スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Can you appreciate it?

今日あるお客様が大阪から
わざわざDari Kにお越し下さいました。

以前も大阪や神戸、滋賀など京都外からでも
わざわざお越し下さったお客様はおりましたが、
京都の繁華街である四条河原町や烏丸から
だいぶ距離がある三条商店街のDari Kにまで
市外から来て下さるって、ほんと感動ものだと
思うんです。

「チョコ好きで、豆から作ってると知って
興味持ったので大阪から来てみました~」と、
もうそんなこと言ってくださるものだから
めっちゃ嬉しくなりました!

それで、色々お話してチョコを食べて頂いて
「カカオの香りが広がって美味しい」と
仰って頂けて、これはもうチョコ職人
冥利に尽きますね。

ちなみにですが、この方のブログを拝見して、
度肝を抜かれました。チョコに関するブログですが、
もうブログというより、カタログというか
この情報量と味に対する的確な描写、画像、
どれをとっても比類なきクオリティで、
金融テーマ以外のブログでここまで
感動させられたのは初めてです☆

ところで前にも書いたと思うのですが、Dari Kの
チョコレートの一粒315円というのは、板チョコが
100円で買えることを考えると、また牛丼が
300円でおつりがくるこのご時世を鑑みると
高いと思われても仕方がないと思ってます。

でも、です。Dari Kはカカオ豆を商社を
介さずに輸入するわけです。豆の産地である
インドネシアから、パートナーと協力して
原産地証明を取って、コンテナを手配し、
輸送中にかびたり虫がよってこないように
燻蒸措置の指示を出すんです。

それと並行して決済のためにドル円相場をみて
ドルに変え、現地の銀行に送金。

コンテナが港に着けば、農水省の植物検疫やら
厚労省の輸入食品検査を経て、関税・消費税を
支払い、店舗近くの貸し倉庫まで運送・保管etc...

しかもカカオ豆の価格は毎日カカオ豆相場で動いているので
チェックしなければならないし、インドネシアで
カカオ豆の害虫である蛾が発生していないか
現地の知人に定期的に聞いたりもしています。

しかもここまでは豆を仕入れるまでの段取りであって
豆のローストから、皮むきから粉砕から
ペースト化までどんだけ時間がかかることか!

いいんです、好きだからやってるので!
美味しいチョコを、本当にカカオに忠実な
チョコをつくりたいからやってるので
いいんです。

でもこれだけの手間と作業量を
考慮した場合のチョコ一粒315円って、
客観的にコスト計算しても奇跡的に安く
抑えられていると思うんです。

しかも手作りだから生産量なんてたかが
知れてますし、生産者に還元する部分を
多くしたい面もあり、利益最大化をビジネスの
核とするならば、Dari Kはビジネスの主流とは
かけ離れた存在です。

元金融業界にいたので、その時の知識と経験を
活かしてこれ以上できないほどの効率化を
してのこのお値段。だから正直、植物油脂を
使ってる市販の板チョコと比較されては
何とも言えないし、牛丼と比較されちゃ
やっぱり何とも言えないです。

人それぞれ、何に価値を見出すか、
適正な対価の考え方は違って当然。
私自身、よく牛丼屋は行くし、立ち食いそばも
よく行ったし、でも職人さんが握る
寿司屋にも行くし、素材にこだわり抜いた
レストランにも行きます。

貧乏旅行で世界一周していたときは、
1日の移動・宿泊・食事すべて込みでも
500円も使わない時も多々ありました。
もちろん土産だってとことん値切りますが、
それが手作りのバッグや彫刻の時、私は
それを作るのにどれくらい時間がかかるか
聞いて、無理に値切りませんでした。
そこだけは、守ってました。

それは職人に対するrespectだし、
その文化であれ産業の継承と発展のための
消費者の責任だと思うからです。
(ちなみに今私が愛用している耳かきは
おかんが数年前にデパートの職人市で
見つけてきたもので、職人が手で一本ずつ
木を削って作ったもので1本5000円とかのもの
ですが、やっぱり職人の技には魂が入っていて
いいです!)

モノやサービスを絶対的な価格だけで
判断した結果、粋なもの・上質なものを
味わうことができないなんていうのでは
せっかくの一度きりの人生、もったいない!

で、いったい何が言いたいかというと
「だからDari Kのチョコを買って」、ではなくて
そうやって手間と技がいっぱいかかっている
Dari Kのチョコの価値を分かって試しに
来て下さるお客様がいる、ということが
とても嬉しいということです!!

