スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術&配送&グランヴィア

いよいよ昨日1月30日から各百貨店でのバレンタイン・フェアが
始まりました!

実はインドネシアから帰国後、蚊に刺されたと思って放っておいた
右足が腫れはじめ、1週間後には真っ赤に膨れ上がって
歩くのもままならない状況になって、病院に行くとすぐに切開手術。
それから今日で1週間ほど経ち、ようやく腫れもひいて痛みなく
歩けるようになりました。

大したことはないと思っても、海外から帰国したときに
異変を感じたら、すぐに病院へ行くべきでした。。。

さて、ここ数日多くのご予約を頂戴しており、
それと同時に配送についても聞かれますが、配送はごめんなさい、
できないんです。

理由は、Dari Kは小さなチョコレート屋なので、配送を
承っていると、梱包作業だけで1日が終わってしまって
肝心のチョコが作れない、そんなことになってしまうからです。

ただ、今回出店する百貨店の中で、Dari Kのチョコを
お取り寄せできるところがございます。

まだバレンタインは2週間後ですが、配送予約の
Dari Kのチョコは残りわずかとバイヤーから聞いております。
逆に言えばわずかは残っているということなので、
もし配送をご希望の方は是非オンラインで下記サイトを
チェックしてください!!

近鉄百貨店阪神百貨店です。

ちなみに大人気のカカオ酒だけは
Dari Kのお取り寄せサイトからもご購入いただけるように
しておりますので、お酒好きの方や、とおり一辺倒のチョコを
あげても喜んでもらえないつわもの男子にを驚かせたかったら
是非純米カカオ酒「神香」をどうぞ!!
京都新聞だけでなく、読売新聞、中日新聞、産経新聞にも
取り上げていただいており、知る人ぞ知るオトナのお酒ですよ!


そして今回はもうひとつお知らせがあります。
かねてから私はカカオをチョコだけでなく、他のフィールドにも
広げたいと申し上げてきまして、そのひとつがカカオ酒であったわけ
ですが、今回、このバレンタインであるコラボをすることに
なりました。

それは、かのホテルグランヴィア京都のフレンチレストラン
「ラ・フルール」の松勢シェフです!

カカオを使った料理とデザート(あえてデセールと呼ばせていただきましょうか!)
を松勢さんの想像&創造力でコースに仕立てて
いただいております。

詳細はこちらをご覧ください。

グランヴィア


しかもディナーコースにはDari Kのチョコのおみやげも
付いたり、私がカカオを料理に応用するとこんなことも
できるのか!と唸った「フォアグラ&カカオ」も出すそうです。
もちろんカカオ酒も!これはもう最高のバレンタインになりますね。
身体が二つあったら当日行きたいくらい!

明日から2月。
常にワクワクを忘れず頑張ります!



スポンサーサイト

純米カカオ酒「神香」①

今日は先日発売開始になった純米カカオ酒「神香(かかお)」
について、その誕生秘話などを交え、書いていきたいと思います。

DSCN0003.jpg

私が日本酒好きなのは、このブログでも何回か書いたと思いますが
「日本酒」の肴にはやっぱり刺身や焼き魚だと個人的には
思うんです。

チョコ&ウィスキーやチョコ&赤ワインは好きな組み合わせです。
ただ日本酒とチョコはどっちも大好きなのですが、
チョコを肴に日本酒を飲むのはなんかパッとしないというか。

かといって日本酒をチョコレートに入れるというのは
ありきたりで、しかも共に香りがいいものなので
やっぱりどちらかが犠牲になってしまうので
これまでチョコと日本酒はそれぞれ自分の中で
大好きなものとしてしまっておいていました。

しかし、チョコを作るときに、例えばかつて大人気だった
期間限定フレーバーのミント味を出したときに、
フレッシュなミントを生クリームにアンフュゼ(香りを移す)
していたときにふと思ったんです。

これまでチョコを作るのに、材料の香を移してきたけど、
逆にカカオの香を別のものに移したらどうだろう・・・と。

思い立ったら即行動。ということで、すぐに酒屋さんに行き、
ホワイトラムやワイン、日本酒などを買ってきて
早速試してみたんです。

するとどうでしょう。
色々なことが分かりました。

続きはまた今度!

ちなみに下記は「神香」の詳細です。
画像はクリックすると大きく表示できます。
プレスリリースや新聞記事もつけたので、
是非ご覧ください!!



