スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝えるということ

今日は自分の考えの整理目的でですが、「伝える」ということに関して書きたいと思います。

「伝える」とは、知らないことを知らせることであり、
ということは知っている人と知らない人がいることが前提になります。
(お互い知っている場合もありますが、それは結果論であり
お互い知っていると事前に分かっているならば、伝える必要はなくなるはず)

たとえば、あなたが知っていることで私が知らないことはいっぱいあります。
あなたが生まれた場所について、私はどんなところか全然知らないと思います。
あなたの行った小学校も、中学も、きっと分からない。あなたが
経験した良いことも苦い思い出も、私は知りません。

逆に自分が知っていることでも、他人は知らないことは沢山あります。
たとえば僕はDari Kを経営しているので、Dari Kのことは誰よりも知っています。

でも、自分はダリケーの魅力が仮に100あって、それを全部知っていても、
発信力や説明不足によりその価値がフルに伝わらないことはよくあります。

たとえばダリケーを説明する時に、
「カカオの生産者から直接カカオ豆を買い取り、チョコの製造・販売まで一貫してやっています」
というのは、当然間違いではないです。

でも、これはダリケーの魅力のほんの一部であるし、そもそも魅力を伝えているかと
いわれれば甚だ疑問です。

「一貫してやるから、何がどうなるの)?」というところまでを説明しないと、
本当のよさや取り組みに対して評価してもらえません。

たとえば、一貫してやることで・・・
⇒商品面では、こういうチョコになるんです(市販のチョコとはこことここが違うんです)

⇒フェアトレードの面ではこういう効果があります(価格を上乗せして(でも生産物の質は低いまま)生産者の所得をあげるのではなく、技術指導を通して発酵などによるカカオそのものの付加価値を向上させている、だから豆も高品質になるし、ダリケー以外に豆を売っても付加価値がついているので評価される)

⇒食の安全安心という面では、こういう効果があります(誰がいつ収穫したかトレーサビリティが万全です)

というように、一歩掘り下げて説明しないと、普通に聞いていても響かないし、届かない。
せっかく100の魅力があっても、「伝える」ことをおろそかにすると、本当にもったいないことになる。

言わないのが美徳。価値は分かる人が分かればいい。そういう考えもあるでしょう、
それは価値観の問題なので否定はしません。
でも普通は、それではもったいない。せっかく頑張ってやっているんだから
出口の「伝える」ということをしっかりしなきゃアカンと思うのです。

テストのために100勉強して100覚えたのに、答案用紙に10しか書かなかったら、10点しかもらえません。
50しか覚えてなくても、50書ければ50点もらえます。自分は勉強して理解しても、「理解しましたよ」
と伝えるテストで、きちんと伝えられなければ、結局他の人からは「コイツわかってないやん」と
思われてしまう。

努力しても、最後の最後(伝えるということ)がおろそかになると本当にもったいないのです。
だからこそ、プレゼンや発表、テストでもそうだし、あるいはもっとカジュアルに、
ちょっとした会話でも、「伝える」ということをもう一度見直すことが必要だと最近痛切に思うのでした。




スポンサーサイト

経験知の重要性

久しぶりのブログの更新となりました。

ここ最近は、毎月のように海外展示会での出展があり
また国内でも製造・販売・商品開発など全ての面で
内部・外部問わず打ち合わせが入り、慌しくしております。

全てが全てスムーズにいくなんていうことはあり得ず、
打ち合わせという名の激しい議論や、今の取り組みが
否定されることも多々あります。ただ自分自身としても会社としても
成長するには常に変化し続け、改善を重ねていかねばならないのは明らかです。

仮に今、完全に機能しているシステムでも、1ヵ月後も完全に機能しているとは
限らない。環境や状況が変われば、当然ワークしている機能もそれにあわせて
fine-tune(微調整)しなければなりません。

あたかも「これをやれば大丈夫」のような、いつの世でも万能な法則などが
あるかのように宣伝されますが(本のタイトルをみても「こうすれば**できる」
「できる営業マンは**してる」「今やらなければならない**のこと」ばかり!)
それはその人がその環境で、そのときにワークした(機能した)ことではあるかも
しれないけど、それが普遍で永続的なもの(=「真理」)ではないと思います。

だからこそ、日々自己を反省し、頑張った点は褒める、でも、振り返って
もっと良く出来たかもしれないと思うなら、その点を悔いて「次はこうしよう」と
常に上を目指す。その積み重ねは、自分の経験に基づくので、本で読んだり
他人から聞く「知」ではなく、「経験知」なのです。それこそが本当の知恵になります。

