スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TPP雑感Part 2

昨日の続きです。
読んでない人は、Part 1から読んで下さいね。

②どうせやるなら早くやる。

10年前、私は交換留学でシンガポール国立大に行ってました。
当時の現地でのホットな話題はFTA(自由貿易協定)。
今振り返れば日本は2002年に、初めてシンガポールと
FTAを締結したわけですが、当時はシンガポールとFTAを結ぶことで
どんなメリットがあるのか、なぜシンガポールなのか、
ASEANとFTAを結ぶのは日本が先か、中国が先か、などを
現地の学生とよく議論したものです。

10年前からFTAは騒がれていました。韓国や中国は日本より
もっともっと積極的にFTAを推進していたんです。
世の中の流れは自由貿易です。WTOにしろ、バイラテラル(2カ国間)の
FTAにしろ、この流れそのものは変わりません。
だったら、農業が云々言ってないで、とりあえず
交渉に参加すべきです。

考えがまとまるまでは様子を見る、これは
本当に日本のダメなところだと思います。
私がオックスフォード大学院に留学していた時も、
シンガポールに留学していた時も、そして外資系投資銀行で
ニューヨークに研修に行ったときも驚いたこと。
それは分からないことがあったらその場で聞く、
ということです。

先生が話の途中であろうが、上司が説明中だろうが、
分からないこと・確認したいことがあったらすかさず
話を遮ってでもする。そしてそれをよしとする文化が
海外にはあります。

翻って日本。分からないことは最後に手を挙げて質問。
それまでに頭の中のクエスチョンマークはどんどん膨らみ、
話が分からないまま進んでいき、最後には何が分からなかったのか
さえ分からない状況に(苦笑

個人的には、人の話を遮るのはやはり礼を欠くと思うし、
すぐに聞かずに自分の頭で考えて、調べて、それでも
分からなかったら聞く方が学習になると思いますが、
それとこれとは話が別。

海外のやり方がそうなら、日本もそれに従わなければ
なりません。郷に入っては郷に従えです。
ただでさえ国際会議の場で、沈黙の多い日本人。

とりあえず交渉のテーブルにつかないでどうするの!
「ちょっと様子を見ます」なんて言いつつ後ろの席で
隠れていたら、もう日本の存在感は忘れられます。
まさにJapan Passingです。

TPPなんてその影響の範囲も大きさも分からないものに対し、
今日本が出来ることはとりあえずこの流れに乗ること。
そしてきっちり発言して、自国に不利な条項には
しっかり意見を言っていくことが大切だと思います。

こんな光景を思い浮かべてみてください。
たとえばある多国籍企業が、社員を募集している。
条件は会計とパソコンが出来ること。

中国人Aは会計50点、パソコン50点だったとして
インド人Bは会計40点、パソコン30点だったとして
日本人Cは会計70点、パソコン70点だったとして
でもこの募集している企業の採用担当者も
本人同志もお互いの点数を知らないとします。

こんな場合、面接では日本人はきっと「まあまあできます」
なんて謙遜するでしょう。

でも中国人やインド人は「テストは受けたことないけど(←嘘)
会計もパソコンもすごく得意です!」なんて自信満々に言いますよ。
そうすると雇われるのはもちろん中国人やインド人です。

そして採用が決まったらめちゃめちゃ頑張る。
結局入社する頃には中国人もインド人もちゃんと
80点以上のレベルにはいく。

このエピソードの教訓は何か。
Be aggressive!
嘘でもいいからとりあえずアピールする。
そして実際始まるまでに頑張ればいい。
自信を持って!

「日本はTPPに興味はありますが、農業問題など
センシティブな分野もありまして・・・」なんて
言いながら国際交渉の場に行ったらその時点で
負けなんじゃないですか。

はったりでも「日本はTPPのポテンシャルを最大限
受けるよう現在国内で取り組みを加速しています。
是非力を合わせて、環太平洋地域の貿易を促進し、
共に経済発展を遂げましょう」なんて言えば
諸外国から日本のリーダーシップに期待も
寄せられるでしょうに。

連日のように報道されるTPPのニュースをみるにつけ、
こんな風に思ってしまうチョコレート屋の店主でした。


*ちなみにTPPがチョコレートに及ぼす影響としては
海外からの輸入チョコレートの関税が低くなるので
消費者にとっては嬉しいですね。

Dari Kにとっては、もともとカカオ豆そのものには
関税率0なのであまり関係ありませんが、
パームシュガーなどの砂糖に関税がかからないようになれば、
砂糖もスラウェシ島からとることができます!

