スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑感

ここ最近、ミーティングに外出する回数が格段に増えています。
「Dari Kの商品を買ってください!」という営業と
いうよりは寧ろ、Dari Kのコンセプトを知ってもらい、
それで共感をして頂いて次につなげて行きたいな、
というスタンスです。

これまで金融をやっていた時も、学生の時も
私は結構アグレッシブだったと思います。というか
アグレッシブさがないと生きていけない環境でした。

ただ一口にアグレッシブと言っても、もちろんアポなしで
とりあえずどこにでも顔を出すのではなく、何を
話したいのか、なぜface to faceで顔を合わせて
話す必要があるのか、そのミーティングで相手は
どんなメリットがあるのか、それを納得してもらった上で
アポを入れ、話に行くというスタイルでした。

ここで重要なのは、「相手にメリットを提供すること」
だと思います。損得勘定抜きで話すのは、友達同士や
飲み会の席ならあるかもしれませんが、お互い
仕事として時間を割くからには、その時間に見合った
対価(かならずしも金銭的メリットだけでなく、知識や
情報なども含めて)を受けられなければ、ミーティングの
意義は相当薄れるというものです。

だから最近訪問した方々も、Dari Kとどこかで方向性が
同じであるとか、何か相互に便益があると思うような
ところに絞っています。

ミーティングで私は、商品の価値を理解して頂くための
説明はしても、チョコを買ってくれとは一言も言いません。
だから営業の成果がすぐに出るかどうかと言えば、
出ないかもしれません。でも、それは自分が分かった上での
行動だからいいのです。

投資をする時に、1週間で5%のリターンを狙うことも
あれば、1年で30%のリターンを取りに行くこともあります。
投資戦略を前者にしてしまうと、とにかく回転を早め
コンスタントに利益を上げていかなければなりません。
他方、後者の戦略をとると、いってみれば11ヶ月目まで
リターンが0%でも12ヶ月目で30%リターンがとれれば
OKです。

Dari Kは株式会社なので、もちろん経営の戦略というものを
持っています。実際、同じような事業をJICAやJETROからの
委託プロジェクトとして、あるいはNPOを組織して寄付金や補助金、
会費ですることも不可能ではありませんでした。

でも、「寄付金がなくなったから、補助金がでないから」
といって途中で事業を断念したら、それこそスラウェシの
農家の人々はどう思うでしょう。せっかく発酵することで
カカオが美味しく、付加価値がつくと実感してきたのに、
発酵してももう買い取ってもらえないと知ったら、
結局元のとおり発酵することもやめてしまうでしょう。
(既存の仕組みでは、スラウェシにおいて発酵されたカカオ
豆を購入する企業はDari Kが供給先としてパートナーシップを
組んでいる1社しかありません。)

だからDari Kは株式会社にしたのです。
自立して、サステナブルに運営できるビジネスモデルにする。
これらを踏まえると、その場限りのチョコを売る営業は
相応しくありません。前の例で言えば1週間で5%のリターンを
狙うようなものです。それよりも、ビジョンを説明し、
そこに共感して頂きつつ、時機がきたら受注させて頂く、
それで1年を通してみて当初の期待リターンがあがればいいのです。

この1週間、実に多くの方々にお会いました。
ブログで書いていいのか分からないので詳細は伏せますが、
普通では会えないような方々にお時間を頂き、またお越し
頂いてお話しました。そしてそのどれもが、これまでの
自分の人生とどこかでつながっています。

「東南アジア青年の船」だったり、高校・大学・大学院
だったり、また留学先だったり、幼いころ通っていた
学習塾だったり。さらにDari Kをはじめて出会った方々。
いつもコメントくださるSさんやMさんなど、いつも
励ましてもらっています。

そして遠く離れたスラウェシには、カカオ農家の
あんちゃんやおっさんが、インターネットがないので
今頃どうなってるかは現地の友人を通してでしか
分からないでしょうが、成功を祈ってくれています。