人聞きでないこの「経験値」は、己の脳と身体に刻まれているので
忘れることはなく、それがその人の決断力(decision-making power)を高めると思っています。

決断力とは決して「こうしよう、ああしよう」と素早く判断をすることではなく
それぞれのオプション(選択肢)がもつうまくいった時のリターン(upside potential)と
うまくいかず最悪の場合のリスク(downside risk)を瞬時に正しく判断し、そこで
リスクとリターンと、その時間軸を総合的に判断することだと思っています。

判断するには当然、判断をするための経験が必要で、その経験は
「やったことがあるかないか」という次元ではなく、「以前やったときに
こうなったが、それはこういう状況だったらからだ」のように
経験から導き出される知、つまり経験知にまで落とし込まれていなければなりません。

だから私は、未来志向の「こんなのやったら面白いね」という議論も嫌いではないですが
「なぜ成功したのか」「なぜ失敗したのか」という振り返り会、反省会が非常に大事だと
思うのです。

告知いろいろ。

もう今日から7月ですね!1年の後半戦が始まりました!
時が経つのは本当に早いですね。

さてさて、 昨日台湾から帰国したのですが、台湾の食品展示会
「Food Taipei 2014」では、バイヤーの方から大絶賛で(特に「はちみつカカオ」と
純米カカオ酒「神香」。今回トリュフや生チョコは持っていかなかったので><)
海外でも評価していただけることへの誇りと喜びを得ることができました。

さすが台湾は「食」に対する意識がすこぶる高く、美味しいものへのこだわりや美意識の高さには驚かされました。


__.jpg

さらに驚いたのは、バイヤーだけでなく、この展示会にシェフやパティシエが沢山来ていました。
日本で開催される食品見本市のFoodex(フーデックス)でもシェフやパティシエが
世界各国の食材などを探しに来ますが、台湾ではそれがとても顕著でした。

片言の中国語と英語で彼らに対してカカオのことや生産国のことなどを話すと、
彼らも興味津々の様子だったのが印象深いです。

さて、以前お伝えしましたが、Dari Kでは毎年夏に社員を連れて
インドネシアはスラウェシ島のカカオ農園に行っています。
チョコレートの原点であるカカオ。今では世界第2位の生産量を誇るインドネシアの中でも、
生産がもっとも盛んなスラウェシ島。そこで改革を行っているカカオ農家を訪れることは、
カカオのことを学ぶにとどまらず、働く意義や生きる喜び、日本に生まれたこと、
自分ができること、しなければならないことなど本当に多くのことを考えるきっかけになります。

ツアーというような大袈裟なものではなく、今回は少人数でこのDari Kのカカオ農園訪問に
興味のある方も同行できるようにしたいと考えております。そこで、日程や費用など
ご興味のある方は弊社の足立までご連絡いただけましたら、メールや電話、Faxなどで
ご説明&資料を送付させていただきます。

夏は航空券が非常に混むのと、第1次締め切りそのものが7月5日と
日が迫っておりますので、ご興味ある方はすぐにお問い合わせいただき
ご検討下さい。一生に一度の経験を、Dari Kと一緒に!

《お問い合わせ先》
Dari K 足立こころ
E-mail: kokoro.adachi@dari-k.com
TEL(直通): 070-6928-6456

これとは別件の告知になりますが、7月2日(水)13:30-17:30に
総合地球環境学研究所 にて「フェアトレード」についての講演をします。

第1部(13:30~15:00)は東ティモールのコーヒー農家や
NGOピースウィンズジャパンさんが生産現場のことなどをお話するようで、
私は第2部(15:20~17:30)でDari Kの取り組みをお話させていただきます。

フェアトレードラベルジャパンの理事の方やフェアトレードくまもと推進委員会代表の方もお話されるとのこと。

Dari Kの取り組みは、俗に理解されているフェアトレードとは趣きも
アプローチもだいぶ違うので、どんな反応をみなさんにされるのか不安半分、
期待半分ではありますが、これを機にフェアトレードの幅や今後の展開を
私自身も含め参加者全員が考えられるきっかけになれば良いと思います。

ちなみに場所は総合環境学研究所(通称「地球研」)で、
総合地球環境学研究所
〒603-8047 京都市北区上賀茂本山457番地4
Tel.075-707-2100(代表)
です。詳細は
http://www.chikyu.ac.jp/rihn_13/archive/topics/2014/topics_140702.html
をご覧ください。

一般の方の参加も大歓迎とのことなので、お時間ある方は是非お越し下さい(要事前予約)!
地球研
プロフィール

Dari K

Author:Dari K
Dari Kの経営者です
宜しくお願いします!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。