スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっといい話

昨日、ちょっと心が温まることがありました。

さかのぼること数週間前、私の友人が東京から
京都に仕事で来るので、Dari Kに寄るという
連絡がきました。

しかし、あいにくその日は私が外出する予定があり、
店には出られないことが分かっていたので、
友達にはその旨を伝え、またショコラティエには
私の友人が来たら後で代金は私が払うので
チョコレートを一つその友人に私からと言って
サービスするよう話してありました。

翌日、ショコラティエと話していたところ、
その時ちょうど慌しくて私の友人にサービスを
するのを忘れてしまったということが発覚。

そもそも私の友人には、店に来てくれたらサービスを
するからと事前に言っていたわけではないので
大したことではなかったのですが、多忙の中わざわざ
時間の合間をぬって来てくれたのに、
私も店に居られず、なんの愛想もなくて
申し訳ないことをしたと思うと同時に、
ショコラティエには今度からは気をつけてね、
とちょっと注意をしました。

ショコラティエも単にうっかりしてしまっただけで、
そもそも大ごとではないので、今度は忘れないでね、
という感じで伝えて、今度からは気をつけると
言ってくれたので、さらりとその件は終わりました。

それからまた数週間が経った昨日。
たまたまその友人から電話がかかってきたので
話していると、「そういえばショコラティエの方から
手書きのハガキが届いて、すっごく嬉しかったよ~!」
とのこと。

何のことか私はさっぱり分からず、どんな内容が
書いてあったのかと聞くと、「先日はお越し
下さいましてありがとうございます。また京都に
お越しの際は是非遊びにいらして下さいね!」と
いうような内容だとのこと。

どういうことだ!?
頭の中で色々考えました。
その友人は以前お取り寄せをしてくれていたので、
Dari Kの店内にはその人に商品を送った送り状の
控えがあったのでしょう。おそらくショコラティエは
その住所を見てハガキを送ったんだな、
そう類推すると同時に、心の底からこみ上げる
ものが。もうジーンと。感動です☆

私に黙ってそういう気遣いをしたショコラティエ。
その友達がたまたま(別件で)電話をくれて、
そしてたまたまそのハガキのことを言ってくれたから
分かったこの事実。もし電話で話さなかったら、
もしハガキのことを友人が言及しなかったら
私はそれで知らないままだった。

私に知らせるためにやったのではない、
ショコラティエのその行動。Dari Kの趣旨に
強く共感してもらって、一緒に1から、いや0から
スタートしてからまだ3ヶ月も経っていません。

業務のかなりの部分で私とショコラティエは
担当を分けていて、私がカカオ豆の調達・輸入から
ペースト作りまでとあとは外部への営業を担当
しているのに対し、ショコラティエはペースト状の
カカオからトリュフ作成までの全般と、ナッツや
焼き菓子の製造を主に担当しています。

お互いがDari Kの発展のため、スラウェシのカカオ
農家のためと長期的なビジョンを持ち、来年には
カカオ農家に彼らが作ったカカオで、私達が
チョコレートを作って食べてもらうことを目標として
日々の業務をこなしています。

そんなショコラティエが、同僚であり部下であり、
でもお菓子業界では先輩であり、とても努力家の
ショコラティエが些細なミスに関して、私が
思ってもみなかった最高の対応をしてくれました。

そんなショコラティエと一緒に働けて素直に嬉しく、
すっごく光栄で、また尊敬の念すら覚えます。
今日はそんなことがあり、とっても良い一日と
なりました!


さて、暑い日が続きますが、そういう時こそ、
Dari Kの後味さっぱりのチョコレートで
疲労回復してください!ホットカカオの素で
カカオドリンクを作って、冷やして
アイスカカオにしてもとっても美味しいですよ!


最後に。
最近(というかだいぶ前からですが)、Dari Kに
遠方から来てくださる方が増えてきました。

前回私が対応させていただいて、今日も
大阪から来て下さったお客様!ちょうど
入れ違いでお会いできなかったのですが
タブレット(板チョコ)がお好きだということを
前回お伺いしたので、もしこの次来て下さったらと
カカオ100%のタブレット(というかカカオマス)を
実は用意してたんです(もちろん販売用ではないですが)。
リンツの99%も用意してたので、2つを比べて頂いて、
その違いについて語りあいたいな、と。

なので、もしまたお越し頂く機会がございましたら
事前にご連絡くださ~い!それ以外の方でも
チョコについてもっと教えてとか、こういう商品が
欲しいとかございましたら、もちろんショコラティエと
話して頂いても結構ですが、私もお話させて頂きたいので
事前にメールや電話でご一報くださいませ!

