スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この世の中の秘密

【お知らせ】
本日3月30日(土)のお昼から夕方・夜にかけて、
JR大阪三越伊勢丹の地下2階の洋菓子売り場で
出店中のDari Kにおりますので、もし見かけたら
お気軽にお声がけください!


さて、今日はちょっと変わった話を。

Dari Kの社員は僕以外全て20代。
ただでさえ年齢がモノをいわない製菓業界において、
Dari Kでは年なんて何の意味もなさない。

「若いから出来なくて当たり前」なんていうのは言い訳でしょう。
自分が若いとき出来なかったからって、今の子も
同じとは限らない。

「若いから任せられない」なんていうのは、部下が失敗したときに
責任がとれないか、部下の本当の力を理解していない上司の言い訳。


僕は大学生の頃、就職するなら「自分に賭けてくれる」
会社だったらどこでもいい、と思っていた。

自分に自信があるわけではない。でも自分が頑張ると決めて
仕事を200%のパワーでやるとコミットするからには、
「若いから出来なくても仕方ないよ」なんて上司に
言われるような職場でだけは絶対に働きたくなかった。

まあその結果、「若い」「経験がない」なんていうのが
言い訳にしかならない、というかそれを言い訳にするものなら
即クビになるような投資銀行に入った。

その後すぐに転職することとなるが、投資銀行に入ったことは
今振り返ってみても、これまでの人生で本当に良い選択をしたと
思えるくらいの良いチョイスだった。


「自分に賭けてもらえる」

これはやる気のある人にとっては極めて重要なことだ。
当然、上司も相当のリスクがある。それでも、部下に賭ける。
なぜなら、部下のやる気と、その潜在力(ポテンシャル)を
信じて、後押しして、育てたいと心底思うからだ。

だからDari Kでは、自分が投資銀行で学んだように、
年齢なんて関係なく、全ての社員に期待する。みんなに賭ける。

でもみんな普通の20代の女の子。
だから、みんなそれぞれ悩む。
僕自身、色々悩んできたから、彼女たちがどれほど
悩んでいるかも、顔を見て話をしていればだいたい分かる。

だから、たまに1対1で話をする。
一緒にご飯をたべたり、カフェに連れて行ったり、
お店から急にさらって(!)話を聴く。

「悩んでいる」背景には、自分の理想や周りからの期待と、
自分の仕事の成果(パフォーマンス)にギャップがあることが多い。
そして今のDari Kでは、僕が(彼女たちからすれば)過剰に
期待をしているため、本人の今の技術ではそれに応えられない、
という場合がほとんど。

この場合の解決策は、①僕が彼女たちに対する期待値を下げる、
②僕の期待値はそのままで、彼女たちがどうすればその期待に
応えられるようになるかを説く、の2通りが考えられる。

さあ、僕はいつもどうするか。

実は①でも②でもない。
①のように期待値を下げることはまずない。
だって僕は、彼女たちに「賭けているから」。

では②をするかといえば、それもできない。
なぜならこれは彼女たちの課題であって、
この難問を自分で考えて試行錯誤して解決していくことに
よってのみ彼女たちは成長するし、それがプロだからだ。

僕がいちいち解決策を示していたら、彼女たちは
言われたとおりのことをこなすロボットで終わってしまう。
自分で考えることが重要だから、あえて細かい指示は出さない。

では僕は何をするのか。
それは、一緒にご飯を食べて、少しだけ他愛もない話をして、
そして最後にこの世の中の秘密を教える。

この秘密は、僕がこれまで生きてきた人生で
学んだ一番大事なことである。そしてそれを伝える。
きっとパッと聞いても意味は分かるようで分からないかも
しれない。でもそれがこの世の真実であり、それが
全てだと僕は思う。

