スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然災害リスクと社会政策

今日はちょっと真面目モードで書きます。

突然ですが、今回の東北大地震と原発関連の
ニュースを毎日のように見聞きしていると、
直接・間接問わず被害にあった農家の方への
補償はどうなって、それを受けて彼らは今後
どうするのか、ということが個人的にとっても
気になります。

政府や地方自治体の補償があるとはいえ、
またいつくるか分からない自然災害の怖さを
感じた直後に、今後の仕事としてどういう
選択をするのでしょうか。また農業を続けるのか、
これを機にやめて別の仕事をするのでしょうか。
カカオ栽培農家の方々とお付き合いがあるから
一層、他人事とは思えないのです。

今回のような地震はもちろん、天候不順や
台風でさえ、農作物には多大な影響を
与えます。1年かけて大事に育ててきた農作物が
台風によって、地震によって収穫できない
状況になってしまったら。。。

実際に農業を営んでいない私には理解できない部分も
多いでしょうが、例えば学生ならば、何ヶ月も
ほぼ毎日徹夜して完成間近の論文を
保存してあったファイルもバックアップ用の
ファイルも急にPCが動かなくなって使えなく
なってしまったと想像してみてください。

サラリーマンなら、何ヶ月もかけて準備してきた
案件が、最後の最後で急にダメになったり。

周りの人からみたら、「運が悪かった、
しょうがない、また頑張るしかない」というような
ことも、当の本人にはそれでは済まされない気持ちで
いっぱいだと思います。


私はイギリスに留学しているときに各国の社会政策を
勉強していました。社会政策とは、貧困から
ワークライフバランスから、年金から、人口問題から
民族的マイノリティまで社会の問題に対して、
どう政府はアプローチをしているのかということです。

それをまがりなりにも(というかかなりみっちり)
学んだ自分としては、災害がもたらす影響とそれへの
対応策というのも、これから社会政策の文脈の中で
きちんと議論していく必要があると思います。

カカオは天候の影響を受けるのはもちろんですが、
カカオにとっての大きなリスクは害虫(CPB
:Cacao Pod Borerと呼ばれます)です。

この害虫が大発生すると、カカオの木も実も全て
やられてしまい、当然収穫できなくなってしまいます。
これを避けるために、化学薬品を撒く農家も多いのが
現状で、初めてスラウェシ島の農家を訪れた時に私は
「無農薬で栽培したら付加価値がつくのに」
と常々思っていましたが、もし無農薬で栽培して
害虫によりカカオの木がやられてしまったら
その年だけでなく、木を植え替えてその新しい木に
実がなるまで数年間、カカオ農家の所得は
なくなりかねません。

そんな時に、欧米や日本など、チョコレートの消費国は
インドネシアはCPBの発生でカカオが取れなくなって
しまったからアフリカや中南米のカカオを使おう、
と調達先を容易に変えることができますが
インドネシアの農家にとってはそれこそ死活問題です。

政府が補償してくれるでしょうか?
誰かが面倒を見てくれるでしょうか?
稲作をやめてカカオを栽培することにした農家は
所得がない上、自分達が食べていく米もありません。

そう考えると、彼らに「無農薬でカカオを作るべきだ」
とは言えなかったことを思い出しました。
そして、無農薬の方が良いと分かっていても、
「隣の農家が農薬を使ってうちが農薬を使わなかったら
害虫は必ずうちのカカオにやってくる」と言っていた
農家の方の言葉も思い出しました。

天候リスクや自然災害リスクは生産者がとるべきだ、
とればいい、という態度を最終消費者が取る限り、
生産者は余計に追い詰められていきます。

ある生産地が災害の影響で生産量が激減した場合、
消費者は、需要に対して供給が少なくなっているから
その分価格が上がり、価格上昇という形で自分達も
災害リスクをシェアしてる、と主張するかもしれません。

しかしカカオの例だと、世界第3位のカカオ産出国である
インドネシアでCPBが流行ってカカオの産出量が
激減したら、確かにカカオの国際相場は
高騰するでしょう。でもその高騰で潤うのは、
インドネシアではないカカオ産出国の人であり、
ガーナやコートジボワールが通常の2割~3割増しで
潤っても、その価格高騰分がインドネシアに
循環するわけではないのです。

そうすると、自然災害リスクを織り込んだ
価格設定が本来必要になるべきところですが、
第一次産業に従事する方々の価格交渉力は
低いことが通例で、多くの場合は買い手市場
つまり需要者が価格決定権を握っています。

こういったマーケットの現状に対して
政策という形で国がセーフティネットを
提供することができれば、それはとてもいいこと
ですが、その仕組みづくりは当然一筋縄では
いかないでしょう。

