スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイにきています(1)

今タイのバンコクに来ています。といっても今回は
カカオ関連ではありません。

タイの外務省が、ASEAN+3(日本・中国・韓国)のフレームワークを
推進するために、自国を除く12カ国の若手を招聘。
タイ政府の外交や経済政策に関する取り組みを紹介し、また各国代表と
意見交換するとプログラムを開催しており、それに縁あって日本の代表として
参加しています。

TVP.jpg


13ヶ国のうちタイを除く12カ国から、各国1~2人が招聘されているので、
計約20名が参加しているのですが、そのうち約半数はいわゆる官僚で、
残りの半分が私を含め民間の参加者です。




今週は朝から晩までタイ外務省やその他省庁、あるいはシンクタンクなどを
訪問して話を聞いています。学生の時のように一方的に講義を聴くのではなく、
各国の参加者が結構積極的に質問したり意見を述べたりするので、日本を
代表して参加させていただいている身としてはウカウカしていられないのが実情。

特に日本は中国・韓国とならびASEAN+3のフレームワークでは
「+3」なわけで、例えばタイの輸出先としては以前は日本が最大の
輸出先であったのが今は中国にその座を奪われています。

またタイへの旅行者の数も、日本人はかつて1位でしたが今は中国に次ぐ2位に。
しかもASEAN+3の枠組みの中で多くのインフラ系のプロジェクトは
マレー半島と中国を結ぶ道路の建設や物流(陸路)の整備など
地理的にも中国寄りになっているのは否めません。

だから中国や韓国の参加者が積極的に質問をする中で
私が黙っていてはあかん!ここはフレンドリーな態度を保ちながらも
日本の魅力や重要性をアピールせな(なぜか関西モード)!と勝手に使命感に燃え、
かといってアグレッシブな態度をとるべき場では決してないので、
ちょこちょこ個人ベースでアベノミクスの説明や今後の日本の
ポジショニングを自分の観点から話しています。

2015年に「政治・安全保障共同体」,「経済共同体」,「社会・文化共同体」の
3本柱から成るASEAN共同体を目指すASEANは、今後東アジア地域の発展と
安定のためにも極めて重要で、またその重要性と潜在性ゆえに
非常に結束が固いと言えます。

とはいえ、各国ベースでみると、日本と中国、または日本と韓国との間に
領土問題があるように、例えばタイもカンボジアとの領土問題は記憶に
新しいところですが、東シナ海の利権をはじめ、各国ともに問題を
抱えているのは事実。

それでも、その問題は問題として専門家を中心に解決を目指し、
あくまで国同士では、また国民レベルでは敵対することなく
温和に互いを尊重し合い、統合に向けてやっていきましょう、という姿勢が
随所に見られ、官僚でも国際関係の学者でもない私にとって外交の
現場を垣間見ることができたのは素晴らしい経験です。

まだプログラムは続きますが、また改めて学んだことを
書きたいと思います。

(つづく)


スポンサーサイト

6月22日関西TV「よーいどん」

本日6月22日午前10:30~から関西TV「よーいどん」の
「関西ワーカー」というコーナーにDari Kが出ます。
20分くらいの長い尺で、お笑いのロザンとの絡みや
新作情報など盛りだくさん!

是非ご覧ください!!

駆け抜けた日々(2)

6月15日にはTEDxKyotoの最終スピーカーオーディションに
登壇させていただきました。

TED自体は数年前に知ったときに純粋にすごいと思いました。
プレゼンの場を与えられるというシンプルなイベント。
でもそのイベントに各界の超著名人が参加する。
そして観衆の質も高く、またネットでも公開されることから
世界中の人々へのリーチもある。本当に情熱的で革新的な
アイデアが発信されたら、世界を変えるんじゃないか、そう思いました。

幸いにも今回はファイナリストとして選出されたので、それにあわせて
インドネシアから帰国。そのまま数時間後にはTEDxKyotoの場に
いるというハードスケジュールでした。

TEDxkyoto.jpg

Dari Kのショコラティエらも応援に駆けつけてくれ、いつもどおり
ほとんど緊張せずに終わりましたが、スピーチが英語だったのと、時間制限が
あったのが若干慣れずに冷や冷やしました。

