スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円高の結末

前回のエントリー未曾有の円高では
ネット上だけでなく、お店に来られたお客様からも
ご感想・ご反響頂きました。

チョコレートとはちょっと離れてしまうので
読者の方は興味持って読んで下さるか心配だったのですが
まあそもそもこのブログ自体はチョコレートに
特化したものでも、Dari Kの宣伝のためのものでも
なく、私個人の想いを綴っていくものですが
さすがに読者が面白いと思わないものをわざわざ
公開するのもな~と思っていたので、この反響には
本当に嬉しかったです!

それで、前回の円高についてのエントリーを
今回はさらにもう一歩踏み込んで、そのインプリケーション
(円高の結末・暗示)について書いてみようと思います。

日本の市場は縮小、よくて横ばいという傾向は
人口が減少し、過去何年も続くデフレの状況をみれば明らかです。
これが意味することは、企業は国内向けだけに頑張っても
仕方がないということ。

日本の市場というパイが(別にケーキでも、何でもいいんですが笑)
小さくなっているのに、頑張っても効率が悪いんですよね。
たとえば、5号(直径15cm)のケーキをこれまで5人で分け合って
いたとします。

ケーキ自体が4号(12cm)になってしまったら、ひとりの
分け前は当然小さくなりますよね。

5号の時と同じくらいの取り分が欲しかったら、食べるのは4人に
ならなきゃいけない。つまり、1人は要らないんです。
このケーキを日本の市場に(これは国内の市場なので
「内需」と呼ばれます)、食べる人を企業に見立てると、
内需が伸びないというか減少している世の中では、
今までと同じ取り分(売上なり利益なり)を確保しようとすると
要らない企業が出てくる。そしてその企業は倒産してしまいます。

でも、外に目をやると、これまで4号のケーキだった中国や
インド、東南アジアなどは、毎年サイズが大きくなり
5号、6号となっているわけです。

そこで、日本の企業は内需だけでなく、輸出をすることで
他国のケーキを少しでも狙いにいく。それが合理的で、
逆に言えば、それが出来ないような会社は
減益(利益が減ること)を余儀なくされ、最終的には
日本のケーキの縮小とともに倒産していくのです。

だから日本の株式市場(つまり、上場企業と呼ばれる
規模の大きな企業の集まり)を見ると、多くの企業が
海外でも販売しています。つまり、日本の経済は
海外で頑張っている企業に牽引されているのです。

そしてこの超円高。
影響を具体的にイメージしてもらうために、海外で
活躍している会社Aがあるとします。

Aは日本国内での売上が50億円、海外で50億円、合計100億円
の売上があります。10年前までは国内だけで100億円の売上で
海外では販売していなかったのに、内需の縮小とともに
海外に販路を見出さざるを得なかったのです。

この会社の海外の売上50億円は、円建てで稼いだのではなく
ドルで販売して稼いだものです。つまり、5000万ドルを稼いだ
のですが、この年の為替レートが1ドル=100円だったので、
5000万ドル×100円=50億円となったということです。

さて、未曾有の円高がやってきました。
1ドル100円から80円になりました。手元にある5000万ドルは
5000万ドル×80円=40億円になりました。

円高になっただけで、50億円から40億円へ10億円減ってしまいました。
これだけではありません。この会社は1個10,000円の品物を
売って稼いでいたのですが、1ドル100円の時は
この品物は100ドルで売られていました。しかし今は1ドル80円なので
10000÷80で、125ドルで売られています。

すると、海外の人にとっては、「おいおい、昨年は100ドルで
買えたのに今は125ドルって高いよ!だったら中国製の
95ドルの方がいいや!」ということになってしまうのです。
そして売上が減ります。

円高で売上が減って、その上外貨で稼いだ利益がさらに目減りする。
100億円の利益のこの企業Aは円高のせいで、利益は80億なり
70億なり、下手したらもっと悪くなるかもしれません。
でも円高は止められない。どうすればいいか。
賢明な企業ならこう考えます。

「そうだ、日本を出よう!」

海外の販売先に工場を作って、現地生産・現地販売にすればいいのです。
円高だからこそ、海外で工場を作ると1億ドル、つまり
100億円必要だったのが、円高の今なら80億円で作れるのです!
何もしていないのに20億円もお得!