この秘密を知ってしまうと、世の中の見方が一気に変わる。
ほとんどのものが、意味をなさなくなる。
そして、自分がすべきことが自ずと分かる。

すると、なぜ僕が彼女たちに賭けているかも分かるし、
なぜ僕がこの仕事をしているかも分かるし、なぜ
この世界がこうなっているかも、スッキリと分かる。

この秘密は、本当に本当に重要なこと。
ブログでは残念ながら言えないのだけれど、もしこれから
Dari Kが色々なことをしていき、色々なサプライズを
もたらし、世界を変えていくとしたら、それは間違いなく
「この世の中の秘密」をDari Kのスタッフが理解して
「自分に賭けた」結果だということ。

Dari K社員へ。
悩んだら、このブログを何度も読み直して。
そして、「この世の中の秘密」を思い出して。
Dari Kがどこへ向かっているのか。
自分は何をすべきか。それは全て、「この世の中の秘密」のことを
考えれば、答えはそこにあるから。

The secret of the world.
nobody knows, but you know.




スポンサーサイト

OBIK(オビック)登場!

京都は暖かくなったり寒くなったり、よう分からん気候ですが
昨年に比較すると随分暖かい陽気で、陽射しが気持ちいいです。

さて、何度かブログでは触れていますが、今Dari Kでは
色々なプロジェクトが動き出しています。

昨年もカカオ酒のプロジェクトや、今完成間近のプロジェクトを
進めていましたが、今年はその何倍ものプロジェクトが既に
進行しています!

その背景にあるのは、実はDari K、今年の初頭から新たな
ショコラティエが加わったことも大きな原動力のひとつ。

そのショコラティエはまだ若いのに、これまでいくつかの
会社でチョコレート部門を任されたり、かの有名なフランスの
ショコラトリーの日本のある支店でもケーキ部門を統率していた
すごい子なんです。

そんな子が昨年Dari Kに入りたいと連絡をくれた時、
私は嬉しさと同時に、Dari Kは単にテクニックを追う職場でもないし、
ブランドとして確立しているわけでもない。

設備もまだまだ揃っていないし、そもそも単にチョコを
作って売って、それでおしまいの会社じゃないので
その子の期待や能力とマッチするか不安でもありました。

でも、チョコが大好きで大好きで仕方なく、
既存の枠にとらわれずに、原料カカオからもっともっと
何か新しいことを生み出せる気がするし、とにかく
チャレンジさせて欲しい、と謙虚でありながら
アンビシャスな一面を見せてくれて、その熱意に
僕もかけてみたいと急遽採用を決めました。

今年のバレンタインやホワイトデーでもその知識と経験を
いかんなく発揮してくれましたが、本番はこれからなので
今後に期待です!

さて、今日は久々にチョコレート以外での新作発表です!
ショコラティエの層が厚くなるにしたがい、今後は
チョコだけでなく「カカオ」を生かした作品(「商品」ではなく
「作品」ですよ!)を開発していますが、今回は
その第一弾!

その名もOBIK(オビック)です。
OBIKはインドネシア語かと思えばそうではなく、
実は英語とインドネシア語の単語をつなぎ合わせた造語(略語)です。

元の単語は「One Bite Kue」
One biteは英語で、oneが「1」、biteが「かむ」「かじる」なので
one biteで「一口の」という意味になります。

Kueはクエ・カカオでおなじみのインドネシア語で
「(クッキーやケーキなどの)お菓子」という意味です。

だから、One Bite Kueで「一口のお菓子」という意味。


OBIK Cashewsmall

↑こちらがOBIKのカシューナッツ。


OBIK almondsmall

↑こちらはOBIKのアーモンド。


「フロランタン」というお菓子をご存知の方もいらっしゃるかと
思いますが、そのフロランタンに近く、ただキャラメル生地は
定番のアーモンドスライスのみならず、なんとカカオニブを
ふんだんにまぶしてあるので、その食感とほろ苦さが
たまらない!