話の内容はDari Kの根源である「Beyond Fair Trade(フェアトレードを超えた取り組み)」。
フェアトレードが内包する根本的な問題を喚起し、その
解決策としてDari Kの取り組みや目指すべき道を発表しました。
もちろんこれは会社の宣伝ではないので、Dari Kという言葉は
使用しませんでしたが、それだと私がNPOなのかコンサルタントなのか、
何者なのか分かりづらかったかな、というのが反省点。

9月開催のTEDxKyoto本番に参加できるかどうかは別にして
今回のオーディションの場に立てたことだけでも十分に多くを
学び、また自分の活動のベースを整理出来たのが良かったです。


さて、今回の農園訪問では、カカオ農家と新たな取り組みを
スタートさせることに合意しました。それは、カカオだけでなく、
写真のようにバナナやパイナップル、マンゴー、パパイヤ、落花生など
他の植物も植えること。(アグロフォレストリーという概念)

DSCN0585.jpg


DSCN0625.jpg


DSCN0613.jpg



こうすることで、カカオの収穫時期以外に他の果物を
販売できれば、カカオ以外の収益源の確保にもなります。そして、
その余裕ができれば、カカオも収穫後すぐに現金化しなくても
発酵してより高い価格で販売することができ、農家にとってはもちろん、
チョコレートの消費者である私たちにとっても良いことです。

しかも、色々な植物を植えることで、生態系が多様になり、
土壌も改善され、生産性も向上するとの研究結果を論文で読んだので
もうこれはやるしかない!

でも何よりうれしかったのが、これをやりたい、と申し出たのが
前回も書いたようにカカオ農家自らだったのです。

自分たちは今はカカオの値段を決めることができず、国際価格に
振り回されている。でもそれをどうこうする力はない。

だったら自分たちでできることをしよう、とカカオ相場の
リスクヘッジの意味も込めてこのような取り組みをやりたいとのこと。

世界は変わる、世界を変える、というような表現がありますが
この言い方は正しいような気もするし、正しくもないような気もします。
というのは、「世界」というのがどこが自分と切り離されて
存在するような感じがするからです。

そうではなく、世界というのは私たち一人ひとりの集まりであって
世界が変わるのは自分たち一人ひとりが変わっていく結果に変わるのであるし、
世界を変えるのであれば、まず自分自身が変わらなければならない。

会社も同じで、会社を良くしようとしたら、そこに所属する自分が
変わらねばならないし、学校も同じ。何かを変えよう、変えたいと
思ったら、そこに所属するもの、あるいはそれを構成するものを
変えなければならず、それは多くの場合「自分」であったりするんですね。

「自分」はさておいて、大きな変革を望んでもそれは他力本願に
過ぎないのであって、まずは自分を変えるところから。

でも「自分」は一番コントロールが効くようで、実は一番変えるのが
難しかったりもするんではないでしょうか。辛いことは嫌だし、
大変なことは避けたいし。まさに自分との戦い。

でも自分の弱さに打ち勝つことが出来れば、そしてそれを多くの人が
出来るならば、学校も、会社も、そして世界だって、案外簡単に
変わるものかもしれません。

そんなことを、ここ数日考えていたのでした。


さて、明後日22日は第2回Dari Kセミナーです。
30日の回は既にいっぱいですが、22日(土)の回は
あと2人くらいは参加可能ですので、もしご興味がございましたら
是非ご参加下さい!メールで受け付けております。(詳細は
過日のセミナー案内参照)


DSCN0626.jpg


駆け抜けた日々(1)

随分ブログの更新が滞ってしまいました。
本当は毎日でも書きたいのに、書く時間もなくせわしく動き回っていたのは
いつからだろう。それを思い出すことさえ出来ないくらいに毎日が
時間に追われる生活になってしまっていました。

冬のチョコレートのシーズンではなく、この暑さが本格的になりだした6月に
ここまで忙しかったことは、Dari K設立して昨年、一昨年と
比較してもなかったように思います。

でも「自分が忙しい=新しいことがはじまる」ということなので
これらの種まきがまた徐々に芽を出し花が咲き、果実を実らせるのを
楽しみに待っていて下さい!

