スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チョコレートの祭典

いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。
そして最近チョコレートの生産のために
本来ならばこのブログで発信していきたいことが
沢山あるのに、なかなか書けずにとっても残念です。

今日もまたこれから仕込み。
折角ご予約頂いているお客様が大勢いらっしゃるので
そりゃもうとびきりフレッシュなチョコレートを
お届けするため日夜奔走しています。

さて、百貨店にも出店しているので
直接チョコレートを持っていったり、
販売員さんに話を聞くために毎日会場に足を
運んでいるのですが、チョコレート大好きな
アメリカ人(在京都)の友人から先日メールが来ました。

百貨店の催事場でのバレンタインフェアを訪れた彼は、世界各国から有名ブランドがこぞって出店し、
それに群がるように女性が買い物をしている光景に驚いたといいます。

ただその驚きは、催事場の華やかさだけでないようで、違和感も同時に覚えたといいます。
というのは、ほとんど全ての出店しているチョコレート・メーカーが
どこの産地のカカオ豆を使い、カカオ分がどれくらいで
味の特徴がどうかを記載もしていなければ
販売員が説明をしているわけでもない。

ショーケースに綺麗に並べられたチョコと
そのラッピングを、「どうだ、美しいだろう」と
言わんばかりにアピールしている各ブランド。

そしてその見た目の華やかさとブランド名につられて
商品を選ぶ客。

彼は、そんな光景をみて、「そのチョコが美味しいかどうか、
自分の好みにあうか、渡す相手の好みに合う味かを
日本人は考えないの?見た目で判断するの?
せっかくこんなに多くのブランドが集まっているのに、
そのチョコの原料のこだわりやカカオ豆の産地、
チョコレートの味の特徴をちゃんと全面に出しているのは
Dari Kくらいだったよ」というメールをくれました。

言われてみればその通りかもしれません。
意識的にみてみるとチョコのこだわりがつぶさに見えないブランドが多い気がします。

カカオ豆の焙煎からやるから良いとか偉いとか
そういうのではなく、たとえクーベルチュール(製菓用
チョコレート)を使用していたとしてもどのような
クーベルチュールを使用しているのか、どういう
味に仕上げているのか、その辺のことを
各ブランドは本来であれば明確にすべきだし、
明確にしないのは明確にするほど工夫をしていないか、
あるいは日本人はパッケージや見た目で判断するから
その説明は不要と思われてるのでしょうか。

表示ラベルをみると、製造者ではなく
販売者となっているところも多いのが実情。
つまり、自分のところでチョコを作っているのではなく、
自分のブランド名でOEM(他社に作ってもらう)に出している
ところも多いんです。そうなると、こだわりとか
その辺も薄らぐのは免れない事実。

結局何が言いたいかというと、Dari Kは
チョコレートメーカーとして、そして豆の焙煎から
手がけるものとして、飾らないけどやるべき仕事を
しっかりやるべきだし、実際にやっている。
そしてそれを分かってくださるお客さんがいて
このことが嬉しいということです。

着実に一歩ずつ、量産はできないけれど
この味を多くの人に知っていただき、これが縁で
チョコのこと、インドネシアのこと、食べ物のこと、
世界のこと、経済のこと、いろいろ考えるきっかけに
なればと願っています。

でもこんなに考えなきゃならなくなるチョコは
小さくても重たいですね(笑)。まあ本当のカカオの美味しさを
分かって頂ければまずは十分良いのです!
今始発列車で大阪へ向かっています。
作りたてのチョコレートが召し上がっていただく人に
笑顔をもたらしますように。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

美味しかった!

こだわりのチョコレート、今日友人たちといただきました。
どれにしようかみんな楽しく迷って、誰もがおいし~い!って。
みんなを幸せにする仕事、いいですね。


こだわり

初めてコメントします。
私が昨日感じたこととリンクしており嬉しくなってコメントしました。
店の名前やパッケージだけで群がる客でごったがえす百貨店。。連日お祭りですね。私もチョコが好きなので足を運ぶのですが、どんなこだわりを持って作っているチョコか聞くとスイスのクーベルチュールを使っているとか、海外で賞を取っている有名なショコラティエが作っているなどがっかりします。
極めつけは、神戸大丸に京都の料亭の料理長が作ったチョコがあり、試食をもらって興味を持ったので売りを聞くと、料理長が作ったので他とは違うはずですが、違いがわからないですか?という始末…ショコラティエでもない和食の料理人が作ったことを得意気に語り、客に逆ぎれする…変な世界ですね。
そんな店でも購入する客がいる現実。
Dari Kさんのように生産者と繋がっていて価値があり、オリジナルの売りがあるお店が増えていったらいいなと思います。

応援しています!!