日本は多くの自然災害に見舞われています。
これらの困難に対して、どうやって政府は
補償なりセーフティネットを提供する枠組みを
作るのか、あるいは作ったのか、そういう
経験こそが、他の国の災害時の農家補償の
ロールモデルとはいかないまでも、政策上の教訓、
つまりはpolicy learningになるのでは、と
ふと思ったのでした。

JICAなど日本の援助機関は、技術支援や現地の人々の
エンパワーメントなどで確かな実績と評価を
あげていると思います。その反面、政策面での支援、
とくに社会政策の分野のセーフティネット作りは、
世界銀行(WB)やアジア開発銀行(ADB)任せが
多いというのが私の印象です。

今後の日本の国際協力の一つの重点分野として、
社会政策の分野に力をいれていって欲しいと
個人的には思います。そしてそのためにはまず、
自国がしっかりとした政策を打ち出していなければ
ならないわけで、日本は今こそ踏ん張り時に
違いありません。今自分にできることを
しっかりやっていこう、そう思いました。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ものさし

今回の震災復興関連予算の議論が、今後短期間のうちになされる。
示される金額が大きいのか少ないのか、あるいは大きすぎないのか少なすぎのか、見当をつけるために今年度の国家予算の概略をものさしがわりに示しておこう。

2011年度 国一般会計予算  92兆円
  <主な内訳>
    厚  労  省  27兆円
    国  債  費  20兆円
    地方交付税  17兆円
    国土交通省   5兆円

2011年の国家予算92兆円の内、厚生労働省分はその4分の1以上を占めている。
厚労省予算は、その殆どが社会保障経費と呼ばれるもので、年金、医療費、介護保険や生活保護費の国負担分だ。
そしてそれらは、人口の高齢化に伴い、増加していく性質がある。  -つづく-

Rt7 Rj3 Jr3 Kc3 Cr3 KM4 Ks3 Kr3

                              阪田 彰

Re: ものさし

おお、なんか深い投稿ですね。
しかも数字を持ってきて頂いて!

続きを楽しみにしております!!

厚生労働省予算

震災復興予算(全体23兆円(最初の5年で19兆円)程度)の財源を用意しなければならない。
こども手当(予算2兆円)を一部減額して充てるという報道もあるが、単年度で数千億円にしかならない。
その財源の殆どは増税分で賄うこととなる。
そして増税するなら「あれもこれも削ってからやれ」ということになる。

 2011年度 厚生労働省予算 27兆円
  <主な内訳>
   年   金   10.3兆円           
   医   療    9.9兆円
   生活保護費    2.5兆円
   介   護    2.2兆円
   こども手当     2.0兆円

バブルがはじけて以降、税収が落ち込んだままな中で、高齢化に伴う社会保障関係経費の増加は、国の財政状況が許さない。
厚労省は、この間、医療、生活保護、介護保険の費用が増えないよう制度改正を重ねてきている。-つづく-
                                               

Rt7 Rj3 Jr3 Kc3 Cr4 KM4 Ks3 Kr3(計30)

                     阪田 彰

Re: 厚生労働省予算

いよいよ核心に近づいてきましたね!
早く続きが聞きたいです!!

それにしても社会政策は私の大学院の専門分野でしたが
本当に難しいですよね。特に金融の仕事についてから
社会政策と経済政策のトレードオフがいかに多いかを
目のあたりにし、この複雑な現状を分かっている人が
政治の舵を取らなければ日本の活路は見出せないと思うように
なりました。

続き楽しみにしてます!

医療制度

この10年、高齢者の増加の割に、医療費国負担分は「ゆるやかな増加」のトレンドを維持している。
それは制度改正を重ねた結果だ。

<医療費国庫負担金決算推移(単位:兆円)>
1999-7.2 2000-7.6 2001-7.4 2002-7.7 
  2003-7.8 2004-8.1 2005-8.4 2006-8.3
  2007-8.2 2008-8.4 2009-8.7
<制度改正経過>
2002 医療費本人負担(老人) 定額→1割
2003 医療費本人負担(高齢者以外) 2割→3割
2008 医療費本人負担(老人) 1割→2割
2002 2003 2006 診療報酬マイナス改定
<高齢者人口(単位:万人)>
 1990-1500 → 2000-2200 → 2010-2800 

去年、簡単な手術で4泊の入院をして、自己負担は8万円くらいだった。
かなりの保険料も払っているのに、自己負担も重い時代になっているというのが実感だ。
民間の保険に入らなければ、大病できない時代になった。

                             阪田 彰

Re: 医療制度

定年が引き上げられ、年金受給年齢があがり、年金受給額が減る。
それでも高齢者の医療自己負担割合は増える。うかうか病気も
できないし、老後にゆったりなんて出来ないと叫ぶ老人。