そしてトップには、キャラメリゼしたカシューナッツ(もちろん
世界最大のサイズのもの)やアーモンドを載せています。

Dari Kのチョコ・トリュフは、他のチョコ・トリュフと
ひと味・ふた味違うのは皆さんもうご存知だと思いますが、
このOBIKもこれまで食べたことのあるお菓子と
似ているようでちょっと違う、洗練されているのに
素朴な、というか、素朴なのに洗練されている、
そんな感じのお菓子です。

おすすめはその可愛い一口サイズのOBIKをよーく見て、
香りを楽しんで、そして一気に口に入れる!!
だってOne Bite Kueだから!
そして口の中でナッツの共演を楽しむ。
Enjoy the harmony of various nuts in your mouth!!
That's it. Simply enjoy the taste!!

もうこれだけです。
これを至福と言うのです。

是非、お試しください!

現在、Dari K本店とJR大阪三越伊勢丹で販売しております!
(売り切れてたらごめんなさい> <)

お待ちしております!!


P.S.
最近お問い合わせが非常に多いガトーショコラやクエカカオの
お取り寄せを再開しましたので、少しずつではありますが
見つけたら是非ご利用くださいませ。




上場!?

今日は日経新聞の取材を受けた後、午後は
上場に関するセミナーに行ってきました。

僕自身、これまでの金融キャリアにおいて新規上場(というか
IPOという言葉をよく使っていましたが)する企業の
分析など何度も手がけてきたゆえに、上場とは何ぞやとか
上場のメリット・デメリットはもちろん理解しています。

でもこのブログは社員も読んでいるので、社員教育の一環として
簡単に説明すると、上場とは会社の株を株式市場で売買できるように
することです。ちょっとイメージ沸かないかな。

それでは説明を変えて、会社ってそもそも誰のものでしょう?

従業員、お客様、地域の人、社長、いろいろ考えはあるでしょうが
厳密には株主のものです。

社長が自ら株を持っていることもあるし、従業員が株を
持っていることもあります。また社長や従業員とは全く関係なく、
誰も会ったことのない人が株主(その会社の所有者)なんてことも
もちろんあります。

さらに言えば、そもそも人ではなく、投資ファンドが
株主だとか、会社Aが会社Bの株主だったりもするんです。

もちろん、株主(株の持ち主)は一人だけである必要はなく、
何十人、何百人と株主がいる会社もありますし、大きな企業だと
株主だけで数千、何万人というところだってもちろんいっぱいあります。


あなたの勤務先の会社の株主は誰でしょう?
(Dari K社員、答えられる??)

もしこの問いにすぐに答えられないとしたら・・・・
でもそれが現実なんですね(笑

もし株主が社長や経営陣ではない場合、その社長や経営陣は
株主(オーナー)から、経営を任されているだけなんです。

たとえば僕がトヨタの株をもっていたら、トヨタの
どの従業員よりも僕はトヨタのことに口を出す権利が
あるんです。だって僕が株主だから。トヨタは僕のものだから。

従業員が何千人いようと、僕は自分の会社であるトヨタのために
利益を出すよう彼らを間接的に雇っていて、働いてもらってるわけなので。

まあ、トヨタというのは日本のみならず世界規模の
超大企業なので、現在株主も66万人いるそう(HPより)なので、
自分1人ではなく、66万人の株主みんなのものですが。



さて、話を元に戻して、会社は株主のものだとすると、
成長する会社に賭けたい、という人もきっと多くいるでしょう。
それは、成長する会社の株を持っていれば、株価(株の価値)があがり
将来それを売ってお金をもうけたい、という人もいるだろうし、
自分も株主になって、その企業のことをもっと良く知り、
色々応援していきたい、という人もいるでしょう。

でも、上場というのをしていないと、株は簡単に
買ったり売ったりできないのです。だって株の値段も
分からないし、誰がどこで何株持っているかもわからないから。

それでは上場するとどうなるか?
株を売りたい人も買いたい人も、株式市場で取引が
できるようになるわけです。

相手がどこの誰かはわからないけど、市場で買い手と売り手の
値段があえば、株を売買することができるんです!