今回大阪の伊勢丹の祭典で初めて購入しました。お店のコンセプトにとても共感しておりまして、以前より気になっていたのでとても良い機会でした。試食が有料というのも、納得です!
無類のショコラ好きとしては、Dari-Kさんのようなショコラトリーが日本にできて嬉しい限りです。京都に行った際には是非お店に行きたいです!!
板チョコはお作りしないのでしょうか?

初めての試食です。

三越伊勢丹にて試食させていただきました。
舌が麻痺するような甘いチョコに辟易していましたが
たくさんの試食チョコレートの中でもここのチョコレートは
香ばしく一味違うチョコレートでした。
ブログも拝見しましたがとても勉強になります。

バレンタインのチョコ

阪田が住んでいるマンションの入口には、クリーニング店が入って
います。
当日受け取りができない時は、マンションの宅配ボックスに入れて
いただけるという便利さです。

だいたいは一週間分のスーツ、ワイシャツを土曜の朝に預けて、そ
の夕方に取りに行きます。
クリーニングの受付の女性はマンションの子供に大人気で、いつも
カウンターで子供が女性に話しかけています。

一週間分しか服がないので、週末の内にクリーニングが完了しなけ
ればなりません。
そやけど、土曜の夕方に取りに行くのを忘れていると、電話をいた
だいて、阪田が取りに行けるか聞いていただいて、その細やかさに
感謝しています。
  
今日はバレンタインデーでした。
仕事帰りに宅配ボックスのクリーニングを受け取り、クローゼット
にかけました。
そのスーツなどが入れてあった袋に、小さなチョコが詰めあわされ
たものが入っていました。

明日は、その「小枝」や小さな板チョコを食べよう。

 
                          阪田 彰

今回のバレンタインでは京都の高島屋、伊勢丹、大丸と大阪の伊勢丹の催事会場へ行きました。
大阪の伊勢丹には催事がはじまってすぐの土曜日と最後の土曜日に行きました。
もちろん、ダリK さんも覗かせていただきました。
でも、会場ではチョコを購入していません。
理由は自分の食べたいチョコやプレゼントしたいチョコを
選べなかったし、お味見チョコでも選択できなかったからです。
(ちょっと食べてみたいチョコがありますので
京都のお店の方に行かせていただきますね。)

カカオの産地については、
確か大阪の伊勢丹で出店されていたお店の1つに
その国でとれたカカオだけで作った
タブレットを売っているお店がありました。
国によってカカオの含有量が違っていたので
何故国によってカカオの含有量が違うのか聞いたのですが
店員さんは答えることができず、残念です。

今回のバレンタインでいくつかチョコを買いましたが、
そのチョコレート1つ1つについての
説明(構成、思いなど)されたパンフレットを
付けているところって少ないなぁと思いました。

バレンタイン催事については、
普段意識することもないチョコレートについて
知ることができる良い機会だと思っています。
贅沢を言えば、主催者側でチョコレートの楽しみ方というのを
イントロダクションとして何かやっていただけると
もっと楽しめるのですが・・・(^_^;)

Re: 応援しています!!

返信が滞ってしまい申し訳ございません。
温かいメッセージ、とても励みになりました!

3月7日から大阪伊勢丹にまた参りますので
どうぞお立ち寄りください!新作も用意してございます。

板チョコに関しては、作るかも!?しれません。
シンプルなものこそ、素材と技術が生きるので
作るとなったら相当なものを作る意気込みです。
世界を驚かせたいです!!

Re: タイトルなし

ご丁寧なメッセージありがとうございます。
そして返信遅くなってごめんなさい。

バレンタインでDari Kがチョコの個別販売(フレーバーの選択)を
しなかった理由は、お好きなものをお選びいただくと、
夕方になると人気のフレーバーが売り切れて
例えば12個入りで全種類フレーバーを欲しい人などに
ご迷惑をおかけすることになるのが目に見えていたからなんです。

Dari Kのお客様の本当に多くの割合がリピーターさんで、
バレンタインの時だけでなく、本当に美味しいチョコを
イベント時だけでなく楽しんでくださる方々に
ご迷惑をおかけしたくなかった、これが本心です。
せっかく色々覗いて頂いたのに、お選びいただけなくて
申し訳ございませんでした。

でも、京都のお店ではゆっくりじっくりお選びいただけますし
説明も差し上げられるので、今度是非こちらへお出かけの際は
お立ち寄り下さい!


Re: 初めての試食です。

ありがとうございます!
チョコが甘いか苦いかは、それはカカオでなはく砂糖の量の多寡であって
カカオの産地やローストや発酵はあまり関係ないですね。
後者は甘さではなく、香ばしさやアロマ、味の変化をもたらす
要素に関連しますので。チョコは奥が深いですよね、ホント!
プロフィール

Dari K

Author:Dari K
Dari Kの経営者です
宜しくお願いします!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。