スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エルピーダ更正法申請

エルピーダのことから、会社更生法と
民事再生法の違いについて、そこから
東南アジアの経済情勢と日本の現状・今後について
さらにはDari Kの展望まで、1時間以上かけて
渾身のエントリーを書いたのに消えてしまいました。

意気消沈とはこのことです。。。

スポンサーサイト

マインドセット

【ご案内】
幕末より京都は四条川端でお茶屋として、
また大正時代からは祇園で料亭を営む「津田楼」さんと
コラボレーションして「ドイツワインとDari Kのチョコレート」を
津田楼さんでやっております。
美味しいワインと極上のチョコレートを
風情豊かな祇園の料亭で是非お試しください!!


さて、バレンタインが終わって1週間。
ようやく普通の生活に戻ってきました。

実際は取引先や色々な営業に来られる方、
取材希望の方などには「バレンタインまでは忙しいので
それまで待っていてください」と言っていたので
バレンタイン後の1週間もかなり慌しかったですが
それもようやく落ち着いてきました。

店内には、しばらくお休みしていたクエカカオも
キャラメルカシューナッツも並び、再び充実した
ラインナップになっております!

さて、久しぶりにマーケットに目をやると
現在22日のお昼の時点でドル円が80円台、
ユーロ円が105円、そして日経平均は9,500円を回復ですね。

しばらくマーケットから目を離していたので
良くは分かりませんが、日米金利差拡大や
白川日銀総裁の追加緩和発言もあるのでしょうが
実際はファンダメンタル的なものよりもむしろ
テクニカルに上げやすい環境なのかもしれません。

以前金融業界でアナリストをしていたお陰で、
経済の話から業界の話までどの産業の人とも
ビジネスの話を出来るのが今の私の財産ですが、
もうひとつ大変重宝していることがあります。

それは思考の中で「次の次を考える」習慣です。
どういうことかというと、普通職場で上司に
「今日はこれとこれをやっておいて」とか、要は
仕事のTo doリスト(やることリスト)を言われたり
渡されて、それをこなすことがその日の仕事になったり
している人も多いと思うので、それを思い浮かべてください。

この場合、言われた仕事を終わらせることしか
その社員の頭にはなくなってしまいがちです。
終わらせれば任務完了、でもそれって
単に「仕事をこなした」に過ぎません。

じゃあその仕事のクオリティは?となった場合、
高いか低いかはまた別問題。となると、
指示する側(上司)は、「今日はこれとこれを
○○のクオリティでやっておいて」ときちんと
言わなければなりません。すごく精緻にやらなければ
ならないのか、そこまで手をかけずにやるべきなのか。

でもこれで終わりではありません。クオリティが
担保されたとしても、それにかける時間が
「今日はこれをしておいて」だと、その日の労働時間
全てを使ってよいことになってしまいます。

それがたとえ簡単な仕事だとしても、依頼された側に
とっては早く終わらせるインセンティブやモチベーションが
芽生えにくいですし、時間のかかる仕事だと残業になるので
これまた士気が上がりません。

となると、結局「今日はこれとこれを、このクオリティで
○○時間で終わらせて」と指示しなければならなくなります。

おいおい。。。ですね。
ここまで上司が考えていちいち指示してたら、
貴重な上司の時間がなくなってしまうのは自明。

だから社員ひとりひとりが、自分で考え、
与えられたタスクはどのクオリティでどれくらいの時間を
かけて終わらせるのかを常に意識していなければなりません。

またタスクを与えられる前に自分で潜在的なタスクを
探しながら仕事をしていくことも大事です。

あー、今日はお客さん少ないな、だからゆっくり仕事ができる!
なんて考えている人や、そんな人が働いている会社は
潰れるか、少なくとも成長はしないと思います。

お客さんが少ないな、時間があるってことはチャンスだ。
この前思いついた新製品のアイデアを形にしてみようとか、
もっと効率的に製造できるように今のうちに
什器の配置を変えておこう、そんな風に社員一人ひとりが
思えなくてはなりません。

こういうマインドセットを持つのは簡単ではありませんが
一度身についてしまうと、あとは生産性がものすごく
上がります。そして社員同士、お互いを信頼できるし、
プロフェッショナルとしての自覚も芽生えると思います。

