スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の幸福論

「どんな人生を送りたい?」

そう聞かれて、皆さんはどう答えるだろうか?










社員に今日この質問をしたところ、
異口同音に「幸せな人生」という答えが返ってきた。

幸せな人生。
Happy Life.





幸せって何だろう・・・・???







幸せになるためには、何が必要なんだろう・・・・?







どんな人生を送りたいかと聞かれて、「幸せな人生」
と答えるのに、その「幸せ」や「幸せになるために
必要なこと・もの・条件」は何かと掘り下げて
聞くと、案外即座に答えることができなかったりする。









幸せ。
Happiness.








「幸せ」になる条件は、「健康」や「家族」、「友人」、「お金」、
「やりがいのある仕事」色々あると思う。


そして、それが全て揃えば幸せだとすると、お金持ちの
家に生まれ、健康で、将来のキャリアも安泰なこどもは
幸せを約束されているのだろうか?


一方で、もともと病気がちで、裕福でない人や
そのこどもは幸せではないのだろうか?


生まれながらに幸せな人がいる一方で、生まれながらにして
幸せでない人がいるのだろうか?


幸せは状態(フロー)なのか、それともピンポイントで一時的なもの
(ストック)なのだろうか?



いずれにせよ、僕の答えはこうだ。
幸せは、感じるもの。

そして幸せを感じるには、辛さや痛みを感じなければならない。


健康であるということは重要だけど、生まれてこのかた
ずっと元気な人にとって、健康がいかほどありがたいことかを
本当の意味で知ることは出来ないだろう。

家族や友人の存在は、失って初めてその真のありがたさを
気づかされるだろう。

それと同じで、幸せは、辛いことを経験して初めて
幸せを感じることができるのではないか。

だとすると、今苦しい、辛い、と思っていることも
将来(それが1時間後か1日後か、1年後か、10年後かは分からないが)
幸せと感じるためには必要なんじゃないかな。


幸せ。
Happiness.


Happinessのスペルの中には、p,a,i,nがある。
pain.
painは英語で「痛み・辛さ」を意味する。

ほら、幸せを成り立たせるためには、辛いことも痛いこともあるんだ。


人生自分の思い通りになんていかない。
辛いことも痛いことも沢山ある。
でもそれは幸せになるために必要なこと。

「辛い」けれど、もうひとがんばりしてごらん。
もう一(ひと)がんばり。
「辛い」という字に、もうひと頑張りの「一」を足せば、
幸せになるでしょう。

辛さは幸せの条件。幸せになるまでもう一歩。もう一がんばり。


You will be happy after getting through tough and painful time=)
So be positive! And take it easy!!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

共感です。五十齢を前に今、この様に感じてます。「幸せ」の言葉には謙虚でなければならない。
それは人生という恵みを大切に育てていくことであり、時とともに人との関係を輝かせていくようにしていくことでもある。
時が経てば経つほど人生が美しくなるように自らが育むこと。そして自らに頂いた経験、知識をもって、手のなかにあるものを掴んで行動する「勇気」だと感じてなりません。
「神香」を飲ませていただき、「チョコレート」という食べ物の悠久の歴史と、それに関わる人々の叡智があってこそ今の私の存在、あらためて「感謝」の思いがします。少々酔い過ぎですかね…(笑)

No title

人生の目的次第です.それにそって生きていれば,幸せになります.
頑張って下さい.

Re: タイトルなし

津田さん、素敵なコメントありがとうございます!

実は「神香」を飲みながら、私も同じことを考えたことがあるんです。

カカオの味がきちんとして、粒子も粗く、素朴であればあるほど、
それを食べてる瞬間というのは、昔の人(まあチョコレートとして
食べられるようになったのはせいぜい500年くらい前でしょうが)と
時空を超えてつながっているような。

焙煎したカカオ豆をかじるときには、それこそ1000年以上昔の
マヤ文明の頃の人とつながった感じがします。

その叡智を受け継ぎ、発展させることができたら、今の自分はとても幸せです。


Re: No title

Nanikさん、ありがとうございます!
目的に沿って歩む道は、きっと難しくて大変だけど、ネガティブなるのではなく、その道を歩んでいることそのことに喜びを見出せれば幸せということでしょうか。

達成するかどうか、という結果での幸・不幸ではなく、そのプロセスで幸・不幸を判断していくことが重要なのかもしれませんね。
プロフィール

Dari K

Author:Dari K
Dari Kの経営者です
宜しくお願いします!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。