しかも従業員は現地の人々。給料も現地の通貨なので
円高はここでもお得に。10%の円高=10%のコスト安なのですから!
そして、日本の本社へ送金していたから、為替が円高の時に
ドルを円に換算する時に生じる損(為替差損)がでていましたが
工場を現地に作って、現地でオペレーションをしているの
だから、もう円に変えずにドルのままもっておけばいい。

こうして、今企業は海外進出を加速しています。
(加速しないと、やばいんです)

企業は賢明ですね。さあ、これで為替の影響が少なくて
済む、そう思ったら大間違い。
確かに企業の収益は改善するでしょう。
しかし、です。

日本にある工場を閉鎖して海外へ工場を移す場合、
日本の工場で勤務していた従業員は職を失うのです。
そして周りの会社も海外へシフトするので、
日本の失業率は悪化します。

さあ、失業率が悪化したら何が起きるか?
失業手当を出さなければいけません。
ただでさえ高齢化で医療費や年金などの社会保障費が
増えているところに、失業手当を出す財源なんて
ないんです、政府には。

しかも、企業が海外に工場を移したりすることで、
海外の収益はその国(進出先)で課税され、日本では
課税されない(二重課税を避ける)のが通常なので、
日本に落とされる税金(企業の法人税)は少なくなります。

失業手当増加で支出は増えるのに、税収は減る一方。
そして失業者は厚生年金に入らない、基礎年金だけに。
すると、源泉徴収じゃないので、年金の未納がまた増え、
将来厚生年金で上乗せされるはずだったものがなくなり、
生活保護対象になるリスクが増えたり。

もちろん、失業した人は消費意欲が減るので、内需は
さらに減退。もう、最悪のシナリオです。

「円高だ、だから海外旅行に!」これがいかに表面だけの
文句かというのは前回のエントリーでお分かりだと思いますが、
「円高だ、だから今こそ海外進出のチャンス」というのも
その果てにあるのは国内の失業者増加と社会保障費の
増加、そして税収の減少と財政赤字の悪化だということを
忘れてはなりません。

そしてこんな今、私が想うこと。
それは老荘思想の「足るを知る」ということです。
今あること、今持っていることに満足する、という意味です。

これはちょっと誤解されると厳しい表現でもあります。
現状に満足していたら進歩がありません。
たとえば、利益が毎年減っているのに、「まあ、いいじゃないか」
という企業の社長にはだれもついていかないし、きっとその
会社自体もいずれ潰れるでしょう。
「円高だけど、仕方ない」と開き直って何もやらないこと、
これはあまり賢明だとは思えません。
(ところでこの「知るを足る」は実は「漁師とMBA」の
教訓だと思うのです)

そういう意味ではなく、円高なのに仕事があるということに
感謝して、円高なのにまだ日本の財政が破綻していないことを
幸いだと思い、それを噛み締めながら、今の仕事を
一層頑張ること、自分の頭と腕を磨き、よりよいモノづくりや
サービスを提供すること、それが唯一円高時代でも
色褪せない働き方だと思うのです。

円高で海外での販売価格が上がっても、日本のこの製品なら
圧倒的に信頼できるから、と円高で実質的な値上げ分まで
正当化され、安心感を与えるような付加価値をつけて
製品を作ること。そして将来必ず来る(と私は強く思ってます)
円安の時に、その勢いを爆発させればいいのではないでしょうか。


ちなみに、京都の龍安寺に「吾唯知足」(われ、ただ足るを知る)
という蹲踞(つくばい:茶室に入る前に手や口を清めるための手水
を張っておく石のこと)があるようですね。
いつか行って見てみたいです!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

複雑な問題ですよね

円高の企業への影響は確かに大きなものがありますが...一部会計制度に振り回されているような気がしないでもないです....グローバル化の中で、海外進出の遅れがパイの取りはぐれに繋がる...しかし、海外進出すれば為替リスクをかぶることになる。しかし、為替変動リスクに対して取れる対策は特にリーマンショック以来更に限られて...同じ売上げ数でも為替の影響で売上げ額が変動してしまう、それがモロに企業評価に繋がるというのは辛いものがあると思います。為替には当然波がありますが、それを企業の中で本当に理解している人も少ないように感じます。実際どのように舵取りをすべきなのか、非常に難しい問題だと思います。が、本質的なことを考えると、この苦境をしのいで、何とか実質的な付加価値を上げる努力を絶やさないというお考えに私も同感です。ただ、日本人は海外に対するPRが下手だという声もありますね。優れた製品をどのように世界にアピールするか、という課題もあるような気がします....長くなってすみません。久しぶりに頭使いました(笑