でもこのマインドセットを社員に持ってもらうには、
そもそもトップがその企業の向かう先の明確なイメージを
持っていなければなりませんし、それを社員に
シェアして、ビジョンを共有しなければなりません。

「理解」があって、「共感」して、そして「自分で考えて
行動する」。だから時間も労力も無駄にしない。残るのは
結果と達成感。これはトップだけが優秀でも、従業員だけが
しっかりしていてもダメですね。また極端に言えば
一人でもこのマインドセットを持てない人がいたら
その組織はかなりアウトです。

これは業界を問わず、また企業規模を問わずに
重要なことだと思っています。ややもすると
パティシエはケーキを作る人、ショコラティエはチョコレートの
製造だけしていればいいんでしょ、というようなメンタリティで
働く人が少なくない製菓業界。

Dari Kはオープンキッチンなので、ショコラティエと
お客様の間に壁はありません。
お客様の声を聴き、それを励みにしたり刺激にして
より美味しく、より感動を届けられる製品作りに
反映できる環境がそこにはあります。

次の次を見据えたDari Kがどんなアクションを
起こしていくか、どうぞ楽しみにしていてください!


*働きすぎはいけません。
ワークライフバランス、大事にしてください。
仕事で疲れた時にはDari Kのチョコを、
プライベートでリラックスしたいときにも
Dari Kのチョコをどうぞ(笑



人生初

バレンタインが終わりました。
2月にはいってからのこの2週間、いや昨年のクリスマスが
終わってからこの約50日間、駆け抜けました。

こんなに身体を使ったのも、こんなに頭を使ったのも、
生まれて初めてでした。

Dari Kにとっては初めてのバレンタイン。
1つの百貨店に出店するのも大変なのに、
今回は伊勢丹、高島屋、大丸、近鉄、阪急キッチンエールと
関西の百貨店には軒並み出たからもう大変でした。

大きなイベントには想定外の出来事はつきもの。
それでもパニックにならず冷静に一つずつ判断できたのは
自分で自分を褒めてあげたいくらい。

でも今日はそんなことよりも皆さんに知ってもらいたいことが
あります。

それは、Dari Kは最高のメンバーに恵まれているということ。
当たり前と言われればそれまでですが、初めてのバレンタインを
こうして乗り切れたのも、このメンバーのお陰です。

Dari Kのチョコが他のチョコと異なる点は多々ありますが
そのひとつは何といってもフレッシュさ。
フレッシュなカカオをフレッシュな状態でチョコレートに
するから味も香りも格別です。Dari Kにとってこれは最大の
アピールポイント。

しかし、この最大のアピールポイントは、裏を返せば
最大のウィークポイントでもあります。
つまり、フレッシュさと表裏一体にあるのが賞味期限の短さ。

賞味期限が短いというのは販売面からしたら在庫管理が難しく、
廃棄リスクも高いということであり、製造面からしたら
作り置きができないという生産キャパの上限を意味します。

百貨店でも、多くのブランドのチョコレートの賞味期限が
2-3ヶ月とか、短くても1ヶ月とかなっている中、
Dari Kのは1週間のみ。2月7日以前にお買い上げ頂いたら
バレンタインまで持たないという現実。これは取りも直さず
お客様の購買意欲を削ぐことになりかねません。
(ああ、なんと商売に不向きなチョコレート!)

それでも尚、こうしてDari Kがフレッシュさにこだわるのは
フレッシュだからこそ醸しだすあのアロマがあるからなんです。
そしてこのチョコレートを作るために、連日連夜
製造にあたるショコラティエ達。

チョコレートはカカオ豆から出来ると頭では知っていても
まさか自分でカカオ豆から作るなんてDari K入社前は
思いもしなかったであろうショコラティエたちは今、
多くの作業工程を自分の手でこなしながら作っています。

私はカカオ農園に行っているし、農家の人たちと話したし、
スラウェシ島のこともカカオのことも、商品相場のことも
分かっているからモチベーションは高いですが、
ショコラティエにとってそれらの情報は私からの
又聞きでしかない。

