スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一流の思考法

最近は日本酒についての投稿が続いたので
今日はちょっと趣向を変えて経営のことを
書きたいと思います。

定期購読している経済雑誌PRESIDENTの
4月16日号は「一流の思考法、落第思考法」と
題して、大手企業経営者の思考というか考え方を
紹介していました。

上場企業の経営者ともなると、もちろんみんな
すごいのでしょうが、私個人的な意見としては
読んでいて「あー共感できる」「そうそう」と思う
思考をしているのはそのごく一部だったりします。
(偉そうですいません)

もちろん私は経営者としてはようやく1年経つくらい
ですし、商店街の小さい小さい店の経営と、
資本金の0の数が3つも4つも違う大企業を
比較するのはちゃんちゃら可笑しい話です。

けれどDari Kは単にチョコレートを加工・販売している
町のお菓子屋さん・パン屋さんとはわけが違って、
国外での原料の調達から輸入から加工まで、
そして店舗販売・お取り寄せ・百貨店やホテルでの販売まで
サプライチェーンの全てを手がけているので、
規模こそ違うもののビジネスとしてのカバレッジの
広さは大企業に遜色がないと思っています。

そしてそういう意識で経営していく上で大切なのは
情報とネットワークであり、店での仕事と切り離して
家に戻るとコツコツ日本内外の情報を浴びています。

話を戻して、その雑誌に書いてあった一流の
思考法で強く共感したのは楽天の三木谷さんと
マクドナルドの原田さんです。

大企業の経営者となると、多くの事業セグメントがあり
また多くの子会社・孫会社をかかえ、さらに海外部門と
自社のことだけで思考がパンクしそうですが、この2人は
発想そもそもが違うんだと思います。

以前仕事でファーストリテイリング(ユニクロ)の
柳井さんにお話をうかがった時も感じましたが、
このような人たちの考え方は「積み上げ式」では
なく、「逆算式」なんだと思います。

これは記事とは全く関係なく、私の個人的な見方なんですが
「積み上げ式」とは今自分が(会社が)持っている
リソース(資源:設備であったり従業員であったり
ネットワークであったり、所有するもの)をどのように
活用して、どのように伸ばしていくか、ということから
始まる発想で、この良い点は現実ありきで考えるため
無茶なことにはつながらず、あくまで実現可能な
枠組みで思考が進んでいくことにあります。

他方、三木谷さんや原田さんなどの「逆算式」とは
こうあるべきだ、こうなるはずだ、という未来のイメージを
まず持ち、その未来で自分あるいは自分の会社は
どういうポジションでいたいかを描き、それに
合うように逆算して今するべきことを考える
思考だと思うんです。

こうすることで、今足りない設備や人などのリソースは
すぐに補充する。すぐにやらないと間に合わないんです。
だからみんなスピードを重視する。

楽天やユニクロが英語を公用語とするのは、三木谷さんなり
柳井さんは、数年後、あるいは数十年後の日本の縮小する
(既にかもしれませんが)マーケットで戦っていても
仕方ないということが見えていて、そのためには
世界で売っていかないといけない、そのためには
自社社員が世界でビジネスを展開できるよう英語が
必須になるし、また外国人を採用して今のうちから
海外でマネージャーとなれるよう訓練しておく必要がある
というのが見えているのでしょう。

日本企業なのに英語が公用語となると
「なんて奇抜な発想!」「極端だ経営方針」なんて
新聞や雑誌などメディアは反応しますが
経営者にとってはむしろ今やらないと間に合わない、
今やっても遅いくらい、というのが本音なのでしょう。

その他多くの日本の企業は「積み上げ式」なので
今あるものは伸ばせるかもしれない。例えば
今利益率が10%で100円の利益をあげている企業が
あるとして(ということは売上は1000円)、
積み上げ式でオペレーションの効率を上げ、10年後に
利益率を12%にあげられたとしても、市場そのものが
縮小し、シェアは横ばいだったとしても、売上が800円に
落ちれば、利益は96円と、利益ベースでは
下がってしまう。積み上げた結果、利益「率」は
上がっても、結局減収減益なんですね。