ということは、企業にとっては、自分の会社の株を刷って
株式市場で売れば、そのお金を調達することができるのです!
銀行でお金を借りなくても、株を発行さえすればそれでOK!

これにより、会社は資金調達の手段を増やすことができ
(普通は銀行から借金しますが、これを「間接金融」といい、
株式市場から調達することを「直接金融」といいます)
株を発行してお金を調達するのは、借り入れではないので、
返す必要もないお金を手に入れることができるのです!

ちなみに銀行からの借り入れを間接金融と呼ぶのは、銀行は貸し手であるように
みえますが、実は銀行はいろんな個人のお金を預金として預かって
そのお金を企業に貸し付けているので「間接」になるんです。
それに対し、個人や企業が、自分の選んだ会社の株を買うのは
「直接」自分たちの意志で買うわけなので「直接金融」ですね。

ということで、上場すると株式市場からお金を借りる(というか返さなくても
いいお金を調達できる環境に身をおく)ことができるメリットが
ある反面、多くの人にきちんと財務状況や今後の経営計画を
説明しなければならない責任を負ったり、監査が厳しくなったり、
株主から配当をよこせ!と要求があったり、まあ色々な
厄介なこともそれなりに出てくるのです(世の中そんなに甘くない!)

だから、上場するかしないか、というのは、お金が沢山必要で、
より多くの人に株を買ってもらい、そのお金で設備投資をして
ビジネスを拡大していきたい企業にとってはきっと上場した方がいいし、
今のままで会社を運営していければ問題ない、とか、お金が必要なら
銀行から借りるからいい、という会社にとっては不要なんです。

世の中、会社は400万以上あるんです。
そのうち大企業は0.3%だけ。残りの99.7%は中小企業。
大企業か中小企業かの違いは、業界や資本金によって
分かれるので詳しくはこちらの中小企業庁の
統計をみてくださいね。

それで、中小企業にとっては、上場というのはほとんど
縁のない話なんです。でも大企業へ成長していく過程では
お金もいるし、人材も必要になるし、知名度もあげたいし、
となると、上場を考える時期になるわけです。
(もちろん、「大企業=上場している」わけではないですよ!
特に資金調達のニーズがない会社はいくら大きくたって
上場するメリットがないので、していないんです。)


さて、話を一番初めに戻して、今日の午後に上場セミナーに行ってきたのは
僕が上場を目指しているのかといえばそうではなくて、
昨今の上場のトレンドを知りたかったのです。

Dari Kとしても、上場することで資金調達を図り、
それを元手に規模の大きな投資や雇用創出をして
社会に還元していく、というフェーズも今後来るかもしれません。

ただ、今はそれよりも目の前の大きな課題を一つ一つ
クリアしていくのに必死で、それどころではないというのが本音。
それでも、経営者(そしてDari Kの株主)として、
先の先を読んでいかないといけない。そこで今回は
いずれ、もし、将来、何かの拍子で、ひょんなことから(笑)、
上場することになるのであれば、今のトレンドを知っておいて損はない、
という趣旨で参加しました。

う~ん、でもどうだろう。上場するならインドネシアの
ジャカルタ市場か、シンガポール市場がいいですかねぇ。

世界に羽ばたくビジネスモデルを考えているのに
日本で上場する意味は?なんて、考えちゃいました。

久しぶりの経済系のトピックは、バーっと書けて楽しいですね。

最後にお知らせですが、Dari Kによる
『金融講座~経済を知って日々をより楽しく~』と
『ビジネスイングリッシュ~これであなたもグローバル人材~』
のコースは
『極めるカカオ&チョコレート』の講座と同じく4月から開講です。

締め切りが近いのでお申し込みはお早めに!定員はいずれも
7人のみの少人数コースです。











なんて書きたくなっちゃいました(笑




こんな世の中だからこそ・・・

前々回のブログで少し触れましたが、先日京都のホテルオークラで
「知恵ビジネスプランコンテスト」の表彰式があり、そこで
表彰をしていただきました。

300名近い京都の企業の経営者や大学教授が集まる中、
賞状をもらうだけでなく、Dari Kのビジネスモデルについて
プレゼンをさせていただきました。

知恵ビジネス写真

昔はとんでもなくアガリ症だったのですが、いつからか
(ヘッジファンド時代からですね)人前で話すことに
緊張することがなくなり、むしろ自分の想いのたけを
伝える快感になってきました。