長文失礼

①思い出した話
 ある日本の部品メーカーは、あるヨーロッパの国への輸出が生命線だ。 
 その部品は精密過ぎて、世界でその部品はその日本のメーカーしか作れない。
 そのメーカーは、ユーロに対しても円高になり、コストを減らして吸収する
 ことも限界 にきた。
 そして、メーカーは輸出先企業を値上げせざるをえないことを説明した。
 輸出先企業は、快く値上げを受け入れたそうだ。
 「円高になっても、同じ値段でやっていけるなら、いままでどれくらい荒稼ぎ
 していたのだろうか?そうでないなら円高分を値段に反映させなければ利益が
 確保できないはずなので、心配していたんだ。その日本のメーカーが倒産すれ
 ば、自分たちの企業の製品もつくれないのだから」

②ミクロ対マクロ
 「ミクロ的には合理的でも、マクロ的には合理的でない」ということは普通に
 あるのだろう。
 マクロ的に合理的だが、ミクロ的に合理的でない選択をすることは困難だ。
 それはミクロ的に合理的でないことからくる、リスクをとらなければならない
 からだ。
 
③働き口に対する基本認識
 「仮に内需の品(食料も含む)をすべて自分の国で生産できる国があったとし
 て、その内需のすべての品を作るのに必要な人口は、その国の労働できる人口
 より少ない」
 言い換えれば、「日本で労働できる人口がすべて働くということは、たえず外
 需に頼っていなければならない」
 よって日本の失業率が低いということは、輸出する製品を日本でつくっていな
 ければないのではないか。

④綾部
 阪田の育った京都府綾部市は、人口4万人で、かなり田舎だし、高齢化している
 し、目立った産業も特産品もない。
 高校生の時に不思議だったのは、「こんな田舎なのに、綾部の大人はどんな仕事
 をして生計をたてているのだろうか。そして大人の数ほど、仕事の数があるのだ
 ろうか」
 今、考えてみると、半農であることや、土木事業が雇用を支えていたのかもしれ
 ない。

⑤暗示される意味 
 安い衣料品、日用品を輸入することによって、日本での働き口は減るし、日本の
 企業が海外現地生産することによっても、日本での働き口は減る。
 自分たちは安い輸入品を買ったり、未曾有の円高になったりすることで生じる暗示
 された意味を認識しておくべきなのだろう。

⑥わからないこと
 「日本は実は輸出が占める割合は少ない内需の国だ」という人がいるが、本当なの
 でしょうか。それは自分にはわからない。

⑥円高のブログ
 今回の円高の記事はプリントアウトしました。
 店主の円高について書かれた2つの記事は、これから日本はどうするのかを考える
 時の「地図」として、もっておきたいと思います。

⑦寝ること
 機会があれば、店主に伝えようと思っていたことがあります。
 「阪田のコメントへの返信は適当でいいし、その分は寝てね」
 ぼくらは、しょっちゅう顔合わせるんやし。

⑧Dari-K記念館
 ブログという性質上、記事が更新されるほど、過去の記事はサガってしまうが、
 それがおしいと思う記事もたくさんある。
 将来、Dari-Kの歴史を展示する「Dari-K記念館」ができた時には、このブログ
 も当然展示されることだろう。


                               阪田 彰  













 

Re: 複雑な問題ですよね

Penelopeさん、仰るとおり会計制度の影響は大きいですよね。為替の捉え方も含め、ヘッジ会計や減損処理、退職給付金の扱いなど会計制度により財務諸表の見え方が変わってきてしまう、だからその時々の会計制度の概念をきちんと把握していないと本当の企業評価・バリュエーションはできないということですね。逆に言えば、今後適用されるIFRSでグローバルに会計制度が統一されると、日本の企業の評価はどう変わるのか、もう株式市場はそれを既にどの程度織り込み済みなのか、個人的には興味があります。

それと確かに日本人のPRの力不足も課題という指摘は同感です。90点の商品も、きちんと分かってもらえなければ相手の印象は70点になってしまう。80点の商品でも、PRがうまければ80点と評価を受ける。前者が日本で、後者がPRのうまい国だとしたら、実力では日本が勝っても結果的には後者のPRのうまい国が評価されてしまうというのは惜しいですね。

Dari Kに初めてフラッと入ってきたお客さんはチョコの価格の高さに驚かれます。作り手の私にしてみれば、これだけのこだわりとクオリティだからコストパフォーマンスはかなりいいと自負していたのに、お客様にはきちんと説明しないとなぜその価格でも買うべきなのか分かってもらえないんですね。最近はチョコ1個につきカカオ豆が10粒使われているので、市販の砂糖や油脂を混ぜたものとはそもそも原料が違うんですよ、とカカオ豆をお見せしながら説明してPRするようにしています。うーん、もっともっとPRうまくなりたい!


Re: 長文失礼

長文失礼どころかとても嬉しいですよ☆

> ①思い出した話
とってもいい話!目指すはここですね!