実は先週はインドネシアに行っておりました。
その時の話を少しだけ。

今回もスラウェシの州都マカッサルに着くと、すぐに農園のある中部スラウェシまで
車を走らせました。その間6時間。何度行っても、「あと数時間後には
愛しいカカオに会える」と思うと気分が高揚します!

今回、新しいプロジェクトが発足しました。
Untuk Indonesia Hijau(インドネシアをグリーンに!)と命名された
そのプロジェクト。実はこれ、私からではなく、現地のカカオ農園の
マネージャーたちが自ら作ったプロジェクトなんです。

untuk.jpg


これまでは、私が行って「これこれをしたい。それにはこれが
必要で、あなたにはこれをして欲しい」と説明をして、指示を出す
そんな風にやっていました。

でも今回は違いました。違うどころか、いつもと全く逆で、
彼らが「これこれをしたいので、Keiはこれをしてくれないか?これは
出来るか?もし出来ないなら、代替案としてこれもある」と
私に言ってきたのです。

なんか、涙が出そうになりました。
2年前は発酵とは何か、なぜ発酵が必要か、というところを
インドネシア語の辞書を片手に説明していたのに、
たった2年で、今は自分たちで新しいプロジェクトを考えている。

これって、すごいことだと思います。

彼らは2年前に私がやっていたように、今自分たちで
発酵と乾燥を終えた豆をかじり、中の組織と豆のアロマを
確かめます。そして私に向かって「発酵うまくできてるだろ!」って。

心が熱くなりました。


そして毎晩私たちは、夜中まで語りました。
イスラムなのでお酒は飲みません。甘いコーヒーをすすりながら、
今後の計画を立てる瞬間。

私は日本ではDari Kの経営者として活動していますが
インドネシアに来ると、彼らも同じファミリーのような感覚に陥ります。

互いを信じて、時間の経過とともに深まる信頼感と絆、そして仲間意識。

もちろん、まだまだ至らない点や課題は山ほどあります。

でも逆に言えば、その分もっともっとカカオ豆が美味しくなる
伸びしろがあるということ。それはつまり、チョコが一層美味しくなる
余地があるということ。

そんな希望を胸に、インドネシアの出張を終えました。

そして帰国後数時間後には、私は京都にてTEDxKyotoのスピーカー・
オーディションの場に立っているのでした


(つづく)

第2回Dari Kセミナー&Bar Rumah Kakaoの参加者募集

【第2回Dari Kセミナー&第1回 Bar Rumah KAKAOのお知らせ】

前回大好評だったDari Kセミナーを下記の通り開催します。
Dari Kの軌跡から今後の展開まで全てお話します!
【Dari Kセミナー】
①6月22日(土)17:00~20:00
②6月30日(日)16:00~19:00
*参加費5,000円
*デザート・プレート(2,000円)+チョコレート・トリュフ8個
木箱入り(2,835円) のお土産を含む

また、今回新たな企画としてBar Rumah KAKAO(バー ルマカカオ)を
開催します。これは、カカオをチョコレートとしてではなく、
料理やおつまみとして使い、それに純米カカオ酒「神香(かかお)」の
楽しみ方、カクテルの作り方、カカオリキュールの味見など、
カカオに酔いしれる会になります。

【Bar Rumah KAKAO】
③6月21日(金) 19:30~22:30
④6月30日(日) 19:30~22:30
*参加費 7,000円
*神香はもちろん、自家製カカオリキュールのカクテル、
フローズンカカオ、カカオを使ったおつまみ、デザートなど色々!
しかもお土産に純米カカオ酒「神香」1本(4,200円)差し上げますので、
実質は3000円以下でお酒もカカオのおつまみも新作デザートも
全てお楽しみいただける企画なんです!

Dari Kセミナーにしても、Bar Rumah KAKAOにしても、
どちらも来るだけで元が取れるようにしています。
これはDari Kとしてファンのための楽しいイベント(for Fans,
to have Fun!)にしたいからです。是非みんなでカカオを楽しみましょう!