純米カカオ酒「神香(かかお)」:
カカオの実をかたどったオリジナルガラス瓶・木箱入 
内容量360ml
アルコール度:18%

カカオの学名はテオブロマ・カカオ。
ギリシャ語で「神様の食べ物」を意味します。
一方、日本酒は昔からお祭りなどの神事で供えられるもので、
いわば「神様の飲み物」。そんなカカオと日本酒が京都の地で出会いました。

カカオ豆はDari Kがインドネシアの農家から調達。
自家焙煎してチョコレートを作るDari Kだからこそ
引き出すことの出来る優美なアロマと力強いフレーバー。

米は丹後で生まれた酒造好適米「祝(いわい)」。
天橋立を望む大江山麓(与謝娘酒造)と金剛童子山(竹野酒造)から
湧き出る良質な伏流水を仕込み水に、軟質で水分調整が
難しい祝米も、杜氏の経験と技量によって、ふくらみのある
爽やかな甘みへ。

自家焙煎カカオの香ばしくフルーティーな香りと、
純米酒が醸すふくよかな口当たり。既存の枠にとらわれず、
純粋に美味しいものを追求する京都のショコラティエと
杜氏が作り上げた「神香」は、十分に冷やして極上の香りを
お楽しみください。

【甘口と無糖について】
「神香」は甘口と無糖の2タイプあります。

甘口は普段日本酒やお酒をあまり飲まれない方や
女性の方でも飲みやく仕上げております。
そのままでしたらデザートワインのように
食後にお召し上がりになられてもよし。
また甘くないチョコと合わせて飲むのも
美味しいです。

一方で、無糖はカカオと日本酒それぞれが持つ甘みを
そのまま楽しんでいただけるようなつくりになっているので
日本酒やお酒そのものが好きな方に特におすすめ。
お料理と一緒に(和食だけでなく、フレンチやイタリアンにも
合いますよ)お召し上がりいただける他、
甘めのデザートと一緒に召し上がっていただくのも
おすすめです。

今日からインターネットでも販売できるように致しました。
*20歳未満の方はご注文いただけませんのでお気をつけくださいませ!






プレスリリース①


プレスリリース②


京都新聞記事

【バレンタイン】商品・新作・予約方法など

今年もいよいよバレンタインが近づいてまいりました。
Dari Kにとっては2回目のバレンタイン。
今の心境は、発表会を目前に控える人のよう。

自分たちがやれるだけのことはやった。
あとは本番を迎えるのみ、そんな気持ちです。

このまま下を読み進めていただけば分かりますが、
Dari Kは皆さんに多くのサプライズを用意しました!
このために昨年の夏からアイデアを練り、
社内外で何度も議論し、仮説検証・試行錯誤を重ね、
今こうして皆さんに発表できることを心から
嬉しく思います。

おそらく今から行う発表は、日本の、いえ世界の
チョコレート業界にとって少なからぬインパクトを
与えるものです。

そしてこれらはもちろん、Dari Kにとっても
今後振り返った時に重要な節目となるでしょう。

去年は初めてのバレンタインで、今年2度目の
バレンタインで早くも業界に影響を与え、
自社にとってもターニングポイントとなる
バレンタイン。

Dari Kの2年目の集大成。

ショコラティエとの絆と信頼関係は日に日に強くなり、
中途入社した社員たちともフルスピードで走ってきた日々。

想いと成果をカタチに。

This is what we did for the past one year.
This is what we believe only we can do.
We are proud to announce today that we now have a new chocolate line.

Dari Kは1月30日より「Asli(アスリ)」ラインを開始します。

Dari Kは今年のバレンタインで多くの百貨店に出店しますが
どの百貨店のカタログにも出していない、それどころか
どの百貨店のバイヤーもまだ見たことのないAsliのライン。

記念すべき本日1月21日、私の想いを綴っているDari Kの
ブログで、いつも温かく応援して下さる皆様に
初めて公開させていただきます。

Asli (アスリ)~本当の味を求めて~

Dari Kのカカオ産地インドネシア語でAsliとは
「本当の、オリジナルの」を意味します。

Dari Kができること、Dari Kにしか出来ないこと。
それは「カカオの本当の味」を引き出すこと。

2013年のバレンタインに満を持して登場のAsliシリーズは
全てのフィリング(ガナッシュやプラリネ)を手作りするのは
もちろん、コーティングには砂糖もお酒もバターも油脂も
香料も乳化剤も一切加えないという100%カカオを使用。