それでは皆さん、have a nice weekend!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

和のお気遣い・・

さすがMちゃんらしい繊細な心配りですね。
ブログを読ませて頂いただけでDariKさんの感激がとても伝わってきました。
そんな感激って本当にpricelessですね:)
DariKってそういうお二人の優しさや温かさがたくさん詰まっていて、お店にいるだけで幸せ♪になれる場所なんですよね。

ちなみに私もショコラティエさんからステキなお手紙を頂きました。さりげない言葉遣いの中に優しさを感じるお手紙で、大事にとってあります。

スペシャル

昨日もパンを買って行って、アイスカカオを注文して、テーブル席で遅い昼食にした。最近はDari-Kをカフェ使いするのが気に入っている。
ところで、昨日は「特別なアイスカカオ(スペシャルアイスカカオ)」をつくっていただいて、すごくおいしかった。
注文するときは「アイスカカオをスペシャルで」というのが、通っぽくてかっこいいのではないか。
しかし、アイスカカオとスペシャルアイスカカオの違いは、僕と店主とショコラティエの秘密だ。

                                          阪田 彰


Re: 和のお気遣い・・

青い鳥さん、

「DariKってそういうお二人の優しさや温かさがたくさん詰まっていて、お店にいるだけで幸せ♪になれる場所なんですよね。」こう言って頂ける青い鳥さんのようなお客様がいる、それこそがpricelessです!

幸せは減らないし、「与えられる喜び」だけでなく「与える喜び」もあって
Dari Kでは多くの喜びをもらい、与え、全ての人とともにHappyな日々を送れることを
願ってます!

Re: スペシャル

スペシャルが完成するまで、結構いろいろ仮説を立てて
検証して頂きました。そしてようやく、今のところベストと
思われるものが出来たんですよね!

意外と解決法はシンプルでも、そこにたどり着くまでの
道は簡単ではない。

カカオ豆から作っているからこその奥深さを今回
学ばせて頂きました!ありがとうございます!

改善

今日のアイスカカオは今までの中で一番おいしかった。
その理由は、ある改善をされていたからだ。

今までは、カカオに氷を入れるので、氷が溶けると味が水で薄まった。その改善策は、氷のかわりにカカオを凍らしたものを入れるというもので、当然それが溶けてもカカオは濃厚なままだった。
個人的にはその値段に相応な質ななったと思う。

今日、ラジオで「キヨピー」が「梅雨明けした」ことを伝えていた。
そしてショコラティエに「キヨピー」について説明した。

                                     阪田 彰 

Re: 改善

ホットカカオで氷を作って、それをアイスカカオを作る時に
使用すれば薄まらず、みずっぽくなりにくいはず、
これは数週間前に青い鳥さんが美味しいアイスコーヒーについて
何気なく話していた時に、氷もコーヒーで作っているという
ところからヒントを得ました。

そしてそれを実行しているときに、ちょうど阪田さんからも
ご提案があり、またまた運命めいたものを感じました!

私自身はキヨピーは存じ上げませんが、イメージでは
水前寺きよこです。

ホイール 

先日、ショコラティエと一緒に外国のチョコを食べた。
ショコラティエは阪田に感想を聞かれたので、
「ふつうです」と答えた。

なぜなら、Dari-Kチョコは「おいしい」が、今のところDari-Kチョコ
以外のチョコは「ふつう」だからだ。
しかし、「おいしい」か「ふつう」しか評価がないのは、わかりやすいが、
客観的な評価とはいえない。

そんなわけでチョコレートテイスティングとは、おおまかには
(1)どんな材料なのかという分析として
  ①カカオ豆の種類
  ②カカオ豆のロースト具合
  ③カカオ豆以外に入っている材料
(2)感覚的なチェックとして
  ①見た目(色つやなど)
  ②手触り
  ③香り
  ④口どけ、後味 
といったところみたいです。

ところで口に入れた時に鼻をつまむと、味覚が澄まされるらしいです。
それとテイスティングホイールというチェックシートを見つけたので
すが、英語なので、何が書いてあるのか店主に聞いてみよう。

                            阪田 彰


Re: ホイール 

これまでチョコレートを食べては感想を言い合うのは
してきましたが、基準や評価項目を設けて客観的に
味を分析するテイスティングは、それはそれで面白そうですね!
是非今度やりましょう!

ただ、テイスティングをするとなると、なんだか構えてしまって
純粋に楽しく味わえないと困るので、プレゼントや
自分へのご褒美チョコのときは、Dari Kの美味しいものを
何も考えず選んでお召し上がりください!

ちなみに②のカカオ豆のロースト具合、ここまで
分かるようになってしまうと、もうカカオマニアの中でも
トップクラスですね。
プロフィール

Dari K

Author:Dari K
Dari Kの経営者です
宜しくお願いします!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。