレートの存在を知りたい方は
是非チェックしてみてください!ちょうど6月25日、26日には
東京でチョコの講座を開くそうですので(Dari Kのカカオ豆を
ご提供致します)、ご都合がつけば受講されてみては
いかがでしょうか?

以上、ご案内でした~。





バースデー・ケーキ

Dari Kではチョコレートだけでなく、ホット・カカオ
ドリンク用のチョコレートや焼き菓子なども手掛けております。
今回は密かに人気を集めつつあるバースデー・ケーキの
ご案内です。

お店に来て頂いた方はお分かりのとおり、ショーケースは
チョコレートで埋め尽くされてしまっています。
なので飾るスペースは無いものの、お客様のご注文に応じて
バースデー・ケーキを実はオーダー・メードで作っているんです!

甘いケーキはちょっと・・・とか、チョコレート・ケーキと
いいながら市販のケーキはスポンジが茶色なだけで
チョコの味が薄すぎる・・・と思っているアナタ!

是非Dari Kのチョコレート・ケーキはいかがですか?
一つ一つパティシエがお客様だけのために作るので
例えば生クリームの変わりにキャラメル・クリームにして!
とか、生地はしっとり柔らかめがいい、とか
ずっしり食べ応えがあるのがいい、などリクエストに
お応えします!


s-CIMG4295.jpg


s-CIMG4296.jpg


とにかく濃厚(なのに後味あっさり)なチョコレートを
ふんだんに使用しているので、もうほっぺた落ちること間違いなし☆

上の写真のような感じで、もちろんメッセージも入れられるので
お誕生日はもちろん、ちょっとしたお祝いや手土産にもどうぞ☆
お値段は3,000円です。予約制になるので、お受け取り希望日の
5日前までにご連絡下さい。
お電話075-803-6456でも承っております。



ビューティー・コンテスト

ここ1~2週間、新しいフレーバーの試作を
繰り返してきました。幸いなことにアイデア自体は
沢山浮かんでくるので、ショコラティエと共に
順番に試しています。

Dari Kの真骨頂は、「濃厚なのに後味すっきり」
という口の中のコントラスト。つまり焙煎したての
カカオ豆を使うことによって濃厚で薫り高きアロマが
口いっぱいに広がる一方で、カカオバターや植物油脂など
油分を追加しないため、口まとわりつくような
しつこさがないということ。

だから、何かを混ぜることでこのコントラストの邪魔を
して欲しくないし、カカオの味が感じられなく
なるほどフレーバーが主張するのは避けたいのです。

リキュールを入れることで味を変えるのは簡単ですが
それをしてしまったらカカオの豆からこだわっている
意義が薄れてしまうし、せっかくしっかり発酵した
カカオ豆の良さを打ち消してしまうことにもなりかねません。

だからやっぱり新しいフレーバーは今の6種類の
フレーバーと同等かそれ以上のクオリティないし
完成度でないと納得できないし、フレーバーの数を
増やすことに執着するあまり、味のハードルを
下げてまで追加することはありません!

それで肝心の試作の進捗ですが、完成まで
あと一歩のものが出来上がっております。
味はほぼ決まったので、あとは2~3日置いてみて
味の変化や劣化がないか最終チェックして
デビューとなりそうです。

最終的に味というのは客観的に点数や順位を
つけることは出来ないんですよね。そんな中で
どのような商品を作っていくべきかと考えることは
経済学者ケインズのいう「Beauty contest」つまり
「美人投票」の理論みたいになってきがちです。

これは、100枚の写真の中から最も美人だと思う人に投票し、
最多の票を獲得した女性に投票した人に賞品が送られるという
イベントがあったときに、人は自分の好みによって
一番の美人を選ぶのではなく、他の人が選びそうな
平均的な美人を選ぶということを例にとった金融市場の
投資の考え方の一つです。

つまり、どの株に投資すべきか考えるときに、
自分が一番魅力的だと思う株に投票するよりも、
最も多くの人(他人)が魅力的だと思う株に
投資した方が(その株の需要が多いということだから)
値上がりが期待できるので、そのような
株に投資するやり方です。

話を戻して、フレーバーの新作を考えるときにも
生産者・製造者のひとりよがりはよくないと思うのです。
いくら自分が完璧だと思ってある商品をつくり上げても、
それが消費者のニーズやウォンツに適合しなければ
それは単にマーケティングの失敗のみならず
せっかくの努力が実らないことになってしまいます。

ですからDari Kではちゃんと美人投票をしています。
それこそ私が何十もアイデアを出して各フレーバーの候補とし
この中でお客様が最も美味しいと感じてもらえそうな
ものはどれか、ということを同時に考えます。

ただ、チョコレートの世界は金融とは違います。
美人投票の理論だけでは割り切れない部分もあると思うんです。
例えばあるフレーバーはもしかすると万人受けしないかも
しれません。でもそれは多くの人がそのフレーバーの
奥深さや可能性をまだ理解できていないからであって
もし一度知って頂くと、その魅力が分かってもらえるかも
しれないのです。

幸か不幸か私は菓子職人やショコラティエではありません。
だからこそ、パティシエにとっては奇抜すぎて、そもそも
試作することもなく「ボツ」として普通は試してもらえない
ようなアイデアでも、うちの優秀なショコラティエに
とりあえず作ってもらいます。そして、出来上がったものを
先入観を除いて味わってみるのです。

Dari Kのビューティー・コンテストは始まったばかり。
ケインズの言うようにオーソドックスに好まれるものを
探してばかりいると、ひょっとしたらダークホースに
足をすくわれるかもかもしれませんよ!そうならないためにも
今後新作が出てきた際には是非ご自分の舌でご確認下さい☆








プロフィール

Dari K

Author:Dari K
Dari Kの経営者です
宜しくお願いします!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。