> ②ミクロ対マクロ
>  「ミクロ的には合理的でも、マクロ的には合理的でない」ということは普通に
>  あるのだろう。
たとえば、景気の先行きが不安だからと支出(消費)を抑えるのは個人(ミクロ)にとって
合理的な行動ですが、みんながみんな支出を抑えたら、ものが売れなくなり
結局給料が減り、景気はますます悪くなる、マクロでは合理的ではない、
というようなデフレスパイラルの話もこれが原因ですね。

>  マクロ的に合理的だが、ミクロ的に合理的でない選択をすることは困難だ。
>  それはミクロ的に合理的でないことからくる、リスクをとらなければならない
>  からだ。
まさにそのとおりだと思います!
私が金融の世界で頑張っていっぱい給料をもらってリッチな人生を送るのは
ミクロ的に合理的かっもしれないですが、それよりDari Kを設立して
色々アクション起こすほうが世の中にとってはマクロ的に合理的だと思います。
だけど確かに今、めっちゃリスク背負ってます。そしてこの選択は
困難です(笑


> ③働き口に対する基本認識
>  よって日本の失業率が低いということは、輸出する製品を日本でつくっていな
>  ければないのではないか。
残業をやめて、その分ワークシェアなどをすれば、全体の仕事量は同じでも
失業は抑えられるかもしれないですが、今の現状は残業をしても残業代が
でていないかったり、残業代をもらってやっと暮らしていけるというような
人が多いので、やはり失業率を低位に抑えるには国内向けのサービス業だけでは
成り立たず、製造立国としてモノづくりで海外に売っていく必要はあるかもしれませんね。


> ④綾部
>  高校生の時に不思議だったのは、「こんな田舎なのに、綾部の大人はどんな仕事
>  をして生計をたてているのだろうか。そして大人の数ほど、仕事の数があるのだ
>  ろうか」
高校生の時にそんな疑問をもつ阪田さんは素敵です!


> ⑤暗示される意味 
このブログで書いた円高の行く末や暗示される意味はあくまで私の個人的な考えなので
これどおりなるかどうかは分かりませんが、ある現象を見たら、なぜそれが起こって
それが続くと次に何が起こるのか、その辺を意識しておくと複雑な世界がちょっぴり
分かりやすくなったりするかもしれません!


> ⑥わからないこと
>  「日本は実は輸出が占める割合は少ない内需の国だ」という人がいるが、本当なの
>  でしょうか。それは自分にはわからない。
どの国と比べるか(国際的な相対感)、輸出にしめる割合がどれくらいなら内需の国と言うべきか(内需と外需の相対間)により評価は変わってくるのでしょうね。私も数字が手元にないのでなんともいえませんが、ただ一ついえるのは、内需の国と堂々と言えるほど少なくとも今の日本経済は世界から独立していないと思いました。また仮に日本は内需の割合が大きいんだ、と言ったところで、デフレで高齢化で人口減少で、逆にこれはとりもなおさず「日本は内需に頼ってるので、今後もっと衰退していきます」と言ってるようなもので危ない発言になってしまうかも><


> ⑥円高のブログ
そんな光栄すぎる・・・私の言うことは話半分で聞いてください!
少なからず間違いもあると思いますし。一チョコレート屋の意見くらいに
思ってください!


> ⑦寝ること
>  ぼくらは、しょっちゅう顔合わせるんやし。
これ、心が「ほっこり」しました!


> ⑧Dari-K記念館
>  ブログという性質上、記事が更新されるほど、過去の記事はサガってしまうが、
>  それがおしいと思う記事もたくさんある。
そうですねー、自分で言うのもなんですが、始めの方に書いたブログの記事で
いいものも沢山あるんですよね。質が下がったと言われぬよう、頑張って書きつづけます。
っていっても私は記者でも学者でもないから、やっぱり力を抜いて
書くことにします(笑
記念館できるくらい成功させたいです!

最後に。Dari Kは今内需依存ですが、いずれ輸出?できるようになりたいです。
そのときDari Kは「スラウェシから」であり、また「K(京都)から」となります!

格付け

「5年後の日本と世界(田中直毅)」には、円高だけでなく、「国債
金利上昇」や「CO2削減への企業負担」などによっても、企業の「日本
脱出」につながると書いてあった。
そやけど、この本にはワインの話もパイの例え話もないので、読みづらい。

先日、日本国債の格付けが下がった。
それは「格付けの低下」
→「銀行が持っている国債の時価が下がる」
→「銀行財務状況の悪化」
→「銀行が持っている国債を売る」
→「国債の値段が下がる」
   →「新たな国債は国内ではさばけなくなる」
→「外国人に高金利で国債を売る」
    →「国債の利払い費用が多くなる」
→「国家財政をさらに圧迫する」
→「企業に増税して国の借金を減らす」
→「企業は税金が安い国に『脱出』する」
それはこんなストーリーなのでしょうか?

