スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つながっているよ!

あっという間に2月ですね!

お店でも各百貨店のDari Kブースでも、トリュフや生チョコなど
毎日生産量に限りがあるため、売り切れてしまうことも増えてきております。

チョコレートそのものではなく、ご自身でカカオ豆からチョコが作れる
「手作りチョコレートキット」は相変わらず品薄ですが、
是非バレンタイン前の週末や祝日に試してみてはいかがでしょうか?

先週は台湾の三越に出店した後、そのまま東京に向かい
銀座三越・新宿高島屋の出店設営に行ってまいりました。

百貨店の催事に出る時って、設営が結構大変!
今回は1人で全てセッティングしなければならなかったので、
かなり時間はかかりましたが良いブースができました。

東京では、インドネシア大使館に行ってまいりました。
大阪の領事館の方は何度かいくのですが、大使館の方々には
いつもお世話になっているけど、直接大使館に行くのは初めてでした。

大使館というと、バックパックで各国を回っていた頃には
外国の日本大使館に行ったり、逆に次に訪れる国のビザ申請で
その国の大使館に行ったり(例えばエジプトでシリア大使館に行き
ビザを取る、など)しました。

近くで遠い存在の大使館ですが、一歩中に入ればもうその国の
雰囲気になっているから不思議です。今回はインドネシア大使館で
取材を受け、また今後の展開について色々報告をしてきました。
なんとすぐに記事にしていただきました。インドネシア語ですが、
是非http://www.tribunnews.com/bisnis/2014/02/01/cokelat-sulawesi-masuki-pasar-jepangをどうぞ。

その後は渋谷のNHKに行き、NHK worldのラジオ収録。
英語でのインタビューでしたが、とてもリラックスして出来ました。
僕の英語は、初めて留学したシンガポールの影響もあって
かなり訛りがありますが、アジア人同士のコミュニケーションには
もってこいです!

さて、本日も本店でTV収録など予定されているのですが、
メディアに出ることで1番喜ぶのは誰だと思いますか!?


実は・・・



インドネシアのカカオ農家なんです!
今から3年前、「あななたち(農家)が育てた美味しいカカオ豆を使って
日本で美味しいチョコにして広めたい」と言ったものの、
半信半疑だった農家に対して、村に行く度にこれまでDari Kが
TVに出ればそれを録画して見せ、雑誌に掲載されればそれを
スキャンして送っていました。そうすることで彼らも自信がつき、
カカオ栽培に誇りとやる気を与えることになりました。


日本でも頑張っている、だからインドネシアでも頼むよ。
インドネシアでいいカカオが獲れた、だから日本で美味しいチョコにしてくれ。

そんな無言のやり取りを通して、日本とインドネシアの架け橋というほどでは
ないけれど、見えない絆が強くなっていると実感します。そしてDari Kの
ストーリーとチョコを知ったあなたも、実は見えない糸で生産者とつながっているのですよ!

バレンタインの愛の精神は、国境を越え生産者への感謝の気持ちとなり
つながっているよ、というお話でした!



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なるほどねえ

インドネシアの農家の方々にとって
自分が原材料を提供している製品が日本のメディアに出ているのを見るって
重要なことなんでしょうね。
遠く離れたところでの評判を実感できますものね。
それは嬉しいでしょう。

つながっているといえば、
dari kの製品は味そのものがインドネシアの生産者の存在を感じさせますよ。
美味しいチョコレートは色々とあるのでしょうが、
食べて「チョコレートって植物で出来てるんだなあ」と気づかされるのは
dari kのものだけです。

いつも美味しくてすばらしいと思ってますけど、
チョコレートがインドネシアを伝えるメディアになってるんだなあと気付くと、
更になんかすごいですね。

Radio

NHK World 聞きましたよ~

しかし・・・

インドネシア語ではないですか!!

私には、「ぱんぱらぽんぱらたりらりらー」としか聞こえませんでした。 ようやく吉野さんの英語が来たーっ!と思いきや、数秒でフェードアウトし、キャスターのインドネシア語の解説が(T▽T)

そんな中でも理解できた、というか伝わったのが、インドネシアの人が本当にDari-Kのことをサポーティヴというかウェルカムに思っているということです。ご自身も本ブログで書かれていますが、本当にそうなんですね! 収録時間が長いのも勿論ですが、男性キャスターの熱い解説や、女性キャスターの関心具合がよく感じられました。最後の、バレンタインデーキス♪には、笑ってしまいましたが!

Re: なるほどねえ

Dari Kがメディアに出るのは、
①カカオ豆の自家焙煎から手がける美味しいチョコレート屋さんとして
②世界の不条理に取り組む企業(起業家)として
の2つのパターンがあります。

TVや新聞で取り上げていただくときは②が多く、
雑誌では①が多いですが、いずれにせよ
このようなメディア露出により、一番喜んでいるのは間違いなく
インドネシアの農家です!

今回、インドネシア語のラジオやニュースにも載る事ができ
翻訳なしで直接農家に伝えられるので特に嬉しいです!

furansuさんの「ちょっとフランス」のお惣菜も、作り手の
思いが沢山詰まっていて、しかも小さい中に色々な趣向が凝らしてあって
本当に美味しくて好きです!

いつか一緒に何かやりたいです。やりましょう!

Re: Radio

momoさん、

私も聴きました!!英語でかなりしゃべったはずが、インドネシア語で
かぶさって説明されてましたね~!でもメインリスナーはインドネシア人だから
その方がわかりやすくてよかったのでしょうね!

キャスターの方もとってもアツい人で、色々話を聴いてくださって
だから僕の想いは、「ぱんぱらぽんぱらたりらりらー」になって
きっとリスナーに伝わったはずです(笑)!

あとは自分でインドネシア語でインタビュー受けられるくらい勉強せねば=)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

Dari K

Author:Dari K
Dari Kの経営者です
宜しくお願いします!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。