世界中で誰もやらなかった、いえ誰も出来なかった
カカオ100%でのコーティング。目をつむるとまるで
インドネシアのカカオ農園にいざなわれる感覚。

ベストな発酵と絶妙な焙煎を施すことで生まれたAsliを
是非お楽しみ下さい。

Asli 3
Asli 3: ビジ(キャラメルカカオ)、サケ(純米カカオ酒)、バダム(ナッツプラリネ)の3種類、計3個



Asli 6
Asli 6:ビジ(キャラメルカカオ)×2個、サケ(純米カカオ酒)、ウィジェン(胡麻)、バダム(ナッツプラリネ)、ハルス(プレーン)の5種類、計6個



Asli 10
Asli 10: ビジ(キャラメルカカオ)、サケ(純米カカオ酒)、ウィジェン(胡麻)、バダム(ナッツプラリネ)、ハルス(プレーン)の5種類各2個の計10個


もちろん、これまでどおりチョコレート・トリュフも
バレンタインのスペシャル・バージョンとして
用意致しました。


DSCN0137.jpg
カカオが香るチョコ・トリュフ4:
ラトゥ(プレーン)、キスミス(ラムレーズン)、ジュルック(オレンジピール)、カユマニス(シナモン)


DSCN0139.jpg
カカオが香るチョコ・トリュフ8:ラジャ(カカオ豆)、ラトゥ(プレーン)、チェリ(洋酒漬チェリー)、キスミス(ラムレーズン)、ジュルック(オレンジピール)、カユマニス(シナモン)、アールグレイ(紅茶)、ローズ(ばら)


DSCN0150.jpg
カカオが香るチョコ・トリュフ12:ラジャ(カカオ豆)、ラトゥ(プレーン)×2、コピ(コーヒー)、チェリ(洋酒漬チェリー)、キスミス(ラムレーズン)×2、ジュルック(オレンジピール)、カユマニス(シナモン)、アールグレイ(紅茶)、ローズ(ばら)、ぺリラ(しそ)


4個入りのものは皆さんお馴染みのもので、Dari Kでも人気の
商品の詰め合わせになります。

8個入りは特別フレーバーの「ローズ」が入ります。
バラのほのかに香る華やかな香りはバレンタインに最適。

普段は力強いイメージのカカオも、焙煎をやや浅めにし
野ばらのピューレとローズエッセンスを組み合わせることで
カカオ本来のフルーツの記憶が蘇る、そんな優しい仕上がりです。

そして12個入りには「ローズ」の他にさらに
新作「ぺリラ(しそ)」をお入れしてお届けします。

こちらはショコラティエの斬新なアイデアから生まれた
紫蘇(しそ)とカカオのフードペアリング。
生クリームに紫蘇を浸し、その香りをアンフュゼ(香りを
移すこと)して作るガナッシュはとても新鮮。

奇をてらって、アピールするためだけにもの珍しい
食材をチョコに合わせることをとっても嫌う私ですが
これは本当に美味しく、味の面でもDari Kの他の
フレーバーに劣らない出来です!
是非お試し下さい。


そして最後に。
私が去年からあたためてきたもの。
ついに完成しました。

DSCN0003.jpg


純米カカオ酒『神香(かかお)』誕生


そう、お酒なんです、日本酒。
チョコにお酒を入れるのではなく、お酒にカカオを
漬け込みました。

カカオの学名はテオブロマ・カカオ。ギリシャ語で
「神様の食べ物」を意味します。一方、日本酒は昔から
お祭りなどの神事で供えられるもので、いわば「神様の飲み物」。
そんなカカオと日本酒が京都の地で出会いました。

カカオ豆はDari Kがインドネシアの農家から調達。
自家焙煎してチョコレートを作るDari Kだからこそ
引き出すことの出来る優美なアロマと力強いフレーバー。

米は丹後で生まれた酒造好適米「祝(いわい)」。
天橋立を望む大江山麓(与謝娘酒造)と金剛童子山(竹野酒造)から
湧き出る良質な伏流水を仕込み水に、軟質で水分調整が難しい祝米も、
杜氏の経験と技量によって、ふくらみのある爽やかな甘みへ。