それでも、私と同じくらいの情熱をもって、美味しい
チョコレートのために、スラウェシのカカオ農家のために、
作りおきのできない尋常でないほど手のかかるチョコレートを
カカオ豆から作ってくれる。

そこには、若いながらも職人としての技を磨く気質と
自分の作品(チョコレート)を通して人々へ感動を
与えたいという情熱、そして生産者の現状を理解して
食材のもつ可能性を追求する向上心があります。

自分より若い彼ら・彼女らと一緒に仕事をする中で
私は多くを学ばせてもらっており、またこのチームで
バレンタイン商戦に臨むことができて本当に良かったと
思います。

そして今回、このブログで感謝の意を表したい人たちがまだいます。
それはDari Kの販売スタッフ。

Dari Kの味とストーリーに共感したからお手伝いさせて
下さいと昨年末から販売員として活躍してくれている方、
今年初めから多大なる貢献をしてくれている接客担当の社員、
そして今回の百貨店バレンタイン催事出店で力を貸してくださった
販売員の皆様。

いくら私やショコラティエが心を込めて愛情込めて
チョコレートを作っても、それが相手に、お客様に伝わるか
どうかはまた別問題。

Dari Kのチョコレートは食べてみれば味の違いは
瞭然ですが、食べたことのない人にそれを伝えるのは
至難の技。

百貨店を回っていて、どこの販売員さんも試食配りと
レジ打ちに必死になっている中、Dari Kの販売員は
一生懸命カカオ豆の焙煎からチョコを作る意義を
語りかけてました。他のメーカーと違って試食も
ないDari Kにとって、販売員の仕事は決して楽ではありません。

なぜ試食がないのか、なぜインドネシアのカカオ豆に
こだわるのか、カカオ豆の自家焙煎の意義、Dari Kの
取り組み、全てを理解しないとDari Kの販売員は
務まりません。

ましてや前回のブログに書いたとおり、日本の消費者は
ブランド名やパッケージでチョコを選びがち。
そんなお客様が趨勢の中、私やショコラティエの
想いを伝えるべく、目を輝かせて販売してくれた
彼女たちに私は本当に感謝しています。


インドネシアのカカオ農家を幸せにするのがDari Kの
ビジョンの一つ。でもそのゴールのために身近にいる
スタッフの幸せを考えられないようにはなりたくない。

まずはショコラティエも、販売員も、そしてお客様も
Dari Kの身近な人から幸せにしたいし、その先に
インドネシアのカカオ農家があるんです。

でも忙しくなったり、慌しくなると私の器が小さいからか
身近な人にほど厳しく当たってしまう。
強い口調で言ってしまいながら「あ~、もっと言葉を
選ぶべきだ」と反省してはいるけど、
でもそれを分かってくれて、汲んでくれて、
それでベストを尽くしてくれたDari Kのショコラティエ、
販売員、百貨店での販売スタッフ、すべての方に感謝してます。

みんな最高です!
だからバレンタイン終了後の感謝をはじめに表したいのは
あなた達なんです。

My special thanks goes to the chocolatier and the
sales staff of Dari K. You rock! We rock!!

チョコレートの祭典

いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。
そして最近チョコレートの生産のために
本来ならばこのブログで発信していきたいことが
沢山あるのに、なかなか書けずにとっても残念です。

今日もまたこれから仕込み。
折角ご予約頂いているお客様が大勢いらっしゃるので
そりゃもうとびきりフレッシュなチョコレートを
お届けするため日夜奔走しています。

さて、百貨店にも出店しているので
直接チョコレートを持っていったり、
販売員さんに話を聞くために毎日会場に足を
運んでいるのですが、チョコレート大好きな
アメリカ人(在京都)の友人から先日メールが来ました。

百貨店の催事場でのバレンタインフェアを訪れた彼は、世界各国から有名ブランドがこぞって出店し、
それに群がるように女性が買い物をしている光景に驚いたといいます。

ただその驚きは、催事場の華やかさだけでないようで、違和感も同時に覚えたといいます。
というのは、ほとんど全ての出店しているチョコレート・メーカーが
どこの産地のカカオ豆を使い、カカオ分がどれくらいで
味の特徴がどうかを記載もしていなければ
販売員が説明をしているわけでもない。

