スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オープンから5ヶ月

9月15日でDari Kはオープン5ヶ月を迎えた。

チョコレートを豆からやることは想像以上に大変だ。
焙煎したカカオ豆からチョコ作りを試みた方はその大変さを
分かって頂けると思うが、その前段階の生の豆を洗って、
焙煎するところからはじめると、とんでもない作業量になる。

それを2人でやっているのだから、これまたとんでもない。
そしてとんでもない作業量ゆえに、ここのところ睡眠時間が
ろくにとれない。

これじゃいつぞやの金融にいた時と同じだ。
朝起きて新聞を読もうとするが、時間がない。
なので仕事が終わって帰宅してから読もうとする。
夜帰宅して新聞を読む。時計の針は夜中の12時を回っている。
その数時間後に新しい朝刊が来ると思うと、なんだか前日の
新聞を読む気がしなくなる。

そして新聞は2日、3日と読まれることなくデスクに
積み上げられ、週末にまとめ読みされる・・・。

週末にお父さんのためのワイドショーを見るかのように、
忙しくて新聞を読めなかった人のための流し読みになる。
これじゃいかんと思いながらも、でもやっぱり寝る間も
ないほどやることは多いのだから仕方ない。

人と同じことを同じだけしてたのではつまんない。
何か面白いことをするには、それだけの時間とお金と
情報と頭とカラダを使わなければならない。

以前のように睡眠時間が仕事で削られていく。
でも以前と決定的に違うことがある。
それは決定権が自分にあるということだ。

会社勤めの人や普通に組織に属する人は、なかなか
自分一人の裁量でことを決めるということはできない。
それこそ決裁を仰ぐうちに書類が何人にも
まわされるのが普通だ。

でも今の私は全て自分で決めなければならない。
自己判断できる裁量、喜び、そしてそれゆえの自己責任。
正しいかどうか予め分かる選択というのは少ない。
やってみてどう出るか、出たとこ勝負なことの方が
圧倒的に多い。

だとするならば、決断は素早く出すに越したことはない。
決断して、結果が出て、良ければOK,ダメならすぐに
軌道修正すればよい。悩んだ挙句結局分からず、結果が
思い通りでなかったときにはもう手遅れだ。

起業するのはとんでもなく大変で、とても孤独だ、
そんなことを成功した起業家はよく本に書いてあるが
確かにそのとおりだと思う。

そしてその報酬として、ものすごいやりがいがあるとも
書いてあるけれど、それは本を書くくらい成功したから
そういえるだけで、世の中の起業家で成功するのは
ほんの一握り。だから、起業家の大半なんて、
とんでもなく大変で、とても孤独で、めっちゃ
頑張ってるのに結果が出ない、それが現状なんだと思う。

そんなことをふと思う傍ら、最近私は自分で色々な試みを
している。それも密かに、だ。ショコラティエはもくもくと
チョコレートを作るが、私の頭の中ではとんでもない
そのペースを上回るペースでアイデアがどんどん生まれる。

それをショコラティエに作るよう依頼していたら
きりがないし、そのアイデアがどんな風になるかは
人任せでなく自分でその過程を経験したいので、
閉店してから密かに始めるのだ。

昨日、そして今日も、とんでもないものが出来た。
ダイヤの原石を発見した感じだ。これはひょっとすると
化けるかもしれない。どう磨くかは自分の手にかかっている。

もっとブログを書きたい。
カカオ101もまだまだ書くことがあるし、
カカオ農園訪問記なんてまだまだプロローグに過ぎない。
フェアトレードのことも勉強しているので、
その考えを整理するためにも書きたい。

もちろん、もっともっとカカオの可能性を広げる
仮説検証もしたい。

そして出来れば、講演をさせていただきたい。
今度、某大学でスピーカーとしてお話させて
頂く予定であるが、もっともっと色んな場所で
色んな人に、色んなアイデアを聞いて欲しい。

生半可なウンチクをたれる気はさらさらない。
カカオから見る世界経済でもいいし、
今の日本の課題でもいいし、日本を再生するには
何が必要かでもいいし、フェアトレードでも、
世界の面白話でも、なんでもいい。

講演のタイトルだって「これからカカオの
話をしよう」だって、「チョコレートを整える」だって、
「カカオ豆屋はなぜ潰れないのか」だって
「もし高校野球の女子マネージャーがDari Kの
『チョコレート』を食べたら」だって何でもいい。

それからカカオ豆から手作りチョコレート教室も
やりたい。小学生相手でも、主婦相手でも、
はたまたサラリーマン相手でもかまわない。
とにかく、このエネルギーを伝えたい。

是非声をかけてください。
6ヶ月目も頑張ります☆





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

オープンされて5ヶ月ですね!
長い大変な道のりだったと思います。
そしてこれからも孤独な中で必死になってやっていかなければ
ならないでしょうが、ぜひ頑張ってほしいです。