自家焙煎カカオの香ばしくフルーティーな香りと、
純米酒が醸すふくよかな口当たり。既存の枠にとらわれず、
純粋に美味しいものを追求する京都のショコラティエと
杜氏が作り上げた「神香」は、十分に冷やして極上の香りを
お楽しみください。(甘口と無糖と2種類ございます)

以前↓の画像をお見せしたのを覚えていらっしゃるでしょうか?
これ、実はこの純米カカオ酒「神香」の容器である
カカオをかたどったオリジナルガラスビンの製造工場に
職人を訪ねて行ったときのものだったんです。
工場
ガラスを溶かす釜の写真でした。

以上のように、バレンタインには現在主力の
チョコ・トリュフの他に、新作Asliラインと
カカオ酒を含む構成で臨みたいと思います。


~バレンタイン関連のお知らせ~

販売時期】
純米カカオ酒(神香)についてはDari K店頭にて
販売しております(数量限定)。

1月29日までは通常通りトリュフを販売しますが(フレーバーの選択や
個別注文も可)、1月30日から2月14日までは下記
7商品のみの販売となります。

☆Asli 3
☆Asli 6
☆Asli 10
☆カカオが香るチョコ・トリュフ4個
☆カカオが香るチョコ・トリュフ8個
☆カカオが香るチョコ・トリュフ12個
☆純米カカオ酒「神香」(無糖、甘口2タイプあり)


【商品について】
価格やアレルゲン情報、賞味期限などはホームページ内に
作成したこちらをご覧ください。


【予約について】
1月31日までご予約を承ります。
発送は出来ず、本店でのお受け取りに対してのみ
ご予約可能ですのでご注意ください。

送受信のエラーを避けるため、ご予約に関しましては
メールやFAXではなく、お電話(075-803-6456)でのみ承ります。


【百貨店出店】
1月30日~2月14日まで
☆京都高島屋
☆京都大丸
☆京都伊勢丹
☆大阪三越伊勢丹
☆うめだ阪神百貨店
☆近鉄百貨店(予約のみ)
☆西武百貨店大津店(限定数)


【カタログ】
☆阪急キッチンエール(限定数)


【ホテル】
☆ホテル日航プリンセス京都(予約のみ)
☆ホテルグランヴィア京都 フレンチ「ラ・フルール」
(シェフとDari Kのコラボのバレンタインディナー)

「Asli」も「神香」も、もちろんトリュフも
どれも一切の妥協のない自信作。バレンタインのときだけ
チョコに群れる方でなく、日常的に美味しいものを
楽しむことの喜びを知っている皆様にこそ
これらを味わっていただきたい、だからこそ
百貨店のバレンタインのカタログなどでは
発表せず、このようなブログでのサプライズ発表と
なりました。

百貨店には多く出店するものの、全て手作りで
他の店がやるようなチョコやガナッシュ、トリュフの
冷凍はDari Kではやりません。せっかく自家焙煎した
香り高いカカオを、目先の商売のために台無しに
するなんてことは絶対にしません。

いつもと代わらず、ひとつひとつを丹精込めて作る
幸せのチョコレート・トリュフ。業界を驚かす
カカオ100%コーティングのAsli。そして
世界初の純米カカオ酒。

是非、Dari Kの努力の成果を感じて下さい!
We hope you enjoy our new products for the Valentine's Day!!

インドネシアから今帰国しました。
旅にハプニングはつきものですが、今回も多分にもれず
多くのハプニングがありました。

それにしてもインドネシアは面白い。
島の数が18,000以上あるとか、もうその時点で「多すぎ!」
と突っ込みたくなるほど。

同じ国なのに時差もあるし(スカイプで話していると
話がかみ合わなくなってくる)、同じナシゴレン
(インドネシアのチャーハン)なのに場所によって色が全然違う。


↓スラウェシのナシゴレンはケチャップ味は全くしないのに
なぜか赤い(謎!)
nasi goreng



でもひとつだけどこにいっても共通してるのは
「いい加減」なこと。良い意味でもそうでなくても、本当にいい加減。

今回のたった数日の滞在の中で出くわしたいい加減な
体験の中でも、空港部門の「ここがいい加減だよインドネシア」
Best 3を発表します。

No.3
スラウェシからジャカルタへ向かう飛行機は1時間の遅れ。
なのに遅れているとの放送なし。いい加減!
しかも搭乗ゲートも勝手に変わってる。いい加減!