ショーケースに綺麗に並べられたチョコと
そのラッピングを、「どうだ、美しいだろう」と
言わんばかりにアピールしている各ブランド。

そしてその見た目の華やかさとブランド名につられて
商品を選ぶ客。

彼は、そんな光景をみて、「そのチョコが美味しいかどうか、
自分の好みにあうか、渡す相手の好みに合う味かを
日本人は考えないの?見た目で判断するの?
せっかくこんなに多くのブランドが集まっているのに、
そのチョコの原料のこだわりやカカオ豆の産地、
チョコレートの味の特徴をちゃんと全面に出しているのは
Dari Kくらいだったよ」というメールをくれました。

言われてみればその通りかもしれません。
意識的にみてみるとチョコのこだわりがつぶさに見えないブランドが多い気がします。

カカオ豆の焙煎からやるから良いとか偉いとか
そういうのではなく、たとえクーベルチュール(製菓用
チョコレート)を使用していたとしてもどのような
クーベルチュールを使用しているのか、どういう
味に仕上げているのか、その辺のことを
各ブランドは本来であれば明確にすべきだし、
明確にしないのは明確にするほど工夫をしていないか、
あるいは日本人はパッケージや見た目で判断するから
その説明は不要と思われてるのでしょうか。

表示ラベルをみると、製造者ではなく
販売者となっているところも多いのが実情。
つまり、自分のところでチョコを作っているのではなく、
自分のブランド名でOEM(他社に作ってもらう)に出している
ところも多いんです。そうなると、こだわりとか
その辺も薄らぐのは免れない事実。

結局何が言いたいかというと、Dari Kは
チョコレートメーカーとして、そして豆の焙煎から
手がけるものとして、飾らないけどやるべき仕事を
しっかりやるべきだし、実際にやっている。
そしてそれを分かってくださるお客さんがいて
このことが嬉しいということです。

着実に一歩ずつ、量産はできないけれど
この味を多くの人に知っていただき、これが縁で
チョコのこと、インドネシアのこと、食べ物のこと、
世界のこと、経済のこと、いろいろ考えるきっかけに
なればと願っています。

でもこんなに考えなきゃならなくなるチョコは
小さくても重たいですね(笑)。まあ本当のカカオの美味しさを
分かって頂ければまずは十分良いのです!
今始発列車で大阪へ向かっています。
作りたてのチョコレートが召し上がっていただく人に
笑顔をもたらしますように。








本日2月7日(火)TV&ラジオに出ます

最近百貨店や店舗でDari Kのチョコレートをご購入
頂いたからからの感想をメールで頂くことが
とても多くなっています。

原料の輸入からコンテナで自分で手がけたり、豆の焙煎から
チョコレート製造の手間ひまを考えたら、製造側から見れば
今の価格はほとんど利益がないような価格にしておりますが
お客様側からすればチョコレートとして決して安くはない
お値段だということもまた認識しております。

ですので、お客様側からすれば美味しくて当たり前、と
思っておられる方もおそらく多く、実際にDari Kの
チョコレートをお召し上がりいただいて「美味しい」と思っても、
それで普通は終わりだと思います。要は「想定どおり美味しかった」
ということですね。

しかし、わざわざ感想・感動をお伝えして下さるお客様が
沢山いらっしゃるということは、想定以上の味なり感動を
与えることができたということです。また、そのように
わざわざメールを下さる手間を惜しまない、とっても素敵な
お客様に恵まれたということでもあります。

このようなメールやメッセージを頂いた時、私はいつもDari K
スタッフ全員に伝えます。喜びは皆で分かち合いたいし、それが
ショコラティエや販売スタッフのモチベーションにも
なるからです。

そして、味はもちろん、Dari Kのもう一つのストーリー
(インドネシアへのフェアトレードの新しい挑戦)に共感いただくと、
それはまたとても励みになります。

今後ともカカオ農家が育てたカカオを大事に加工し、美味しい
チョコレート作りに励んでまいりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

さて、今日はお知らせがあります。
本日2月7日(火)はメディア露出の日となる予定です。
誕生日を1ヵ月後に控え、神様からちょっと早めのバースデー
プレゼントなのでしょうか。下記詳細です。

2月7日(火):読売テレビ(近畿2府4県)
かんさい情報ネット ten! 午後4時47分~7時00分 生放送
番組内コーナー「こっそり教えて!○担ランキング」にてバレンタインでの
オススメ商品として伊勢丹三越バイヤー推薦で紹介される予定です

2月7日(火):ラジオKBS「森谷威夫のお世話になります」
12:35~生放送 リポーターがDari Kに来てインタビューして頂きます

もしお時間があれば是非ご覧下さい!