これが「逆算式」で考えて、海外のマーケットに
果敢に挑戦していくとする。投資も大きく、
また試行錯誤もあるので、利益率は今の10%から
10年後は8%に落ちるかもしれない。
でも縮小する国内のマーケットだけでなく成長著しい
海外の市場でシェアをとっていくので、売上は
1500円で、利益は120円となり
結果的に利益「率」は下がったのに
増収増益も達成できます。

何も「積み上げ式」=利益率の向上、
「逆算式」=利益率の低下というわけではなく
上のケースはあくまで一つのシナリオに過ぎません。

普通に考えれば売上規模が上がるに連れて
固定費はそこまで増えないので利益率も向上し、
時間の経過とともに全てが上向く方が寧ろ普通です。

今大きな企業でも、10年後、20年後はどうなっているか
わかりませんし、今小さな企業だからといって
今後どんどん伸びるかもしれません。

大企業だから潰れない、というのが幻想だというのは
周知の事実。消費が冷え込み、将来の見通しが
明るくないこういう時代こそ、今後は経営者の思考が
しっかりしているかどうかに企業の成長もかかっている
と思います。

翻ってDari Kは1年でメディアへの露出や
百貨店での催事販売、インドネシア貿易振興センターからの
推薦状の授与など多くの実績を上げてきました。

これらは全て支えてくれた皆様のお陰で、
大変感謝はしていますが、このスピードは
あくまで想定線。このスピードが維持できないようでは
Dari Kのビジョンなんていうのは、私が
生きているうちに達成できないでしょう。
逆算すると、このペースは必要最低スピードなんです。

だから何度も書きますが、
Dari K never stops!!



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

マクドナルドの原田さんが先日テレビでおっしゃっていました。
新しいことをするとき、時間をかけて戦略を練り、考え抜いてシュミレーションをするが、いざ行動する時は猛スピードで実行に移すと。。
Dari Kの止まらない挑戦が頭に浮かび、吉野さんを頼もしく思いました。
走り続けてください!!

Re: タイトルなし

へー、TVに出てたんですね~!見たかった!

考え抜くことも大事だけど、行動に移すこともすごく大事なんですよね。

いくらイメージトレーニングしても、試合に出て打席に立ってバットを振らなきゃ
ホームランもヒットも打てないですしね。もちろん三振の可能性はあるけど、
でも次の打席に臨めばいいだけの話で、まずはバットを振ることが大事。

これからも走り続けます!

チョコ歴11ヶ月雑感

1 チョコレートの定義
①チョコレート生地のみでできているもの(例:板チョコ)で
カカオ分は35%以上であるもの
あるいは、
②そのチョコレート生地を60%以上使ったもの
(例:トリュフ型で油脂や砂糖やナッツやフルーツとか加える)

2 現 状
一概にチョコレートといっても、高級店のカカオ100%のも
のも、表面はチョコレートでおおわれているものの、中身はナ
ッツのプラリネやったり、ドライフルーツがたくさん入ったりし
ていても、やっぱり「チョコレート」と名のれる。
つまり、まあまあカカオを入れれば、チョコレートなのだ。

3 煮詰まっているのか 
ハイカカオやったり、トリュフに色んな食材いれてみたり、装飾
が綺麗やったりと、チョコの向かう方向性として、色んなものが
煮詰まっているようにも思え、行き着くとこまで行き着いたとも
思える。

4 自分の食べたいチョコ
そやけど、この11ヶ月、色んなチョコをいただく機会に恵まれ
たけれども、自分の食べたいチョコは他にもあるんではないかと
思っている。

5 賞味期限
Dari-Kチョコの賞味期限は一週間なので、廃棄リスクと常に向き
合うこととなるらしい。
そやけど、ガナッシュ自体の賞味期限が一週間なので、賞味期限が
一週間以上の食材なら入れられるという強みがあるらしい。
ふつう2ヶ月の賞味期限のガナッシュには、お茶の葉やそのままの
ピスタチオをのせたりはできへんということになる。