それを言いたいがために、こんなに長々と
書いてしまいました。でも、最近の
日本人の価値観は、若い人、年配の人に
限らず、「本物」「上質なもの」をappreciateする、
つまり評価する姿勢も、その力も
なくなってきたように思えてなりません。

経済状況が厳しいから節約、それは
多いに結構。でもappreciateする力を身につけるには
それなりの知識と経験、そして投資も必要です。

英語のappreciateという単語(動詞)の意味は
「評価する」の他に「真価を認める」
「鑑賞する」「感謝する」という意味があります。

身の回りのもの、是非appreciateしてください。
まずは「鑑賞して」しっかり「評価し」、
その「真価を認め」、「感謝する」。全て
appreciateです。

Dari Kはチョコの世界では新米ですが
appreciateされるチョコレートを作り続け
られるよう、今日もまた頑張ります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最近ずっと聞いていたのは「→Pia-no-jac←(ピアノジャック)」という、ストリートでの日本人ピアノ弾きのCDだ。
そのCDを店主に渡していたのだが、今日はお店のプレイヤーで流していただいていた。
ピアノジャックは疾走感があり、強烈にかっこよくて独創的だが、それがDari-Kにも共通するのではないか思い、また実際マッチしいるようにも思えた。
しかし、店主の旅のビデオに流れている音楽の方がしっくりこないだろうか?

それにしても、このような店主の「とあえず試してみる」というスタンスは、彼の魅力のひとつだ。

Ratu⇒Kismis⇒Ratu⇒Ratu⇒Raja⇒Jeruk⇒Ratu⇒Kacang⇒Ceri

                                       阪田 彰

Re: タイトルなし

「とりあえず試してみる」
大事にしています。

小田実の「何でも見てやろう」ではないですが、
やっぱり時間は有限、人生一回なので
やれることはやって、試せることは試して、
っていうスタンスで生きています。

考えても埒が明かないことが多い世の中、
やってみたら本来の期待とは違ったところで
新たな発見があるかもしれないし、批判するにしても
とりあえずやってからすべきですしね!

阪田さんのカカオ豆の味の違いに関する
仮説&検証、久しぶりにエキサイティングな
時間でした!

ソールに釘

革靴の質については、よくわからない。
なので革靴は百貨店のセール時に買うことにしている。

先日、店員の男性が随分と薦める10000円の革靴を買った。その靴の定価はなんと27000円だ。
そんな上等な靴ははいたことがないので、いい機会だと思って買ってみた。
どちらかというと重いし、晴れていてもめっちゃ滑る。やはり靴の価値はよくわからない。
それでも、靴のソールには何本もの釘を打って靴本体にくっつけられていたので、手間をかけられているのだろう。

時間が経過してはじめて価値がわかるということも普通にあるので、もう少し味わうようにはいてみよう。
しかし、価値がわかって、高い靴しかはけなくなっても、それはそれで困るのだ。


Rt6 Rj3 Jr3 Kc3 Cr3 KM2 Ks2 Kr2

                                  阪田 彰  


Re: ソールに釘

いつもながら深いコメントありがとうございます。

私は個人的に靴はある程度良いものを選ぶようにしています。
といっても選ぶ決め手は、価格はもちろんですが
その用途を重視しています。

今革靴だけで5足ありますが、
フォーマル用、雨の日用、ややカジュアル用、など
自分の中で使い分けています。

チョコレートもきっと毎日用、特別な日用、
プレゼント用、とか分けてもいいですね。

価値が分かる男、私も目指してます!

文学

銀の匙 中勘助 岩波文庫(大正2年初稿) 

久しぶりに文学作品を読みました。
小説の類ではなく、彼自身の子供時代を書いた自伝風の作品です。
大人になって、たまたま、ひきだしの中に「銀の匙(さじ)」を見
つけて、少年時代を思い返すのです。

病弱で知恵も遅れて生まれて、どこに行くにもおばさんに背負われ
て幼少時代まで過ごすのですが、その「銀の匙」で毎日薬を飲むの
でした。
そして9才になったころには、健康で、勉強もできるようになって
自信がついてきました。

その頃、となりの家に同い年の美しい少女が引っ越してきて、毎日
のように二人きりで遊ぶようになります。
そして少女とつりあわない自分の外見が気になりはじめます。
初めての小さな恋心が、当時の生活ぶりや子どもの遊びなどを背景
に綴られていきます。

時の流れに洗われて、なお、輝きを増すという貴重な作品でした。

ここまで書いて巻末の解説を読んでみました。
先人の影響がなく流行に左右されない作風は独創的すぎて、夏目漱石
に評価されて、初めて世間に知られるようになったそうです。
阪田もなかなか見る目があるかもしれません。

従いまして、Dari-Kチョコも、じきにチョコレート界の漱石に
appreciateされることでしょう。

                           阪田 彰

Re: 文学

興味深いですね。
いつか「銀の匙」読んでみたいです!