ちなみに、内閣府のHPの国際交流のページに載りました。
こちらの2人目です。
このDari Kをはじめるきっかけにもなった国際交流のプログラムなので
対象者(18~30才)の方は応募を検討してみてはどうでしょう?


*お取り寄せサイトにてまた若干だけお取り寄せできるようにしました。
購入ボタンが出ない場合は品切れですので何卒ご了承願います。
また大変申し訳ございませんがお日にちの指定は出来かねますので
備考欄に希望日を書かないで下さい!(時間帯指定は可能です)
通常、2~3日でお届け致します。

百貨店に行きます

2月1日からどこの百貨店もバレンタイン特設会場を
設け、国内・海外から多くのブランドで華やいだ
雰囲気を醸しています。

クリスマスもバレンタインも、なんだか良く分からないけど
テンションあがりますね。寒い季節のイベントは
特に心を温めてくれるのでいいですね!

久しぶりのブログなので、まずは最新の
アップデートを。バレンタイン直前ということもあり
色々なメディアから取材を受けました。
こんなに多くの雑誌に取り上げて下さって
光栄です!

ss-料理通信


ss-GLOW.jpg


ss-elle a table


ss-SAVVY 2012 3



さて、初めてのバレンタインを迎えるDari Kは大忙し。
トリュフという繊細でフレッシュなチョコレートの形態をとる
Dari Kでは、作り置きができません。
(カカオ豆の自家焙煎からするほどフレッシュなのに
そもそも作り置きなんてしても仕方ないですし!)

しかも添加物はもちろん、カカオの味を
邪魔するものは、たとえカカオバターであっても
入れないので毎日が真剣勝負。
早朝から深夜まで常に作り続けています。

超長時間労働なので、とっても疲れるのは疲れるのですが
これにより得たものがあります。
それについてはバレンタインが終わったら
ゆっくり書きたいと思います。


実は私、2月1日から毎日、京都髙島屋も大阪三越伊勢丹も
神戸大丸も行っています。チョコレートがベストな状態か
確かめているのです。だって自分を含めショコラティエ一同が
深夜にまで及ぶ作業で作った技と努力の結晶だから。
機械に通せば完成する他のチョコとは違うから。

ただどの百貨店も営業時間中にはあまり行けていなく、
開店前に始発で(!)京都~大阪を移動したり、
最終電車で神戸~京都に戻ってきたり。

ちなみにDari Kは、そして私自身も含め、車がないので
移動は全て電車&徒歩です。まあバックパッカー歴長いので、
全然これでいいのです!

話を戻して、折角百貨店に行っているのだから
自分自身でお客様にDari Kをアピールしたいと
切に思っているもののなかなか叶いませんでした。

しかし!2月4日(土)、5日(日)はどの百貨店にも行って、
出来る限り売り場に立ちたいと思います。
なので、もしブログを見てくださっていたり
私を知っている方は気軽に声をかけて下さい!!

そしてそして、本当にもう多くの方に
お問い合わせ頂いているので、お取り寄せを
また限定個数ですが少しだけお出ししたいと思います。

今回は代引きのみで承ります。
その代わり、すぐに発送します。
日付指定はできませんが、その分すぐに届くという
メリットがあります!

多分これがバレンタイン前の最後のチャンスですので
食べてみたかった~という方は是非この機会にどうぞ!

バレンタイン、という名前を借りて、恋人や好きな人だけにではなく
日頃お世話になっている友達、会社の先輩・後輩、家族などにも
チョコレートを贈ってはいかがでしょうか。

お取り寄せはこちらからどうぞ。

それでは皆さん、よい週末を!!
Have a nice weekend =)






プロフィール

Dari K

Author:Dari K
Dari Kの経営者です
宜しくお願いします!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。