先日、日本最大級のビジネス系メルマガ「平成進化論」
でDari Kのことを触れて頂きました。私は直接
面識がなかったものの、尊敬する経営者である
開倫塾の塾長の林さんの勧めでメルマガを
購読しており、平成進化論の著者鮒谷さんの
考えには共感するところが多く、そのような方に
ご紹介頂くという幸運にも恵まれました。

今はショコラティエと自分の2人だけの小さな会社
ですが、お陰様で応援してくださる方は沢山
いらっしゃいます。その期待に応えるためにも
そしてスラウェシで待ってる農家の皆のためにも
もちろん焙煎したての絶品チョコレートのファンの
ためにも、一歩ずつ前に進んでいきたいものです。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

一歩ずつ着実に歩んで行かれるDariKさんには、大きな希望と夢を与えてもらっています。

これからもずっと応援していきますね♪♪

ビフォーアフター

今日は髪を切りに行くことにしていて、朝からお洒落なことを思いついた。
それは「カットに行く道の途中でDari-Kに寄って、カットした帰りにまたDari-Kに寄ること」だ。
でもそれは、先日常連の女性の方がそうされたそうで、先を越されたが、さすがに常連の方だと思った。
ちなみに、阪田が好きな女性の髪形については、断然ショートカット派だ。

今日もパンを買ってアイスココアを注文して、テーブル席で昼食をとった。どんなパンにもこの濃厚ココアは相性が良い。

そしてカット帰りにお店に寄ると、ショコラティエが「若返って見える」と言ってくれた。

                                           阪田 彰

訂正

正:アイスカカオ
誤:アイスココア

気になるアフター

Sさんもヘアカットの前後にDariK行かれたんですね!
何を隠そう私もです。ショートカットがますます短くなり、DariKさんに「さらに徳井さんぽい(チュートリアル)」と褒めてもらえました☆

若返ったSさんにまたお目にかかりたいです♪♪

はてしない物語

今日、Karamelを食べて、8種類すべてを味わったことになる。
しかし、これは何かの終わりではなくて、ようやく、はてしない物語の1頁目を開いたに過ぎないのだ。

はたして、この冒険物語で、主人公は、美しき女王ラトゥを救い出すことができるのだろうか?
そして世界一美しい定理を完成させることができるのだろうか?
そして僕は、窮地におちいった主人公を救うことができるカユマニスと呼ばれる空飛ぶ龍を探しに出かけよう。
こうして、僕の物語も始まるのだ。

Ratu⇒Kismis⇒Ratu⇒Ratu⇒Raja⇒Jeruk⇒Ratu⇒Kacang⇒Ceri⇒KayuManis⇒Raja⇒Karamel

                                          阪田 彰

ありがとうございました

メルマガを見て店長の吉野さんにぜひ
お話を聞いてみたいと思ってはるばる
静岡から伺いました。
カカオ豆探しのウルルン話や金融をされてたとき
のお話などすごく勉強になりました。

トラジャでのお葬式にまつわる異文化体験談も興味深く、スラウェシ島にいつか行ってみたいなー。
もちろん、チョコレートすごくおいしかったです。
あんなおいしいチョコだとは想像以上であっという間に食べてしまいました。
なかなかお店には伺えませんが、自分と家族用に今度はお取り寄せしますね。
またいつかお会いできるのを楽しみにしています。

Re: タイトルなし

夢と希望を与えられるなんて、これ以上
幸せなことはないです!

これからもよろしくお願いします!

Re: ビフォーアフター

髪切って一層お若くなりましたよ!

カカオは本当に健康に良いですし、Dari Kのは
豆をそのままペーストにしてるので栄養素の毀損・損失も
殆どないと思います。カカオを摂って、いつまでも
お若くいてください!

Re: 気になるアフター

髪を切る前にDari Kに寄って、切った後にもまた寄るのが
常連さんの間で流行ですか!?私もお店を1時間だけ空けて
髪切りに行こうかな~(笑

若返るのは髪のせいだけでなく、カカオのお陰かもしれません!