ようやく飛行機が着いて搭乗すると、自分が座るはずの
座席におばちゃんが座ってる。いい加減!

ジャカルタについて預けた荷物が出てくるまでまた1時間。。。
しかも表示されているレーンから出てこない始末。いい加減!

ジャカルタで別の航空会社の便(日本行き)に
乗り継ぎだったので乗り継ぎに4時間見ておいたのが不幸中の幸い。
もし効率性優先で時間かつかつにスケジューリングしていたら
乗り遅れるところだった><

No.2
スラウェシの空港でチェックインしたときのこと。
日本人かと聞かれました。そうだと言うと、その空港職員が
無線で連絡をし別の空港職員を呼びます。

すると、この呼ばれた人は、実は昔日本で2年間働いていたそうで
日本人と話したくてしょうがない、とのこと。空港で
日本人がいたら彼を呼ぶように同僚に言ってあるのだとか。

でもこれを知ったのはだいぶ時間が経ってから。
そうだとは知らず、はじめは片言の日本語を話す
この職員にこちらは超警戒。

バックパッカー歴が長い私は、「日本語を話す外国人
=騙そうとする悪い人」の先入観が植え付けられているので、
相手が何か話してもこっちは分からないふり。

以前、同じジャカルタの空港の職員に「何でマカッサルに来た?」と
聞かれて以前「仕事の一環だ」と言ったらビザが云々ということで
1時間以上軟禁されたことがあったのでここでも無言。

結局、お互い徐々に話をして悪い人じゃないと分かると
急に仲良くなりました。しまいには、VIPラウンジに案内され
コーヒーやスイーツをご馳走に!僕は格安航空会社の
エコノミーのチケットなのに。。。いい加減!でもこれは嬉しい!

さらに驚いたのは、VIPラウンジは本来飛行機のファーストや
ビジネスクラスの旅客向けの施設であって、そのイメージどおり
スーツを着たお金持ちそうな人が座ってくつろいでいるのですが、
その横で、空港職員(バッジをつけて制服着てるのですぐわかる)が
何人も携帯いじったりコーヒーのみながら新聞読んだり!いい加減!!

No.1
ジャカルタの空港で荷物をチェックされました。
僕のパスポートは赤い10年有効のもの。今年2013年で有効期限が
切れるこのパスポート。何十カ国と旅していたから、パスポートの
査証のページは数年前に全て埋まり、ページを増設しています。

それでも増設ページももうほとんど残りがないくらいにスタンプやら
ビザでビッシリ。

だからみんな興味本位で見るんです。そしていわれのない荷物検査。
いい加減!(でもこれは日本でも同じ)

そして何も悪いものはもっていないことが分かると、
(分かったのに!)、賄賂の要求!空港の至るところに
「賄賂は犯罪です。絶対に賄賂を渡さないように」と
インドネシア語と英語で書いてあるのに、賄賂要求してくる
荷物検査のおじさん。いい加減!

インドネシア語は分からないふりをしていると、諦めきれない
そのおじさん、今度は若い職員を呼んで英語で説明させます。
若い職員は「私の上司はタバコをすいたいといっている」と。
勝手に吸ってくれ!

僕はタバコを吸わないので、タバコは持ってない、と言うと
お金でも良い、と。そのまま分からないふりをする。

すると今度は「my boss wants to drink kopi!!(上司が
コピ(コーヒー)を飲みたいと言っている」と。
勝手に飲んでくれ! 

もう相手にしてられないので、笑顔で「ティダ・タウ(「分からない」
のインドネシア語」と言って逃げました。ホントいい加減!