チョコレート界の漱石にappreciateされたいですが、
でも思い返してみれば、偶然ランニングの帰りに寄ってくださった
チョコマニアでもい阪田さんが、Dari Kのチョコに出会いカカオマニアに
なってくださったことの方が、私は正直嬉しいです。



隣の隣の隣の隣

阪田が思うに、Dari-Kチョコの価格は、むりくり百貨店で
売っているチョコの価格まで落として売られているというの
が本当のところなのではないだろうか?

Dari-Kのチョコは、阪田なら「えーっ」というくらい強烈に
手間がかかっている。
加えて、「Dari-Kにだけ豆を運ぶ」という輸入代金は、阪田
にはわからへんけど、安くはないと思われる。

つまり、普通のチョコとは、原価のかかり方が、別の次元のも
のだ。
本来なら、焙煎から手がける外国のチョコの相場と同じ値段で、
さらにたくさん売れて初めて成り立つのだと思う。

Dari-Kチョコは一見値段は高いが、実は毎日が「Sale」状態
なのだと思う。

ところで、三条商店街をDari-Kから西に隣の隣の隣の隣くらい
にフローリングのスペースがある。
そこで、社交ダンス、習字、ヨガなど日替わりで開講されている。

阪田は今度の木曜日、初めて体験ヨガに行きます。
三条商店街って、かなり楽しいと思っています。

それでは、また明日に!!



耳にも

例えば、音楽を聴きながら、ヨガをする。
例えば、音楽を聴きながら、チョコを食べる。

最近、繰り返し聞いている音楽
ブラームス作曲のピアノ曲「OP118 1番、2番」
「OP」とは、「作品番号」のことで、だいたい若い時期に作曲
されたものほど番号も若いので、118はブラームス晩年の作品
ということになる。

ところで、「平原誠之」という現役ピアニストがいます。
彼を「100年に一度の天才ピアニスト」と評価する人がいる一
方で、正統なピアノ教育を受けていないため「賞」などはとられ
ていないようです。

そやけど、阪田がユーチューブで見たピアニストの中では、ダン
トツに弾きが速く、正常と神がかりぎりぎりなところが、息がつ
まるくらいかっこいい。

そして彼は来月4月に京都で演奏される。

日本酒101楽しみにしています。
「開運(静岡県 ㈱土井酒造所)は、「きれるのに甘い」という
ことでうまかったです。

                         阪田 彰

Re: 耳にも

Dari Kでは
OP 001 Raja
OP 002 Ratu
OP 003 Kacang
とかですね。

ところで正当な教育を受けていないから賞は
取れない、これが現実なんでしょうかね。
教育を受けた、受けない、そういう前知識が
フィルターとなって、その作品や演奏を
フェアに評価できないとしたら、残念な世の中です。

フランスで10年修行した○○シェフが作る
チョコレート。こう聞いて食べると
なんとなく美味しいような気がするでしょう。

Dari Kのショコラティエはお菓子作りのキャリアは
長いですが、フランスやベルギーで修行していた
わけではありません。

でも、誰よりもカカオにこだわり、カカオの生産者の
ことを考える私に共感し、カカオに情熱を注いでくれる
彼ら・彼女らの作品(チョコレート)は、
ストレートにカカオの良さを伝えてくれます。

フランスやベルギーで修行してないから、という理由だけで
「一流」とみなされないのが音楽だけでなくチョコレート業界にも
あるのならば、それは悲しいけど受け入れるしかない現実です。

でも、それが「一流」なら、そんな一流はDari Kは
求めていません。Dari Kにとっての「一流」とは
食べる人も作る人も、そして原料の生産者も、
関わる人全てにスマイルをもたらすものだから。

平原誠之さんも、もしかすると、そう思ってるかもしれませんね。





くちばしニュートロン

おもしろい場所をみつけたので紹介します。
京都高島屋から四条通を西に20mくらいに藤井大丸とい
う若者向けファッションビルがあります。

その7階に陶器が売ってあるんです。
そこには、若手の陶芸作家20人くらいの作品が並んでい
ます。
毎月ごとに、展示される作家は変わっていくそうです。

それぞれの作家のプロフィールからは、陶芸で生計をたてよ
うと志している方ばかりです。
自分の感性とか、芸みたいなことで生きていくのは、単純に
すごいと思ったりします。

カップやお皿が多かったです。
ふと、買ってみようかと思える値段設定なんです。
作られる手間を考えると、もっと高く設定されるべきところか
かもしれません。

手にとった感じも見た目の落ち着きも、大量につくったもの
とは全く異なる味わいがあります。

こういうお店が続いていけるような日本であればよいなあと
思ったりします。

店主も機会があればのぞいてみてね。
きっと、楽しいですよ。

Re: くちばしニュートロン

今度行ってみます!

実は陶器やお皿、グラス大好きなので!!

それにしても阪田さんはいつもいろんなものと出会いますね。

そしてその感動を分けてくれてありがとうございます!
プロフィール

Dari K

Author:Dari K
Dari Kの経営者です
宜しくお願いします!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。