でもそれよりもっとやりたいのは現地で
チョコレートショップをオープンさせること!
そのためには、日本のクリームが必要なので、やはり
関税はない方がいいですね!(そうそう、日本の農業は
TPPを契機に海外に打って出る戦略を採るべきだと思います!)




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

TPP

この流れが変わらない、変えられないものならば、腹くくって早く飛び込むのがベターでしょうね。Dari-Kのアジア進出もやりやすくなるんでしょうか。

TPP 

店主が二回にわたり、TPPについて「雑感」を書か
れた。
このようなきっちりした文章に、「雑感」とタイトル
されたことに、「これが雑感?」と思いながら読みま
した。
それでは阪田もTPPについて雑感してみたい。

その1 「TPP=農業」としての報道
「TPPに加入すれば、安い農産物が輸入されるけど、
農家はやっていけるのか」というのが、主に報道されて
きた。
そやけど、日本がTPPに参加を表明した時の、アメリ
カのコメントは「日本の非関税障壁はやめてね」という
ことでした。
そして今になって報道されたのは、「牛肉」や「郵貯」
を開放してくれという要求だ。
考えてみれば「農業=米」なら、TPP加盟国で日本の
米の質(好み)に達している国はないかもしれない。
なので、「TPPが農業開放なら大丈夫かも」というの
が、漠然とした阪田の思うところでした。

その2 「牛肉と郵貯」
牛肉が他国から輸入されるようになったのは、30年
くらい前だどろか。
輸入され始めた頃は、硬くて筋がたくさんあって日本人
の口にはあわなかった。
よやけど、いまでは、日常の晩御飯で食べるのは、外国
の牛で十分といったとこまでになった。
今回は、BSEの検査はやめてねということだろうか?
一方「郵貯」って、随分、日本の内部的なところにきま
したね。
郵貯の優遇が廃止されれば、その分、普通の銀行に貯金
することになる。
アメリカの銀行が日本に進出しても、預金が集められるよ
うにするということなんでしょうか。
それにしても誰が「TPP=農業」という報道を進めたの
でしょうか。
その誰かが、この先のストーリーを組んでいると思うが
阪田には誰かはよくわかりません。

その3 中国
先日、中国は日本がTPPに参加することを評価したとい
う報道がなされた。
何かひっかかる。
中国は、アメリカ中心に太平洋諸国が連携するのは、おも
しろくない。
それは深読みして、日本がアメリカのブロック経済側に参加
するなら、逆説的に「日中関係は終わりにしてもいいよ」と
言ったんではないかと思っています。

その4 この先
店主の意見に異を唱えるなら、現実的にアメリカが日本に対し
て金儲しようといているいう考えをとる場合、押し切られるも
のが多すぎるのではないだろうか?
この先でてくるもの それは
①建築資材?
②弁護士?
③保険?
④医療?
そんなワードがでてきたら、注意してみたい。

その5 最近読んだ本
それは「Chocolate Book By Miki Miyahara」
です。
知ってます?

それでは、また。

                     阪田 彰   






























Re: TPP

Dari Kアジア進出したいですね!次のターゲットはもちろんインドネシア!カカオ生産地を消費地にすることが、美味しいカカオ作りを広げるためにも、サステナブルな環境を作るためにも必要だと考えます!

Re: TPP 

さすが阪田さん、勉強熱心でいらっしゃいますね。
TPPで他国が何をどこまで仕掛けてくるか、
すぐには何も要求してこないでしょうが(要求したら
日本は保守的に引っ込むのを知っているから)、
いつどのタイミングで要求してくるかはナゾですね。

ちなみにChocolate Book By Miki Miyahara
どんな本でしょう?是非今度お聞かせください!
プロフィール

Dari K

Author:Dari K
Dari Kの経営者です
宜しくお願いします!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。