ところで、夏休み明けのDari-Kは、田舎から出てきた女子大生の
初めての夏休み明けのように、まぶしすぎるのだろうか?
忙しくなっても、阪田の相手をしてね!!

                       阪田 彰

Re: 格付け

阪田さんのストーリー、論理的で美しいと思います。

私は株式は詳しいですが債権や国債はいまひとつなので、
私の考えが正しいかどうかはわかりませんが、私の考えで
阪田さんとちょっと異なるのは、国債の時価(市場での取引価格)が
下がったからと言って、銀行は投げ売りはしないと思うんです。

ちょっと具体例を挙げて考えてみますね。
額面10,000円、金利1%、満期1年の国債が4月1日に発売されたとします。
この国債を買ったA銀行。10,000円で購入して、来年10,100円受け取ることになります。

さて、8月24日、格付け機関が日本の国債の格下げをしました。
つまり、「日本の国債、ほんとにちゃんと利子ついて戻ってくるかどうか
ちょっと信頼度落ちたように思える!」って判断したわけです。

すると、国債を持ってる人は「えー、もしこれが本当なら、10,100円来年受け取れない
のかもしれないなー。だったら今のうちに売っちゃって、確実にお金を今取り戻そう」って
思います。でももう誰も10,000円で買ってくれない。「格下げされたんだから
信用が落ちたんだし、9,500円なら買うよ」って人が増えたとします。
9500円で買って、1年後に10,100円ちゃんと国債が償還されれば、
10,100÷9,500=1.06、つまり利率6%なんです!

「日本はそんなに“やわ”じゃないだろ!ちゃんと満期になったら
お金は返ってくるさ!だったら俺も9500円で国債買う」と言う人が増えると、
今度は需要が増え、結局9600円になり、9700円になり、もとの10,000円に
近くなります。

A銀行ははじめは焦りますが、今の時代に金利が6%はもとより、
2~3%でもつけば魅力的なので、国債の価格は思ったほど下がらないとすれば
国債を手放すことやましては投げ売ることはしないでしょう。

そしたらどうなるか?
たしかに国債の時価は多少なりとも下がるでしょうが、銀行の貸出は
自身の資本金によってその貸出余力が規制されています。
国債の時価が下がっている、あるいは下がっていくことが予想されるので
貸出を控えよう、こうなることは当然あり得ます。

すると、ただでさえ地震で経営が厳しくなっているのに、銀行からお金も借りられない
(融資がとれない)、しかも株価も低迷してるので資金調達が
できない企業は、もう「日本嫌や~」ってなって、海外に行くかもしれません。

Re: Re: 格付け


また、国債格下げの根本的な理由は日本の財政再建の信憑度が低いということなので
「政治家がしっかり舵取りできない国嫌や~」といって海外に逃げたくなる企業もあるでしょう。

仮に財政再建をしっかりやろうと思ったら、消費税の税率アップは避けて通れません。
でもそれが行われたら消費がまた落ち込み、日本の景気の回復は一段と遅れるかもしれません。
「だったら日本にいても仕方ないやん。海外に拠点移そう」ってなることも
考えうることです。

つまりは、国債格下げはネガティブなことなので、ネガティブな国にいるのは
理由は何であれやっぱりリスクなわけです。

で、企業が海外へいくと、日本の産業空洞化となり、法人税収が減り、失業者が増え、
社会支出が増え、国債の金利上昇し利払いが増え、だから消費税を仕方なくあげ、
その結果個人消費が落ち込み、株価も低迷し、という悪循環。

格付け機関は結構いい加減なところもあるようなので(アメリカの経済学者の少なからぬ人は
格付けは正しいとは限らないと主張する人が多いです)、格付けが下がったからって
ドンマイ、ってことですが、でもやはり結末を考えてしまうと、明るいシナリオが
描きにくいのは同感です。

今の日本に必要なのは、言わずもがな財政再建とそれを具体化するための手段の策定です。
でも政治家って、何だか官僚の書いた文章を読んでいるだけで、自分の頭で考え、
自分の言葉でビジョンを語れる人が少ないように感じます。
オールマイティにこなせるスーパーマンではなくてももちろんいいけど、
責任を全うできる人に首相になってもらいたいですね!

長くなってすいませんでした。
プロフィール

Dari K

Author:Dari K
Dari Kの経営者です
宜しくお願いします!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。