でもその1分後に、チェックインするときに
別の若い男の子と話をしていたら、彼は今は空港で働いているが
もうすぐ辞めて起業したい、と。

どんな分野で起業したいか聞くと、農業関連とのこと。
僕がスラウェシのカカオ事情やDari Kの取り組みを話すと、
目を輝かせて聞いてくれ、カウンターでしばし起業の難しさについて
語り合い。仕事そっちのけで話しこむ彼。僕はいいけど、いい加減!
メールアドレスを交換して、Facebookでつながることを約束してお別れ。

そんなこんなで、いい加減なんだけど、どこか憎めない国民性。
困ってたら、みんな優しく助けてくれます。
今回もダンボール3箱をバスに乗せるときに、ポーターが手伝って
くれそうになったので、財布はかばんの中だしチップをあげられないから
「ティダ・アパ・アパ(大丈夫、手伝わなくて)」と言ったのですが
笑顔で手伝ってくれました。

またホテルでwifiが壊れていてつなげなかったので、
それだと仕事にならないから他のホテルに行く、と言うと
全然関係ない近くのホテルをいくつかピックアップしてくれました。

しかも雨がどしゃぶりで降っていたのですが、バイクで
タダで乗せていってくれたり。少しチップを払おうとしたけど、
さっと走り去っていってしまいました。

それから空港からの公共バスに乗っても、僕が最後の乗客で雨が
降ってるからと、行き先のすぐそばまで送ってくれたり。

みんないい加減で、たまに目茶苦茶だと思うけど、困ったときには
そのいい加減さでいつも助けられる。

日本に帰国すると、機内預け荷物のことでもめたり、
僕が正しかったのに全く謝罪がなかったり、荷物検査で
また詳しく調べられたり。

いい加減な対応や適当な態度に困ることも多いけど、
いつも笑顔に溢れているそんないい加減なインドネシアが
実は嫌いではないと帰国すると(いつも帰国した後に)思うのでした。


高島屋に出店します

今日はDari K本店のある三条会商店街の理事会・新年会が
ありました。

理事になったものの、毎回色々な先約とかぶりなかなか
理事会には出席できなかったのですが、今回久しぶりに
参加できて、本当に良かったです。

三条会商店街って本当に良い商店街。
800メートルにも及ぶものすごく長いアーケードの商店街ですが
その中には昔からの店も新しい店もあります。

これが全部古い店だと活気がなくなるし、逆に
全てが新しい店でもなんか風情がないのでしょうが、
三条会は新旧入り混じり、レトロな店の横にモダンな店が
あったり、面白いとつくづく感じます。

ただいつも理事会でいろいろな方と話して思うのは
京都は歴史ある店が多すぎ!ってこと。

「Dari Kさんはお店だしてもうどれくらいになる?」
ってよく聞かれるので、「今2年目です、○○さんのとこは?」って
聞くと、「大して変わらないよ、まだ80年くらい」とか
平気で返ってきちゃいます。

「創業から100年っていうのはまだ新しい部類」だそうですよ。
あらら・・・そういえば日本酒の蔵元めぐりをしていた頃も
100年200年っていうのはザラみたいでした。

何代もその地で同じ事業を営んでいるというのは、なんだか
そこにはいかんともしがたい歴史があるということで、
その歴史が今日もまた一日積み重なっていると考えると
時というものに対する自分の無力さを感じます。

どんなに頑張っても超えられない壁。
とてもとても頑張って、こんなに短期間でこんなことを成し遂げた、
ということは今の僕に出来るかもしれない。

でも、世代を超えてひとつのものを受け継いでいくことは
また別の意味で難しいし、自分ひとりでは(どんなに頑張っても)
どうしようもないという意味においては、そっちの方が難しいかもしれない。

そんなことを考えつつ、商店街をゆっくり歩いて帰ると
やっぱりこの商店街にお店を出せて良かったと思うし、
銀座や自由が丘で気取って出店よりも、こういうところで
まわりの人と交わりながら仕事が出来るのは自分に合っているとも
感じます。

閑話休題。

1月16日(水)~22日(火)まで、京都高島屋に出店します。

久しぶりの高島屋!
思い返せばDari K初の百貨店出店は京都高島屋でした。

レジの操作も、冷蔵ストッカーも、従業員用トイレの位置さえ
分からなかったあの頃と比べ、この1年間で随分慣れたものです。

でも初心を忘れず(忘れるほど時も経っていませんが)、
またカカオの美味しさを地道にアピールしてこようと思います。

お近くにお越しの際は是非お立ち寄りくださいませ!!