一方、給料やボーナスは伸び悩む中、現役世代の社会保険負担割合は
増加する一方。手取りが少なきゃ、そりゃ欲しい物が買えないどころか
必要なものを買ってやりくりするのが精一杯。このままじゃ老後が
不安だからと、欲しい物も我慢して貯金する若者。

人口減少が2005年から始まり、日本は構造的にやばくなってます。
こうなるのはもう何年も前から分かっていたことであり、さらに想定外だった
天変地異が起こるわけです。自然災害はあっても、いきなり
日本で石油が出てきたとか、そういうプラスのことは起きないわけで。
不確実性はいつもマイナスなことを意味します。

今後私たちはどうすべきか。日本の行く末は?20年後の世界はどうなっている?
Dari Kのチョコレートを食べながら、私達の今後を考える
セミナー第一回は。。。。いつかやりましょう、阪田さん!



ものしり

「日本は構造的に」とまでは誰でも言えるだろう。
しかし、識者の中で誰が、「日本は構造的に」の後に「やばい」という言葉をつなぐことができるだろうか?

今日は三条商店街を神輿(みこし)が通ったあと、店主と「日本の国境周辺における他国とのいざこざ」について話をした。

ところで、今日部屋に帰ってから、ネット検索していて、「偶然」新たに興味深いブログを見つけたので、店主にご存知なのか聞いてみよう。
しかし店主は物知りなので、今回、店主がそのブログをご存知な確率は50%といったところだろう。

阪田もこの二ヶ月で、カカオ日本ランキング(CJR)が上がってきたのではないだろうか?

                                阪田 彰  







介護制度

介護費の国負担金も、「年に1000億円増」といったトレンドで、
高齢者の増加の割に費用は伸びていない。
これまで、本人の費用負担が多くなったり、軽度者は介護は受け
ず、身体の予防のため「運動」をすることとなったりした。

<介護費国庫負担金決算推移(単位:兆円)>
2000-1.0 2001-1.1 2002-1.3 2003-1.4 2004-1.6 
  2005-1.6 2006-1.6 2007-1.7 2008-1.7 2009-1.8
<制度改正経過>
2004 ホテルコスト、食費の本人負担化
2007 軽度者の受けるサービスを限定
2003 2006 介護報酬マイナス改定

最近の方向性としては、新たな老人ホームは建設せず、自宅で訪
問介護を受けたり、自宅からデイサービスを受けに行ったりとい
うようになっている。
できるだけ自宅で生活してくださいということだ。   -つづく-

                           阪田 彰

Re: ものしり

そのブログ、是非教えてください!!
キリグアのブログを見つけた阪田さんも相当な検索力を
お持ちです!!

CJR,ともに上位になれるように頑張りましょう!!

Re: 介護制度

今回も興味深いですね。少しだけ、率直な意見を
書かせて頂きますね!

> 介護費の国負担金も、「年に1000億円増」といったトレンドで、
> 高齢者の増加の割に費用は伸びていない。
> これまで、本人の費用負担が多くなったり、軽度者は介護は受け
> ず、身体の予防のため「運動」をすることとなったりした。

これ、僕はちょっと怪しいと思うんです。
高齢者の増加の割りに介護費の伸びが抑えられている。(絶対額では
増えていても、高齢者の増加率の割には相対的には少なくなっている)
そしてこれは予防医学に基づいて健康的な暮らしを勧めているからだ。

政府のこの処方箋は正しいのだろうか。
倫理的には正しいかもしれない。病気になってから、診療費をかけるより、
健康で長生きした方がいいのはもっともだ。しかし、です。
これで高齢者がみんな病気にならず元気で寿命が延び、さらに長生き
するようになったら、年金として一人当たり、一月あたり7~8万の
コスト増になるのです。ということは、介護費は若干減っても、
年金がとんでもなく増えて、結局政府の社会保険負担は大幅に増えるのです。

予防医学に基づくこの政策が良いとか悪いとかを語る前に、
財政が緊迫した中の政策としてこれは正しいのか。
年金は本当に破綻しないのか。破綻しないということは
それなりの国庫負担引き上げが予想され、増税になり、
日本は永久的に景気が良くならないのでは、と思ってしまいます。

> 最近の方向性としては、新たな老人ホームは建設せず、自宅で訪
> 問介護を受けたり、自宅からデイサービスを受けに行ったりとい
> うようになっている。
> できるだけ自宅で生活してくださいということだ。

自宅で介護を受ける。だれが自宅にいるのか。
女性ではないか?せっかく大学まで出て、就職した女性を
家庭に縛り付ける。男女雇用機会均等法を謳いながら
一方で女性を家庭での介護の担い手と期待するこの二律背反。

やっぱり政策の議論がこの国には不足しているように思ってしまうのは
僕だけでしょうか。

店内

そのカカオに関するブログをプリントアウトしたものは、
昨日、Dari-Kの店内に隠し置いてきたのですが、見つか
ったでしょうか?

