スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨人の肩の上に立つ

「巨人の肩の上に立つ」
この言葉を聴いたり見かけたことはあるでしょうか?
英語では"Standing on the shoulders of giants"と言います。

この言葉、かのニュートンが良く引用していた言葉で、
彼の偉大な発明や功績は、彼より以前の研究者の成果があったからこそだ、
ということで先人への敬いを表していると同時に、過去の
成果の蓄積を活かすことの重要性を物語っています。

私の使う検索エンジンは通常googleですが、
学術論文を検索する時などはよくgoogle scholar
(グーグル スカラー)を使用します。

これは論文を探す時に便利で、キーワード検索だけでなく
その論文がいつ発表され、どれだけ他の論文に引用されているか
も分かるので、とても便利です。

大学や大学院を卒業したのに、なぜ論文を探して、読むのか?
それは、日本語で書かれたカカオに関する本が少ないからです。
それに、仮にあったとしても、また聞きのような情報で
その情報が正しいのかどうかが分からないからです。

その点、論文として発表されているもので、ましてや
他の論文にも引用されているものは信憑性が高いので
カカオ関係のことを勉強するのによく利用するというわけです。

話を戻して、この「巨人の肩の上に立つ」とは
何も学問の世界のことだけではありません。
先人や先を行く企業の成果・戦略などはとても
参考になるし、それを参考にしない手はないと思ってます。

経営学修士(MBA)では、殆どがケーススタディをします。
こういう状況に陥ったら、あなたなら経営陣としてどういう判断を
下すべきか、それを考えるのですが、実際にあった(起こった)
事例を出し、学びます。(私はMBAを取ってはいませんが
MBA留学する友人などから話を聞いても、今も
ケーススタディが主だといいます)

みなさんは、日ごろ巨人の肩の上に立って仕事に取り組んだり
勉強したりしているでしょうか。巨人の肩の上から見る
世界は、実は今見ている世界と全然違うかもしれませんね。

そして最後に。今はDari Kは巨人の肩の上に立って
考えさせていただくことが多いですが、いずれは
Dari Kの取り組みや成果も「巨人」の一部になれるよう
付加価値をどんどん世の中につけていきたいと思います。

以上チョコレート屋の店主の独り言でした。

P.S.
Dari Kのチョコレートはお取り寄せも数に限りがある状況で
2月1日からはお取り寄せもおそらく休止させて頂く予定です。

しかしながら、近鉄百貨店バレンタイン限定チョコレートでは
オンラインでDari Kのバレンタイン限定チョコレートセットが
今なら予約できますので、遠方の方は是非ご利用ください。
限定100セットですが、まだ残りがあるようですので、お早めに!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Dari Kが巨人となったときに肩に立って行動を起こす人はどんなことに取り組み、どんな成果を上げるのでしょう。
素晴らしいDari Kの成果が土台となるプロジェクト、楽しみでもあります。

Re: タイトルなし

北村さん、ありがとうございます。

今は巨人の肩の上に乗っているDari Kも、いつか巨人に、人をのせられる
巨人になれるよう頑張ります!
プロフィール

Dari K

Author:Dari K
Dari Kの経営者です
宜しくお願いします!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。