〈場所〉
Dari Kルマ・カカオ店 (商店街の本店ではありませんのでお間違いなく!)
京都市中京区壬生森町58-11

〈参加方法〉
info@dari-k.com宛てに下記をお書きの上、メールでお申し込み下さい。

件名:イベント申込み(①~④のいずれか)

本文には

★ご参加希望イベント:①~④からお選び下さい。
①6月22日(土) 17:00~20:00(Dari Kセミナー)
②6月30日(日) 16:00~19:00(Dari Kセミナー)
③6月21日(金) 19:30~22:30(Bar Rumah Kakao)
④6月30日(日) 19:30~22:30(Bar Rumah Kakao)

★お名前(ふりがな付き)、
★ご住所(都道府県のみで結構です)、
★性別、
★お電話番号、
★ご職業、
★メールアドレス、
★コメントや質問(ございましたら)
をお書きの上、 メールでお申込みください。
追って確認のご連絡をさせていただきます。

*こちらはファンイベントですので前回同様、同業者の
参加はご遠慮下さい。同業者でDari Kの取り組みや
カカオにご興味のある方は、個別にご連絡下さいませ!

ひとりごと(続き)

前回のエントリーでは、Facebookの呼びかけの成果もあってか、
多くの「拍手」をいただきありがとうございます!

これだけご覧いただいていると知ると、俄然書く気も沸きます。
前回の続きでちょっと自分の考えをまとめてみました。
皆さんにとっても驚くべき事実だと思います。
是非現実を知って、自分たちに何が出来るか一緒に考えていきましょう!

......................................................

下記の表を見て欲しい。
これは、平成23年度の京都にある施設が障害者(就労者)に支払った
工賃(賃金・給与・手当など全て含む)の月額平均と全国のそれを
まとめたものだ。

工賃比較

これを見て、まず分かるのが、「工賃って結構低い」ということだ。
しかし、障害者が働くことで得る給料(=工賃)の平均というか
相場感を普通の人はもっていないだろう。

健常者と同じく18万もらっているときけば、それは「高いな」と
思うかもしれないが、それより下の場合、いくらが妥当なのかは
分からないのが通常だろう。

(ここで盲点なのは、仮に障害者の給与が18万だとして、
それだと健常者と同じだから、かれらの仕事量(能力や仕事の質・スピード)を
考えると、高いと感じることにあるかもしれない。

障害者は障害ゆえに、普段の生活には健常者よりお金がかかるので
あれば、それくらい本来は払われないと、フェアじゃない。
もちろんそれを給料として払われるか、その他の給付という形で
払われるかは別にして)

ともかく、上の表を見ても、工賃が高いのか低いのかいまひとつ分からない。
その理由は施設のカテゴリーが沢山ありすぎるからだ。
工賃の高い施設もあれば低い施設もある。施設の数や、その定員など
もっと詳細なデータが必要だ。

そこでもっと詳細なデータを探したら見つけたのが
下のものだ。

工賃

これを見ると、施設数も定員も殆どが就労支援施設B型だということが分かる。

A型は雇用契約を結んで就労の機会を提供するところなので最低賃金は
保障される。だから賃金は高くなるが、逆に言うと最低賃金を払っても
大丈夫なくらいの仕事をしなければいけない。
そうなるとその要求レベルに応えられる就労者(障害者)の数も
限られてくる(要は、障害の程度がとても軽く、健常者並みの仕事が出来ねばならない)。

直近のデータによると、A型とB型の割合は1:9くらいで圧倒的にB型が
多くなっている。

これで、スッキリ腑に落ちただろう。
障害者が働いて得る賃金は、A型を見ると8万越えだが、
B型は1.4万円であり、障害者の9割はB型の施設に入っていることを
考えれば、障害者の平均工賃は1.4万円と見るべきである。
(統計学的に言えばMeanをとるか、Medianを取るかということ)

となると、週5日、1日7時間(おそらく)働いて
給料が14,000円。時給換算してみよう。
14,000÷(1日7時間×週5日×4週間)=100
つまり時給100円だ。

障害者が働くと、その給料は時給100円。
これは妥当なのかどうか。
(マイケル・サンデル教授、どうでしょう?)

私が訪れた施設では、バスや電車で通ってる
障害者の方がほとんどで、自宅まで送迎というのは
ほとんどなかった。交通費を考えたらタダで働きに
いっているようなものではないか?