Re: はてしない物語

阪田さん、

全てのフレーバーお試し頂きありがとうございます!

ところで物語の主人公は誰ですか?僕ですか?Rajaですか?
そしてカユマニスは龍ですか?
チェリは?キスミスは?

続きが気になります!!

Re: ありがとうございました

わざわざ静岡から(!)お越し頂きありがとうございます!!
想像以上のチョコの美味しさとコメント頂き、すっごく嬉しいです!

そうなんです、カカオ豆を求めてスラウェシに行っていたときの
ウルルン話とか、そもそもこのビジネスを始めたきっかけとか
実は色々皆さんにお話したいことがあるんです!
だからお店に来て、お話聞いていただけると
それだけで大変嬉しいんです!

インドネシアは17000以上の島からなるまさに神秘的で
多様な面白い国。その魅力もこのブログを通して
少しずつ紹介していきますね!

はてしない物語1

僕は左手で一つ目のチョコレートを口に運んだ後、右手で物語の最初の頁を開いた。口の中で、その中から出てきたチェリーを転がした。

主人公は自分のことを指差し、「テンシュ、僕の名前はテンシュ」と名乗ったが、どこにたどり着いたのかもわからない異国の港で、集まってきた大人達の言葉はひとつもわからなかった。

これから始まるのは、東洋の国の「テンシュ(天守)」という青年の冒険物語だ。テンシュはその名が示すとおり、「天を守るべき者」としての使命をおっていたのだ。

次回へ続くのか?
Rt⇒Ks⇒Rt⇒Rt⇒Rj⇒Jr⇒Rt⇒Kc⇒Cr⇒KM⇒Rj⇒Kr⇒Ceri

                                          阪田 彰

Re: はてしない物語1

おお、ついにNever ending story始まりましたね!
待ってました!

テンシュの活躍、楽しみです!!

それと阪田さんの食べたチョコが多くなってきたため
省略形が使われているのが◎です!!

京都大阪神戸

各百貨店への出店、本当におめでとうございます。
この間、店主がされてきたこと、話されたことは、まったくブレがなかった
ことに、かっこよいと思っています。

京都、大阪、神戸の百貨店出店の際には、様子を見に行かせていただこうと
思います。
神戸大丸には、阪急三宮下車、高架下(すれ違えないほど人が多いファッシ
ョン街)を抜け、中華街に周り道してから行ったりしてみたい。

阪田は学生時代を西宮で過ごし、三宮には30分で着く距離でした。
久しぶりに行く三宮は、ほろ苦く、ちょっぴりベリーで、酸味のある当時の
ことなど思い返したりするのだと思う。

学生時代には、詩の同人誌をつくったりしていましたが、今は、実家に残して
いたか、後で読み返すも耐えられずに捨てたかは、忘れてしまいました。


「夕方から朝にかけて」

畦に沿う彼岸花は
日の暮れるごとに
その存在を溶かせてゆくのでありましょう

光と音を閉じた夜に
虫の羽音が
やはり溶けていた自分にしみてゆくのです

朝に
手のひらを仰向け
空を見上げてみるも
それは、あめんぼが降らせた
雨粒のひとつひとつでありました

                  阪田 彰

Re: 京都大阪神戸

ありがとうございます!
こうしてここまで来れたのも皆さんの応援とご愛顧のお陰です。

阪田さん、学生時代に西宮に住んでおられたのですね。
詩の表現とか、素敵です。

カカオのようにほろ苦く、ちょっぴりベリーで、酸味のある思い出話を
今度聞かせてくださいね!

時が経って、人生経験という名のプロセスを経た阪田さんのカカオは今
Dari Kのチョコのように濃厚で、でもべたつきのない
爽やかな余韻が残る思い出となっているかもしれませんね。
プロフィール

Dari K

Author:Dari K
Dari Kの経営者です
宜しくお願いします!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。