ポスター

表彰式に行く寸前、お店からタクシーで向かう際に
ショコラティエから「少し早いけど誕生日プレゼントです」と
茶色の、チョコレート色のネクタイをプレゼントされたので
こっそりもってきた勝負ネクタイをかばんにしまい、
当日はそのネクタイをつけたからか、いつもよりテンションも
あがりました(笑

Dari Kを設立して3月11日で2年が過ぎました。
1年目も2年目も、山あり谷ありの大変な年でした。
ただ2年目は1年目の経験があるので、何ができて何ができないか、
また何をすべきか、というところがある程度分かっていたぶん、
個人的にはかなり動きやすい一年でした。

やっぱり不確実性のもとで動く、あるいは働いたり
生きていく、というのは大変です。何が起こるかわからない、
何が起きてもおかしくない、そんな時代に生きている僕たちは
本当に難しい環境にいるんだと思います。

家を建ててもいつ地震が起きるか分からない、
大企業に就職してもいつリストラされるか分からない、
普通に街を歩いているだけでも犯罪に巻き込まれるかもしれない。

そんな時代です。
欲を捨て、そりの合わない人にはかかわらず受け流し、
なるべくストレスなく、なるべくリスクをとらず、
そんな生き方をするのが一番賢いのかもしれません。


なのに僕は足を踏み入れてしまいました。


それも自らの意志と決断で。


起業するということは、ゼロから何かを立ち上げるということは
大変なのは想像に難くないでしょう。

でもそれ以上に大変なのは、それを続けるということ。

普通の人はやらないことをやるというのも十分
エネルギーを使いますが、それをずっとやり続けるというのは
勢いだけではできない難しさがあります。

結局この1年を振り返って(Dari Kにとっては2年目を振り返って)
実に多くの助成金や補助金、表彰などいただきました。

もちろん、全て勝手に送られてきてもらえるわけではありません。
申請書を書き、書類審査の後に面接をしていただき、そこで
しっかり想いを伝えてきました。

ひとつの応募をするのに、それこそ何日も頭を使い、
面接の前には何度も頭の中でリハーサルをして
それで本番に臨んできました。

幸いにもどの助成金やファンド、コンテストなどでも
選ばれてきましたが、そもそも何でこのようなものに
応募してきたのか。

それはもちろん、設立2年目のDari Kには、その大きな大きな
目標を達成するための投資が必要であり、そのためには
お金がかかる、という理由もあります。

でも、それだったら借り入れをしてもいいし、
それだったら、出資者を募ってもいいはずです。
またはゆっくり着実に、自分のペースで歩んでいけば
いいだけの話です。

それでもこのような公的なものに応募するのは
単に金銭的な理由だけではない何かがあるからです。
その何かとは、選ばれることでついてくる「期待」と
「プレッシャー」です。

様々なコンテストや助成金に応募して認められると、
それと引き換えにいただけるのは補助金だけではありません。
メディアに掲載されれば、受賞あるいは認定企業としして
Dari Kに期待が集まります。そしてその期待は
「裏切れないプレッシャー」として重くのしかかることになります。

不透明で不確実な世の中。
その中であえて起業し、あえて小さくまとまらず、
あえて拡大を図り、あえて公の助成金やコンテストに応募して
あえてプレッシャーを受ける。

どんだけドMやねん、って感じですが
このプレッシャーが、このプレッシャーこそが、
この不透明で不確実で、何が起こってもおかしくない世の中で
自分が生きていくためには必要なのかもしれません。