DariKがオープンしてから、おそらく吉野さんの知りえない
ところで色んな変化が起こっています。
DariKのチョコレートで幸せになった人は数知れないと思いますが、吉野さんがどういう思いで起業されたかという経緯に心打たれる人も沢山たくさんいるでしょうね。
インドネシアのカカオ豆といいことで、インドネシアのテレビ局がやって来たり・・吉野さんが行動を起こしたことで色んなひとが動き出してる気がしてなりません。

そんな人たちが動いてる先は何だかとてもいい方向に向かっているんじゃないかあと思います。
「カカオで作る平和」みたいな感じがします。

ひとの笑顔って周りにうつるものなんだと思います。
いつも笑っているひとの周りにはどんどん笑顔の人が集まるように、DariKからたくさん笑顔が届けられているんですよ!

お仕事自体は孤独な作業かもしれませんが、Darikファンはすぐ身近で応援しています!

講演、是非聞かせて頂きたいです。できれば大宮公園とかで<笑
楽しみにしています☆

Re: タイトルなし

青い鳥さんのコメントは、毎回勇気をもらい、
精神をチャージしてくれます!ありがとうございます!

結局Dari Kのチョコは、普通に味が美味しいというだけでなく
その裏にあるストーリーにも味があるという、
一粒で二度美味しい的な(古い!)構造なので、
どちらの面も今後ますます磨きをかけていきたいと思います。

大宮講演(公園とかけてます)、今度やるっきゃないですね☆

チョコ歴4ヶ月雑感

「カカオマス100%の板チョコの意義」について書いてみたので、
長いが聞いてほしいと思います。(長文にて失礼)

1 通常のカカオ100%
入手できるカカオ100%の板チョコは、普通「カカオマス」と「カ
カオバター」から出来ている。
それでもカカオバターがどれだけの割合で入っているのかはラベルの
材料欄を見ても書いてない。

2 Dari-kとカカオバター
しかし、Dari-K的には、カカオバターは「無味で無栄養なので、特に
入れる必要がない」し、「焙煎から手掛けたカカオマスの良さを損な
う」ということではないでしょうか。

3 カカオバターの意味 
それでは、何故、カカオマスにも油脂分があるのに、カカオ100%
の板チョコにカカオバターを加える必要があるのか?
それは①コスト的に安くできる(お札の大きさのカカオマス100%
ならカカオ豆50個必要)こと
②食感が柔らかくなること
③ペースト状に凝縮されたカカオマスの濃度を薄め、食べやすくする 
そんなことではないかと思う。

4 別物
阪田がDari-Kのローストカカオ豆から作った板チョコはカカオマス
100%やし、仮に将来Dairi-Kからカカオ100%の板チョコが販売
されるとしても、それはカカオマス100%ということになるだろう。
つまり、「カカオマス100%」であるものと「カカオマス+カカオ
バターで100%」であるもは別物であるので、本来比較しえないと
いうことになる。

5 方向性
それでもカカオマス100%でも、それまでの製造過程の中で、味は
随分かわると思うので、「カカオマス100%やけどカカオバターを
加えたメリット(上記3-②③)を越える味」というのが、一つ方向
性として考えるところだ。
そして、世間の流れ的にもハイカカオ(カカオ70%以上)からカカ
オ100%(カカオマス+カカオバター)そして、カカオマス100%
に向かっても不思議ではないだろう。

6 その他
もし、焙煎から工程を管理したチョコ同士なら、本来、カカオマス
100%同士で比較しないとほんとのところはわからないのではない
でしょうか?


                         阪田 彰

Re: チョコ歴4ヶ月雑感

チョコ歴4ヶ月でここまで深く掘り下げられるのは
驚き以外のなにものでもありません。

1~6について、全てに同意・同感です。

「チョコレート=カカオと砂糖と油脂を加工したもの」
だとしたら「カカオ=チョコレートの原料(の一部)」は成り立ちます。

Dari Kはchocolate shop Dari Kではありません。
Dari K ~Real Taste of Cacao~です。

これが何を意味するか。
Dari Kはチョコとは別の方向に行くかもしれないということです。
それが完成した時、「カカオ=??」
この方程式の??は何になるのでしょう。

私自身もまだ分かりません。ただ、ワクワク感は
日に日に大きくなっています!

答え探し

「カカオ=??」
少なくとも、その方程式の答え探しの旅路においては、店主は孤独
ではないだろう。
なぜなら、阪田もその答えを探してみたいと思うからだ。

その方程式の答えは、いくつも存在すると思う。
そして、Dari-Kのローストカカオ豆を買って帰った人は、その問いに
対する答案用紙も一緒に持って帰っているともいえる。

なので、誰かが突然、「吉野さん、答え解けました」と言って、店の
テーブル席で、とても美しい方程式を解いてみせるのかもしれません。

カカオマニアの方は、一緒に答え探しをはじめましょう!!