もう少し掘り下げて調べてみる必要がある。
そう感じて厚労省のHPを調べた。

すると、20歳未満のときから障害を持っている場合、
障害基礎年金が20歳から支給される。
障害の度合いによって1級・2級(1級がより重度)と
あるが、障害が中程度の2級の障害基礎年金は年額で
786,500円だ。(ちなみに20歳前から障害を
持っていた場合、普通の年金は働いているときに
年金保険料を支払っているが、これらの人は支払わないため
所得額によって支給制限もある)

話がそれたが、786,500円を12ヶ月で割ってみよう。
すると1ヶ月約65,000円となる。
障害者でB型の施設に通っている人の工賃が月14,000円だ。
ということは、両方合わせて65,000+14,000=79,000円となる。

障害者が健常者と同じように働きに出て、週休2日で
1ヶ月働いて79,000円。交際費とかは健常者よりかからないかも
しれないが、それでも病院や薬代などは健常者よりも
遥かに出費がかかると思う。それでいて79,000円は低い。

ちなみに京都市で30歳一人暮らしの健常者が生活保護を
受けるとしたらいくらか調べたら、83,700円だった。
生活保護を受ける人はそれなりに厳しい現状があるのかも
しれないが、でも現実的に仕事も見つからず、生活保護を受けると
83,700円支給されるのに、障害者は毎日働いて
79,000円の支給は、私に言わせれば日本の社会保障制度は
大きく間違っている。

それではいったいどうすればいいのだろうか?

現実問題として、障害者年金の額を上げるのは厳しいと思う。
なぜなら、ただでさえ日本の年金制度は破綻リスクを抱えており、
これ以上支給額を増やしたら、それは年金制度の破綻を
早めることになるからだ。

だとしたら、方法は1つしかない。
工賃をあげるのだ。

これは直接Dari Kとは関係がないし、私個人が
どうこうできる問題ではないかもしれない。
とは実は思わない。

インドネシアのスラウェシと日本を結び、
変革を起こしているのは事実で、それを設立から
この2年で成し遂げてきた。3年目の今年は
現地に農園を借り、そして現地でのカカオの加工もはじめる。

自分なら何かできると思う。少なくとも、
施設の人や障害者の家族が、もっと障害年金をあげろ!と
国に言ってもきっと国はそれに応えられないが、
工賃をあげるための策を考えることなら私は出来ると思う。

今の現状はどうにか変えていかねばならない。
ただ、かといってDari Kをこのまま投げ出すわけにもいかないので、
今後自分がどう関わっていけるかを考えていきたい、そう思う。

私の勘違いや理解の及んでいない点も多々あるとおもいます。
コメントあったら是非お気軽に!


《補足》
もともと国の障害保険福祉施策は平成15年のノーマライゼーションの
理念に基づき、充実してきた(と国は言っている)。

そこでは、障害ごとに施設を分け、また昼夜その施設に入れて
おけるような体制だった。

しかし、障害ごとに行く施設が決まってしまうと縦割りになってしまい
障害者の選択肢が限られてしまうこと、また日中も夜も同じ施設になると
これまた各障害者のニーズに合わせた施設を選べないことになる、
というような問題点があった。

これらの課題に対応する形で、平成24年4月から障害者自立支援法が
改正・施行され、①障害の種類に関係ない施設の運営、②介護は介護、
訓練は訓練と様々な施設を組み合わせて選べるようにした。

よって平成24年4月からは(私がまちがっていなければ)授産施設は
就労継続支援施設のA型、B型に変わっているため、今は存在しなくなっているが
ほとんどはB型に変わったようだ。

自立支援法平成24年4月から

ただ、障害の種類が違うのに全部受け入れたりするのはどうなのか?
障害者にとっては選択肢が広がるかもしれないが、施設を運営する側の
負担はどうなのか?法制度が変わると、企業であれ、施設であれ
大きな影響を受ける。この辺のどこまでを国は考えているのか
具体的には、今の施設のPL(損益計算書)が、この法制度改正によって
今後影響を受けるのか、それを考えているかは甚だ疑問だ。








プロフィール

Dari K

Author:Dari K
Dari Kの経営者です
宜しくお願いします!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。