スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクロ対ミクロ

前回はフェアトレードの背景や目的について書きました。
簡単に要約すれば、市場に任せっ放しにしていると、
言い方を変えると、消費者である私たちが何もアクションを
起こさないと、例えばカカオの生産者が得る収入はあまりに
低くなりがちで、生活や環境を維持・向上させることが
できない状況に陥ることがあります。だから、この状況を
改善していくための手段としてフェアトレードというものがある、
ということでした。

このこと自体に私はネガティブなイメージを抱く要素は
ないと思います。それでは何が引っかかるか、というと
「フェアトレード」という言葉が独り歩きしている状況です。
そこで今回はフェアトレードが持つ幻想について、
少し詳しく書いてみたいと思います。

イギリス留学中にフェアトレードの理念の崇高さに
魅了された私は、コーヒーでもチョコレートでも
フェアトレードのものを選ぶようになりました。
商品のラベルにフェアトレードと記載されていたり、
マークがついているものを選んでいたわけです。

そしてDari K設立準備をしている時も、できれば
フェアトレードのカカオ豆を仕入れたいな~と思っていました。
そんな折、私はカカオがどうやって栽培されているか、
そしてカカオを収穫後どういう過程を経て輸出されている
カカオ豆になるのか自分の目で確かめるために
現地インドネシアのスラウェシ島を訪れたわけです。

そこで私は「フェアトレード」を再考することとなりました。
なぜか?こういう実態を知ったからです。

カカオ生産地のある地域に行ったときのことです。
その地域には、話を分かりやすくするためにAとBという
2つの村があったとしましょう。村は川を隔てて隣りあわせ。
村人はほぼ全員がカカオの栽培農家です。

はじめに訪れたA村では欧米のフェアトレード関連団体、
UTZ certifiedやRainforest allianceなどが入っていました。
次に訪れたB村には、欧米からのそのような団体は入って
いません。さて、このAとBという村、どうなっていたでしょうか?

A村ではフェアトレード関連団体が入っているため、村人は
カカオ豆を通常の市場価格より20%ほど高い値段で
(フェアトレード・プレミアムと呼ばれる市場価格の上乗せ)
売ることが出来ていました。

また時々開催されるセミナーなどにより、村人はカカオの木の
病気や害虫について、また肥料についての知識を伝授されていました。

他方B村では、同じカカオを育てているのに、フェアトレードの
関連団体が入っていないため、カカオの販売価格は
市場価格そのものです。またセミナーなども当然ありません。

この事例から言えることは何でしょうか?
それは「フェアトレード関連団体が入るか入らないかで
同じ作物を育てているのにA村とB村では所得の差が生じている」
という事実です。

換言すれば、「フェアトレードが地域レベルでは所得格差を生んでいる」
ということです。地球全体のマクロで見れば「公平」な方向に進んでいる
はずのフェアトレードも、村レベルのミクロで見るとフェアトレードが
逆に所得格差を生んでしまっている。なんと皮肉なことでしょう。

そしてこの事態をより複雑にしているのが、「所得格差が生じているのは
とりもなおさずA村でのフェアトレードの活動が機能しているから」
というフェアトレードの成果なんです。

フェアトレードを推進する過程で、アンフェアな状況を(一時的に
であれ)作っている現状。これが私が現場で見て感じた、
フェアトレードに諸手をあげて喜べない瞬間でした。

実はフェアトレードのトリッキーな面はこれだけでは
ありません。次回はもう一つのフェアトレードの幻想について
記したいと思います。


*誤解のないよう予めクリアにしておきますが
私はフェアトレードに対して賛成か反対かと言われれば
その理念と実効力に対しては賛成です。

問題は人々がその実情を深く理解することなく、
ただ理念に共鳴して「フェアトレード」=「絶対的に良いこと」
と思い、その弊害や非効率性を認識できない、あるいは
認識させない(?)ようなきらいがあることだと思っています。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

初めてメールします

吉野様
 先日ランニングの帰りにお店に寄った者です。
 百貨店のチョコは「まあまあおいしいけれど、それがおいしいチョコの味なんだろう」と長い間おもっていました。
 しかし、ラトウは衝撃的で、人生で一番おいしかったし、世間で売っているチョコとは抜きにでているとおもっています。
 これからは、知人などにプレゼントしたりしていきたいと思っています。
                         阪田 彰
 

ありがとうございます

阪田様

メッセージありがとうございます!
あの時のこと、よく覚えております!

たまたまランニングの帰りにお寄り頂き、チョコレート
1つ分ピッタリのお金を持ち合わせていらっしゃって、
まさに奇跡で私どもも驚きました!!

ラトゥの味をお気に召して頂けたようでとても嬉しいです。
まだオープンして間もない小さなお店ですが、
毎日ローストしたてのフレッシュなチョコレートをお作りして
おりますので、是非またお気軽にお寄り下さい!

Dari K
吉野

狼少年

初めてDari-Kのチョコを食べてから二ヶ月以上がたった。
店主とショコラティエには、この間、阪田の好き勝手に付き合ってくれて
いることに感謝しています。

今日、また一つチョコを作ってみた。
そして、仮説を思いついたので、もう一つ同じ材料を同じ分量で作った。
その二つは今、冷蔵してある。

それは、何が違うのかというと、一方には一つの過程を追加した。
それによって、カカオマスがマイルドになるという仮説です。
大妄想仮説なので、味覚も期待する結果に合わせてしまって狂っている。
ネット検索もヒットしない。

今日、店主は阪田の妄想の検証につきあってくれるのだろうか?

                        阪田 彰





 

Re: 狼少年

阪田さんの妄想力、そしてそのイメージを仮説として構築し
実験する実行力。

結果はさることながら、その過程での気づきこそが
次の発見や進歩へのきっかけかもしれませんね。

好奇心に駆り立てられたオトナのかっこよさを感じます。

これからもクリエイティブな思考でカカオの可能性を
ともに拓いていきましょう!

くじ

先月末に、四条大宮を歩いていると、宝くじを売っていました。

阪田はくじ運がまったくないので、いつもは普通に通りすぎるのですが、
今回は三枚買ってみました。
それは、その瞬間、宝くじが当たったら、何かDari-Kのために使おうと
思ったからであり、それが気持ち的にしっくりきたからでした。

そろそろ、当選番号が発表される頃だと思うので、Dari-Kの店内で番号
あわせをしてみよう。 

2000万のくじなので、2000万円当たれば、みんなで「K」の形をした島に
行きたい。
5万円当たったら、店主と「大阪チョコレートツアー」に行きたい。

                             阪田 彰
 

Re: くじ

おお、なんと素晴らしい志!
今日その夢は残念ながら破れましたが
くじには当たらずとも、「頑張れ東北!七夕スクラッチ」では
見事!?ハガキをゲットされましたね!!

いつかチョコレートツアーしたいですね。
もちろん来年は「K」の島ツアー、考えてます!

この記事はフェアトレードについて再考する機会になった思い出に残る記事で、今でもしょっちゅう読み返しています
Dari Kのビジョン尊敬しています!
ホワイトデーまで伊勢丹に出店されているんですね
仕事帰りにカカオティーと新発売ジャヘ買いに行きますね!

Re: タイトルなし

フェアトレードについては、ほんとまだまだ書ききれない想いがあるので
こちらも徐々に書いていきますね。

土曜日からは私も伊勢丹に行きますので、もし見かけたら
是非声かけてください!!

私でない販売員もうちのショコラティエや社員なので
何か聞きたいことなどございましたらお気軽にお話くださいね!
プロフィール

Dari K

Author:Dari K
Dari Kの経営者です
宜しくお願いします!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。