それでは私は今からインドネシアへ旅立ちます。
いってきます=)


バレンタイン関連のお知らせ

バレンタインに関して、なかなか情報が発信できずに
おりまして申し訳ございません。

お待たせするのには理由があるのですが
それはあとのお楽しみということで、
現段階で決まっていることをここで一度
ご案内させていただきます。

尚、詳細につきましては1月20日ごろに
ラインナップなどホームページやブログで
発表致しますので、もうしばらくお待ち下さいませ。


~バレンタイン期間の営業について~

【本店(三条会商店街内)】
10:00~20:00まで通常通りの営業時間
売切れ次第終了(通常通り)

【百貨店出店】
1月30日~2月14日まで
☆京都高島屋
☆京都大丸
☆京都伊勢丹
☆大阪三越伊勢丹
☆うめだ阪神百貨店
☆近鉄百貨店(予約のみ)
☆西武百貨店大津店(限定数)

【カタログ】
☆阪急キッチンエール(限定数)

【ホテル】
☆ホテル日航プリンセス京都(予約のみ)
☆ホテルグランヴィア京都 フレンチ「ラ・フルール」
(シェフとDari Kのコラボのバレンタインディナー)

【商品のご案内】
詳細は1月20日ごろにラインナップなどホームページや
ブログで発表致します。

【予約について】
こちらも1月20日の発表の際に予約方法など
ご案内いたしますので、それまでしばらくお待ち下さい。


尚、お取り寄せは1月後半までで一度ストップさせていただきます。
今でしたらチョコレートのフレーバーもお選びいただけるほか
カルピスバターで新しくなったクエカカオなどもお出し
しているので、よろしければそちらもご利用下さいませ。


お取り寄せはこちらからどうぞ。

2013年スタート!

年明けから色々なことが起こり、全力で色々やっていると
気づけばもう10日も経ってしまいました。

つい数日前の取材ではジャニーズのある方が来て下さって
チョコの話で盛り上がりました!彼のチョコに関する
知識は私がこれまで人生で会った人の中でもTOP5に入るくらい
すごくて、もちろん一朝一夕で覚えられるようなことではないので
本当に好きなんだな、と感心しました。

かといって、高級なものしか食べないわけでは全くなく
純粋にお菓子が好きなようで、また全然気取らず、
むしろスタッフの方にすごく気を遣っていて、容姿はもちろんですが
そういう誠実でフレンドリーな中身もかっこよく
ファンになりました。Dari Kのショコラティエ女子4人の
誰よりも僕自身が興奮してました(笑


昨日は韓国の仁川(インチョン)大学のSocial Enterepreneurship
(社会的企業・起業)を専攻する学生15人が京都のソーシャルビジネスを
訪問するということで、京都府の方から話をいただき、
府庁で講演・講義をさせていただきました。

Dari Kはじまって以来の初の外国人相手の講演で、
もちろん通訳なしでやらせていただきました。
通訳が入ると、自分のニュアンスが正確に伝わっているか
分からないのが怖いのと、あとは単純に自分が言ったことを
通訳さんが他の言語で話すので、時間が2倍かかる、つまり
与えられた時間の中で、自分の言いたいことが半分しか
言えなくなる、という短所があります。

だから相手も英語OKならば、通訳なしがベストですね。
1時間半英語で話し続けるなんていうのは、なかなかない
ことなので疲れますが、あまり英語が衰えていないことに
半ば驚きました。きっと日常的に英語で情報を取ったり
しているからでしょうか。ともあれ、良かった!
今年はインドネシア語をもっともっと話せるようにならねば!

最近、取材で来られた方や商談の場で「Dari Kのスピードは
すごいね~」とよく言われますが(リップサービスもあるでしょうが)、
Dari Kはガソリンを入れて勝手に走る自動車ではないので
鳥人間コンテストで必死にペダルをこぐドライバーのように
まさに私とショコラティエがヒーヒー言いながら毎日
車輪を前進させているんですね。

そのヒーヒーこぐのは決して楽ではないんですが
ひとつのチームとしてどんどん結束力は高まり、
どんどんまとまってきているような気がしています。
社員のみんな、ありがとう!

ということで、2013年もみんなで力を合わせて
Dari Kを前進させてまいります。
このブログのタイトル「Dari K to the World」の通り、
今年は世界へ旅立つ1年にしたいと思いますので、
皆さんもDari Kと一緒に飛躍しましょう!
もう、見守るとか応援するだけでは足りないんです。
一緒にDari Kに乗っかって、一緒に世界へ
羽ばたきましょう!


今年がまた皆様にとって実り多い、幸せな1年となりますように。






プロフィール

Dari K

Author:Dari K
Dari Kの経営者です
宜しくお願いします!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。