                 阪田 彰

かかわ

今日は本屋で「これからの正義の話をしよう」という本を買うかどうか迷ったが、高いのでやめた。
店主やショコラティエとチョコの話をしているほうが楽しい。

「Kakawa」の発音が「かかわ」やったら、響きがかわいいのにと思った。

Check this
(和訳 また時間があれば、楽しそうな頁なので参考に見てみてください。阪田は英語やし読まれへんけど・・・)
http://www.kakawachocolates.com/our-chocolates.php

                      阪田 彰
         

Re: 店内

見つけました~~~!!

Re: かかわ

「これから正義の話をしよう」は僕も買うか迷った末に
高いから、立ち読みしました!
サンデル教授の授業はNHKでも取り上げられてたり、
Youtubeにもあったりと、結構ブームでしたよね。
色々学ぶことがありました!

kakawaのwebsite見ました!
また今度感想はお話しますね~!

地域ケア

日本の状況をわかりにくくしているのは、二律背反のことが同時に進められたり、建前とやっていることがかけ離れたりしていることだろう。

今、医療と介護にまたがる制度改正が進んでいる。
家族介護が受けられない高齢者で、病院の「療養病床」に入院している社会的入院患者は38万人だ。
38万の療養病床のうち、症状の軽い人の18万病床を削減するいうもので、療養病床にいられなくなった人は、基本的には、自宅で生活しながら、訪問介護や訪問看護をうけられる体制を整備していこうという方向だ。
これによって数千億円の削減が見込まれるそうだ。
そして、その「地域ケア体制」の整備は、今、各地方で検討されているところだ。

それは、アンケートで「高齢になっても、住み慣れた地域で暮らしたい」と答えた人が多いからだ。

                               
 <家族介護が受けられない高齢者の行き場所>
  ◎1970~   療養病床(病院)
  ◎2000~   老人ホーム、療養病床

                                 阪田 彰

生活保護

生活保護受給者は00年から倍増して200万人を超えたことが、報道された。
生活保護費の国負担金は年に1000億円づつ増加している。
生活保護受給者は不況により増えるけれど、高齢化が進むにつれて増える
し、離婚が増加しても増えるのだ。

<生活保護国庫負担金決算推移(単位:兆円)>
2000-1.5 2001-1.6 2002-1.7 2003-1.8 2004-1.9 
  2005-1.9 2006-2.0 2007-2.0 2008-2.0 2009-2.2
<制度改正経過>
2006 老齢加算廃止
2009 母子加算廃止
<受給者内訳(%)>
 高齢者42 病気21 障害11 母子7 その他失業など19

現在、早く受給から抜けられるように母子世帯など就労支援策がとられ
ている。
そして今後の方向としては、受給を有期限とすることや、医療費の一部
負担(現在無料)などが検討されている。      -つづく-

話は変わって、店主のブログは最近読みやすいし、多岐にわたっている。
阪田がDari-Kに出入りしていることを差し引いても、読み物としても
興味深い。
それでも、店主の硬派な記事こそ、他の誰も書けない領域だと思っている
ので、阪田はこの記事にコメントを入れて、時々アゲルことにしている。

                             阪田 彰




Re: 生活保護

阪田さんの「アゲ」、気づいていました。

クールで、にくい演出ありがとうございます☆

これからもたまにはかたい文章を書いていきますので
宜しくお願いします!

でも今度はそろそろカカオ農園紀行の続きを書きます!

ハマる理由

阪田は、何かにハマることは殆どない。
しかし、Dari-Kにはまともにハマったし、その理由はいくつかあると
思えます。

一人暮らしなので、夜ランニングする時に、1000円札だけ握って、何か
食べ物を買って帰ることが多い。
その日はランニングをして四条大宮のモリタ屋というスーパーで、食べ物
を買った帰りだった。
そして、初めて寄ったDari-Kのチョコは「高い」と思ったが、短パンの
ポケットの中は、何度確かめても、1つチョコが買える「315円」だけ
残っていた。

きっかけとしては、十分すぎました。
その後、何度、モリタ屋で買い物をしても、「315円」が残ることはあ
りません。

しかし、ハマった本質は、やはりそんなことではなかったのだと最近思え
ます。
そやけど、誰が、阪田のポケットに315円残して、初めてのDari-Kに立ち
寄らせたのだろう。
これは、永遠の謎や。
                      --つづく--

                            阪田 彰             
プロフィール

Dari K

Author:Dari K
Dari Kの経営者です
宜しくお願いします!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。