6 さらに短く
例えば、賞味期限が一週間のガナッシュに、賞味期限が三日の食材
をいれる。
それで、チョコ自体の賞味期限は三日になってしまう。
賞味期限が明日のものを入れるなら、今日作って、明日中に食べな
ければならないことになる。
賞味期限が当日っていうのは、かっこよくないん?

7 チョコレートフォンデュ
例えば、生のフルーツにチョコをつけて食べる。
それはほとんど、フルーツを切った瞬間しか食べ時がないというこ
とになる。

8 型
この前、チョコレートの「型(モールド)」を買いました。
なのでカカオペーストに色んなもんを入れて実験してみたいと思っ
ています。
「型には、はめるけど、型にははまらず」みたいな感じで(笑)

どこにも売ってないけど、自分で一番うまいと思うチョコを自分で
作りたい。
そんなことを思う11ヶ月目でした。

                         阪田 彰





























 














Re: チョコ歴11ヶ月雑感

チョコ歴11ヶ月とは思えぬ深い話ありがとうございます!

>「型には、はめるけど、型にははまらず」みたいな感じで(笑)
あまり冗談を言わない阪田さんのこの発言にほっこりしました=)

賞味期限の話が出たので、私なりの考えですが、
賞味期限=利便性であって、
賞味期限が短い=新鮮(でないと食べられないもの)はあっても
賞味期限が短い=美味しい、というわけでは必ずしもないと思うんです。

賞味期限が短い=新鮮だから美味しい、は「あり」ですが。

そうすると、賞味期限を短いものを作るのは
廃棄リスクを高くしたり、お客様に使い勝手の悪さを
与えてしまうので、本来ならば賞味期限は長いものを
作った方がいいのですが、でもDari Kのチョコレートに
限って言えば、賞味期限は1週間でも、本当に本当に
ベストな美味しさは作りたての時です。

まだガナッシュを冷やして固まらせず、チョコレートが
液体の時、あの瞬間のチョコは、もうびっくりするほど
美味しいです。

通常チョコフォンデュやチョコレートファウンテンは
た~~~~っぷりの油を加えるので(でないと流れない)
私はあの油のチョコを口にしただけで、というか
口にするのを想像しただけでアウトになっちゃんですが、
あのDari Kの出来立ての液体のガナッシュを
フレッシュフルーツにかけたら、もうそれこそ、
想像しただけで天国に行きそうな感じです。

ちょうどガナッシュを作っている時に今度来店されたら
その至福をおすそ分けしますね!


おら東京さ行くだ

チョコレートにはそれぞれの距離がある。

フランスのチョコも、イタリアのチョコも、スペインのチョコ
も割と入手しやすい時代になっていると思う。
日本に支店があったり、ネット通販で買えてしまったりする。

そやけど、押し花したようなあのチョコはなかなか手にはいら
へん。
たとえば、本国の本店しか店がなくて、ネット通販しないとい
うことになると、やはり、物理的距離と同じだけ遠いといえる
のではないか?

ところで、こんど関東に旅行して、東京に寄ります。
「ル ショコラティエ タカギ」って、知っていますか?

                       阪田 彰

                        阪田 彰



Re: おら東京さ行くだ

今や海外のブランドも日本のブランドも
ネットで取り寄せることができる時代ですね。

便利といえば便利ですが、やはり店に行くと
その雰囲気や香り、音など五感で感じるものがあるので
その醍醐味は変わらないでしょうね。

今度東京へ行かれるんですか。
是非楽しんできてください!東京は関西にはない
お店もいっぱいありますしね!

プロフィール

Dari K

Author:Dari K
Dari Kの経営者です
宜しくお願いします!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。