さて、店主は時間がある時にチェックしてみてね。
可可豆見聞録
①Vol.63 カカオレボリューション
②Vol.28 イタリアのチョコ祭り 

                         阪田 彰

今日の話の続き

今日はDari-Kの前の西友で、「宮城峡」というシングルモルト
ウィスキーを買った後、Dari-Kに寄りました。

店主にカカオティーを出していただいたので、試しにそのウィス
キーをカカオティーで割ってみて、店主と味見してみました。
ローストカカオ豆とは相性が良かったと思いました。 

カカオティーとウィスキーの最適な割合を求めて、「実験」して
いるうちに、軽く酔いがまわりそうでした。
  

そんな中で、今日の話の続きとして、次のタイトルをコピペして
検索してみてくだい。
後編も読んでね。

単独インタビュー第5弾 Whisky Concierge 
1周年特別企画「カカオ&チョコレートプランナー小方 真弓さん
を迎えて」前編

※連日、会っているので、阪田へのコメントの返信は適当でよいよ。


                         阪田 彰             

Re: 答え探し

方程式の答え、一つなのか多数あるのかも分からないその答えを
一緒に解いていきましょう!

つい数世代前の人が携帯電話でどこでも連絡ができるとか、
テレビ電話で顔を見ながら通話が出来るとか、そんなこと
考えもしなかったよに、カカオの方程式を解いたら
数世代後にはチョコレートよりもカカオは○○として
食べられるようになってるかもしれないと思うと、
何だかやっぱりカカオには可能性があるように思えてなりません!

Re: 今日の話の続き

読みました!
「おおっ!」て感じですね。阪田さんと店で話していたような
発酵についてとか、色々載っていて、まさに「おおっ!」の連続でした。

ウィスキーのカカオティー割り、結構良かったですね。
ウーロン茶やジャスミン茶よりも断然いいように個人的に思いました。

あるいはカカオティーのウィスキー割り、なんていうのも女性には
いいかもですね!

日本とヨーロッパ

この間、日本は11月やのに、薄着で過ごせるくらい暖かいです。

さて、ヨーロッパでは、ギリシャに続き、イタリアでも国家破綻
(デフォルト)の危機が報じられています。
そやけどイタリアの債務総額は日本の1/5くらいなんですよね。
経済成長するか、歳出カットしていかないと市場に見放されると
いうことなのでしょう。

ところで、カカオについて聞いてほしい話が二つあります。
日本に帰ったら聞いてね。

阪田が店主に、いつものように
「カカオの話、聞いてもらってもいいですか?」と尋ねると、
店主はいつものように
「もちろんです」と答えてくれるのだろう。


                         阪田 彰







 

Re: 日本とヨーロッパ

国が破綻する、それもヨーロッパの国が。
なんかとんでもない世の中ですね。

100~200年後の歴史の教科書には、
「21世紀前半には世界各地で大恐慌が起こり、
国家破綻(デフォルト)が相次いだ。
グローバル化で国家間の結びつきが強まっているように
見えたが、実はその糸は絡まっているだけで、
経済の悪化は先進国を中心に負の連鎖反応を起こした。」

そんな記述が載るかもですね。

「そんな中、資本主義経済のひずみに違和感を覚えた
若者を中心に社会起業のムーヴメントが生じ、南北間での
イノベーションや交流が盛んになったのもこの頃だ」
なんてなればいいですね!



華麗なる戦い

僕は随分と劣勢にたっていた。
戦いは金曜日の夜に始まり、もう今日は月曜の夜だ。

この短期決戦は、もうおおづめにさしかかっている。
その時、僕は、ため息ひとつついた後、天井を見上げるしか
なかった。

「人の味覚は主観的である」という命題を正とする。
ならば、「自分の味覚を完全に満足させるものを、自ら作る」
というのは、一つの答えとしてはありうるだろう。

この戦いの舞台は「キッチン」だ。
「自分の満足するカレーを、自分で作る戦い」に自ら挑むのだ。

材料を日々継ぎ足し、材料費は3000円を軽く超えていた。
赤ワイン、にんにく、ケチャップ、しょうが、ブイヨン、ガム
ラマサラ、ローリエ・・・

なのに、軽薄な辛さと深みのない鈍い金色。
ひくにひけない・・・

僕は、起死回生の作戦にとりかかる。
棚か出してみたのは、すり鉢だ。

作戦1 Dari-Kローストカシューナッツを粉砕し投入
作戦2 Dari-Kローストカカオ豆と粉砕し投入

カシューナッツはローストされた自然な甘みを加え、カカオ
豆は落ち着いた深みを与えるのだ。

実は、この二つの作戦は、奇をてらった奇襲攻撃ではなかっ
たのだ。
なぜならば、それは・・・

                    ---つづく?---

         連続コメントしてしまいました
                         阪田 彰










プロフィール

Dari K

Author:Dari K
Dari Kの経営者です
宜しくお願いします!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。