己にプレッシャーをかけるものから離れ、なるべくストレスなく
なるべく静かに、なるべくリスクをとらず生きていくことが
賢い生き方な時代に、あえて自分が得意でもない何か新しいことをはじめ、
それを実践し続ける、言うなれば「狂人」なことをするには
それは己の中にある「プレッシャー」では到底足りず、
外から、出来る限り多くの人からプレッシャーを浴び、
それに応えるために無我夢中で頭を働かせるしか方法はないと思います。

そのプレッシャー、自分が招いたにもかかわらず、
たまにそれに負けそうになり、逃げ出したくなります。

でも、そこで負けるわけにはいかない。
店で接客をしていて、お客さんから声をかけられると元気が出ます。

ここ数日、立て続けに何人かのお客さんから「ブログ見てます、
いつも元気もらってます!」「刺激受けてます!」というお声をいただきました。

ブログでは強がってても、本当は弱い人間です。
人には、「大丈夫。焦らなくていいよ」なんて言いながら、
自分では常に過剰なプレッシャーをかけて、いつでも走り続けていないと
不安で不安で仕方ない、そんな32歳です。

ワークライフバランスが大事なんてずっと学んできたのに、
ワークワークでバランス全然とれてないけど、決めました。

この1年、2013年3月から2014年2月にかけて、Dari Kにとっては
創業から3年目の今年、僕はやりますよ。自分の頭と身体の限界を
かけて、出来る限り全てのことをやります。

ショコラティエの皆は苦しいことが多いと思うけど、
この1年、Dari Kに賭けてください。僕一人では出来ないことも
いっぱいあります。でもみんなとだったら絶対に成し遂げられる。

一度きりの人生で、きっとおじいちゃん・おばあちゃんになったときに
それまでの人生を振り返ったときに、2013年はえらい年だった、
そう思うくらいこの年をアツい1年にしようと思います。

直接言うのが恥ずかしいから、ブログで今の想いをつたえてみました。


そして皆さん!
既にお試しいただいた方も多くいらっしゃるかもしれませんが
新作3つを是非ご賞味くださいね!

ローズ
まずはバレンタイン限定フレーバーとして出しましたが、
あまりに美味しいので続行決定のローズ。フランス産野バラのピューレと
ローズエキスをたっぷり配合した華やかな香りは絶品です!


プラリネ

そしてホワイトデーでの新作「プラリネ」。アーモンド、ヘーゼルナッツそして
カシューナッツをキャラメリゼして、フードプロセッサーで粉々にして
それをさらに練り上げて作ったナッツのプラリネをふんだんに使った
オリジナルプラリネ。Dari Kのカシューナッツが入っているので
自然の甘みもひとしお。

アーモンド・ヘーゼル・カシュー・カカオと4つのナッツが織り成す
トリュフは最高です!


セサミ

そして最後にセサミ。金胡麻をキャラメリゼしてペーストにして、と
これまたものすごく手間がかかりますが、それをやるだけの
価値がある仕上がりです。試作に試作を重ねた結果、
黒胡麻でもなく、白胡麻でもなく、また胡麻ペーストを使うことなく、
胡麻そのものを炒るところから始めた理由は、きっと
召し上がっていただければわかるはずです。


ホワイトデーは終わりましたが、3月15日~4月2日まで
JR大阪三越伊勢丹の洋菓子売り場(いつもの催事場から
エスカレーターを挟んだ側)に出店しております。

実はそちらにもうひとつ、ある新作も出しています。
是非お越しください!


Dari K never stops, because we have your support!!




いよいよホワイトデー間近!

3月6日にMOBAC(モバック)ショウと呼ばれる製菓・製パンの産業展に
行って参りました。

そこで福知山のマウンテンの水野さんにも偶然お会いしました!
バレンタインのときにイセタンで初めてお話してから、僕もマウンテンに
行ったり、水野さんもDari Kに来てくださっていたり、ということを
知り、急に仲良くさせてもらってます=)京都のショコラトリーとして
いつか何か一緒に出来ればいいな!

さて、その日は夜行バスで幕張のFOODEXに向かいました。
24:00になると電気が消え、まさかのバースデーサプライズかと
思いきや、普通に消灯でした。ローソクの立ったケーキが出るわけでもなく、
まあ何とも静かな誕生日の幕開け。

そしてそのまま眠れず東京・千葉へ。
でも、いいんです。前日に日航プリンセスの中埜シェフと
篠社長からサプライズプレゼントをいただいたので!

日航ケーキ

感激です!


日航プレゼント

ありがとうございました!


そしてFOODEXでは、先に行っていた社員と合流。
綺麗に飾ってくれてました。

FOODEX2013.jpg

いくつかの商談と何十人もの方と名刺交換しましたが
一番うれしかったのは、インドネシアブースでいろんな方と
再会して話したり、新しい出会いがあったり。

そして千葉に1泊だけして、すぐに京都へ戻り
今度はホワイトデーへ向け準備!

既に京都タカシマヤと大阪イセタンには出店しているので
その様子を見にいきました。

ホワイトデーまで間もなくですが、Dari Kの新作を含む
チョコで女性を喜ばせてあげるなんて、なんて素敵!

毎日せっせと手作りする甲斐があって本当に嬉しいです。
明後日14日まで出店しております♪

それでは、お店か百貨店でまた!!




今日からホワイトデー期間はじまりました

~ホワイトデー期間の営業について~

【本店(三条会商店街内)】
10:00~20:00まで通常通りの営業時間
売切れ次第終了(通常通り)

本日3月6日(水)よりホワイトデー期間はじまりました。
百貨店やホテルでもお求めいただけますので
是非ご利用くださいませ!

【百貨店出店】
3月6日(水)~3月14日(木)まで
☆京都高島屋 (地下1階 ホワイトデー・コーナー)
☆大阪三越伊勢丹 (地下2階 ホワイトデー・コーナー)

【ホテル】
☆ホテル日航プリンセス京都(予約のみ)


【商品について】
チョコレートはあらかじめ決められた詰め合わせの販売のみとなり
フレーバーはお選びいただけなくなりますのでご注意下さい。

【予約について】
お電話(075-803-6456)でのご予約を承っております。

今日はご案内のみで失礼します。

FOODEX

暦も3月になり、またFOODEXの季節がやってきました。
日本最大の食の見本市FOODEXには、インドネシア大使館&
領事館の支援で昨年Dari Kもインドネシアパビリオン内に
ブースを出展させていただきました。

昨年のFOODEX関連のブログはFOODEXその1
FOODEXその2をご覧ください。


そして今年もまた大使館からお声がけいただき、
3月5日~8日の幕張メッセでのFOODEXに参加してまいります。
(お店は通常通り休まずオープンしております)

もしお仕事の関係でFOODEXにお出での方は
Dari K@4E-40のインドネシアブースにも
お立ち寄り下さいませ!今回は純米カカオ酒「神香」と
カシューナッツをメインにディスプレイ・ご商談させて
いただきます。

実はDari K,京都の知恵ビジネスプランコンテストという
コンテストでこの度選定されまして、明日5日(火)は
その表彰式&プレゼン@京都ホテルオークラに
行ってまいります。

そして表彰式のあとそのまますぐに、6日(水)からの
京都タカシマヤと大阪三越イセタンへの出店のため
設営準備に赴き、6日は百貨店初日なので顔を出し、
そのまま夜行バスで幕張へ直行して7日のFOODEXに
参加というかなりの強行スケジュール。

しかも7日が誕生日なので、この年になって
まさかの夜行バスでのバースデー(苦笑

バックパッカーを長くやっていたせいか、
新年やらクリスマス、誕生日はもう何度も
長距離バスや電車で過ごしたことはあるので慣れっこ。

でもそのときはまだ10代・20代。
30代になったら、もう夜行バスなんて乗ることも
ないんだろうな、なんて思っていましたが、乗るもんですね。

僕にとっては飛行機もバスも寝れないことが
多いですが、今回の幕張へは、新幹線&JR乗り継ぎ
よりも、京都から幕張へ直行バスがあるので(なんて
ありがたい!!)、そっちの方が多分断然楽なんです。
夜に移動できるのは時間節約にもなるし!


今回のFOODEXには、今日からDari Kの若手マネージャー
(といってもみんな若手ですが)が行っており、
お店もショコラティエがきっちりやってくれるので
本当に心強いです=) Thanks everyone!

ということで、ホワイトデーまで怒涛の日々が続きますが
昨日お伝えした自信たっぷりの新作を引っさげて
あと10日間駆け抜けたいと思いますので
是非FOODEX・百貨店・お店でお会いしましょう!


ホワイトデーのお知らせ&

ホームページで更新前に一足早くホワイトデーについての
お知らせです。

Dari Kでは3月6日(水)~3月14日(木)の9日間を
ホワイトデー期間とし、この間はバレンタイン同様
基本は木箱入りチョコレート(フレーバーはあらかじめ
決まっています)と生チョコ、そしていくつかの単品フレーバーの
販売となります。

いつものように個別にお選びいただくことは、この9日間は
できませんが、その代わり、バレンタインでデビューした
新作ローズのごとく、今回もホワイトデーでデビューする
新フレーバーがございます。

それは「ゴマ」と「プラリネ」。
胡麻は金胡麻を自家焙煎し、キャラメリゼして
フードプロセッサーで細かくし、ペーストになるまで練った
正真正銘100%自家製の胡麻ペーストを、チョコと合わせた作品。

白胡麻・黒胡麻・金胡麻、それぞれを試しはじめたのは昨年の秋。
半年以上商品開発につぎ込んだのは久しぶり。

実はゴマをチョコのフレーバーにするというのは
とっても珍しいかといえばそうではなく、いくつかの
ショコラトリーでは既にやっているところもあります。

ただ、サラダや野菜炒めでも何でも料理にゴマをかける
胡麻大好きの私としては、他社のチョコと組み合わせたときの
ゴマは本来のゴマの魅力を100%活かしきれていないと
常々思っていました。

それだけに、「これが本当のゴマなんです」という作品を
出したかった。だから長い間試作を重ねて、ついに納得いく、
他とは香り高さが段違いのものを完成させたのです。


そしてもうひとつのフレーバーはプラリネ。
そう、ナッツをキャラメリゼしてつくるペーストで、
これをチョコと合わせるといわゆるジャンドゥージャです。

普通プラリネを作るときに使うナッツはヘーゼルナッツか
アーモンドか、その両方。プラリネを作る作業はただでさえ
手間がかかるのですが(ナッツをローストして、砂糖で
キャラメリゼして、それを砕いてペーストにして練り上げる)、
ゴマと同様もちろんDari Kでは全て手作り。

そして他との一番大きな違いは、Dari Kでは
ヘーゼルナッツとアーモンドの他に、スラウェシ産の
あのカシューナッツを惜しげもなく使用しているということ。

Dari Kのカシューを召し上がったことのある皆さんなら
もうお分かりですよね?あのカシューです!とっても甘い!
カシューナッツはおつまみに入ってるしょっぱいバナナの形をした、
そんなのとは全然違う。自然の甘みたっぷりのあのカシューを
ふんだんに使いました。だから、プラリネそのものも
柔らかいふくよかな甘さがあるのに、それは砂糖由来というより
ナッツ本来の甘さだから、これまた驚くべきあと味の爽快感を
達成できたのです。

今日はまだ画像はお見せできませんが、是非皆さん
ご期待ください!販売は3月6日(水)からです!!
今回は京都タカシマヤと大阪イセタンでも3月6日~14日まで
販売致しますので、関西の方、是非!!

バレンタインではお取り寄せは休止していましたが、
ホワイトデーは個数限定でお取り寄せも可能にしておりますので
遠方の方も是非ご利用ください!




プロフィール

Dari K

Author:Dari K
Dari Kの経営者です
宜しくお願いします!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。