スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【新作発表】Kopi & Wazuka

さて、今日は9月20日にデビューしたばかりの新作の
KopiとWazukaをご紹介致します。

まずはKopi(コピ)から。
コピとはインドネシア語で「コーヒー」の意。
コーヒーとチョコ。特段珍しい組み合わせでも
ないですが、Dari Kのこのトリュフのこだわり様と
完成度はもうピカイチ!試作を重ねること約2ヶ月、
まさに自信作に仕上がりました。

こちらがKopiで使われているコーヒー豆。

ss-CIMG4501.jpg

このコーヒー豆、知る人ぞ知るトラジャ・コーヒーです。
トラジャはDari Kのカカオ豆と同じインドネシアの
スラウェシ島のちょうど真ん中あたりに位置する
地域。標高が高く、とてものどかな田園風景が
広がる土地です。

実は、私がカカオ豆を見にスラウェシに行く時は
いつも寄るところでもあります。
カカオ豆の産地のベロパ市やパロポ市からは
車で3~4時間なので、行きやすいこともあり
また独特の文化は何度訪れても素敵なんです。

トンコナン

こちらがトンコナンと呼ばれる伝統的な建築様式。
どれだけ見ていても飽きないんですよね。

それはともかく、このスラウェシのトラジャコーヒーと
これまたスラウェシのカカオが、遥か5000キロ離れた
日本のDari Kで出会いました。

トラジャコーヒーはコーヒー豆専門店である石川県金沢市の
キャラバンサライさんと、東京は代々木にある
自家焙煎コーヒーカフェのルンバルンバさんに、豆の焙煎加減を特注で
作ってもらいました。

キャラバンサライ社長の西岡さん、ルンバルンバカフェ代表の
林さん、お二人ともインドネシアの農園からコーヒーを
直接仕入れており、Dari Kと通じるものが多々あります。
こうして志を一にするところから仕入れたかったので
この度こうしてスラウェシの豆を使わせて頂く運びと成りました。

そして出来たのがこのKopi(コピ)です。


ss-コピ(コーヒー


チョコレートは、カカオ豆とコーヒー豆を一緒にペーストに
したトリュフです。普通個性の強い材料同士を
一緒に混ぜてしまったらお互い主張し合い、味に
まとまりがなくなりがち。

でも、さすがスラウェシ島出身コンビ!
ここはお互いのいいところを出し合って、いや、
仲良く引き立てあっているんです。

そして仕上げはコーヒー豆をトッピング。
これでコーヒーの風味が一気に口に広がります。
コーヒー豆のほろ苦さがチョコレートが
とろける中でのコーヒーはもう絶品。
是非お試しください。


そして次はWazuka(ワズカ)。
これはDari Kのチョコレートで通常はインドネシア語の
名前を採用していますが、今回初めてインドネシア語では
なく日本語を採用しました。

ワズカとは漢字で書くと「和束」、これは宇治茶の
一大生産地としてこれも知る人ぞ知る京都府相楽郡にある
和束町を指します。


s-CIMG4344.jpg


これが和束町のお茶畑。

以前和束町を訪問した時に記事和束訪問
書きましたが、この時に出会った東茶園さんの抹茶を使用しています。


ss-ワヅカ(和束抹茶)


抹茶チョコとは良くありますが、こういうのって
大体抹茶の味もチョコの味もいまひとつということが多い。

そもそも抹茶はとても繊細なもので、その味を
しっかり味わうべきもの。一方のチョコレートも
焙煎したてのカカオ豆で作るDari Kのチョコは
香りをしっかり楽しんでもらいたい。

だからチョコと抹茶を混ぜるという一般的な手法を
使うことはせずに、カラメルの時と同様チョコにくぼみを
つくり、そこに濃厚抹茶クリームを流し込むことにしました。
これにより、口の中で初めて抹茶とカカオが出会います。

超濃厚抹茶クリームの上には以前も紹介した「てん茶」を
トッピング。「てん茶」は、収穫後に蒸した後、揉まずに
そのまま乾燥したもので、これを挽いたものが抹茶に
なんです。つまりは抹茶になる一歩手前のまさに「食べる抹茶」。
栽培には、お茶の木を日光からさえぎるため覆い(被覆栽培)、
こうして育てた生葉(一番茶)をとるという手間のかかりよう。

darik_20.jpg


製菓材料や業務用の食材卸会社からはもちろん買えません。
お茶の生産地である和束町に直接出向いて、農家さんと
知り合い、意気投合したからこそ分けて頂くことが可能になった
抹茶とてん茶。それとマリアージュさせたチョコレート。
もうこだわり尽くしています。


これら新作チョコレートも一日あたりの生産量が
限られている限定品なので、是非お試しください!
もちろん、お取り寄せも承っております。

物語のあるDari Kのチョコレート、是非
ご自身の舌でその味わいを楽しみながら、それぞれの
生産地・生産者が育んだ自然の奇跡をご堪能ください。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

beatiful!!

新作の「コピ」と「wazuka」早速頂きました☆

コピは期待以上にコーヒーの香りが香ばしく、そしてコーヒー豆そのままが味わえるという力作でした!
珈琲好きにはたまらないのは当たり前ですが、苦手な人でもこのチョコなら珈琲のflavourが楽しめそうですね。

「wazuka」も驚きの美味しさでした。まさかお茶の葉そのものが入ってるとは?!と見た目でまずビックリ。そして食べてみると段々とお茶の香りが広がって、食べたあと、口の中で爽やかな香りが残ります。チョコの後口にお抹茶を頂いたような不思議な感覚でした。
甲乙つけ難いです2作品ですね~

どちらもコラボ商品で、行ったことのない土地のひとの想いや愛が伝わるような素晴らしい作品ですね!
常に新しいものを生み出すことに力を惜しまない吉野さんはすごいです。

Re: beatiful!!

青い鳥さんの言葉はどうしてこんなに温かい気持ちに
してくれるのでしょう。

コーヒーと抹茶。今回のこの新作フレーバー、対照的なんです。
カカオの産地で、かつコーヒーの産地でもあるスラウェシの作物同士が
日本で出会う奇跡。いわば日本での再会。

スラウェシ特産のカカオと、京都特産の宇治抹茶が出会う奇跡。
日本での巡り合い。

コーヒーは再会らしく、息もぴったり!
抹茶は初対面ながらお互い尊重しつつがっちり握手って感じですね。

お陰様で評判も上々です☆
お茶農家さんやコーヒー屋さんに新作のチョコをお送りしたので
フィードバックが楽しみです!!

チョコライフ

「チョコライフ」は、阪田が敬意を抱くチョコレートの辞典のような
ブログです。
最新の記事は、Dari-Kの新作(Copi、Wazuka)の話です。
驚いたのは、その中で、「トリュフ1個にカカオ豆10粒が使われ、
カカオの実1個につきトリュフ5個しかつくれない」ということを画像
つきで解説されたことでした。
画像があるとすごくイメージしやすいです。

さて、阪田自身は「Wazuka」については、「もう少し食べてみないとわ
からない」というのが実際のところです。
Jurukも最近おいしさがわかってきて夏の間にたくさん食べたし、カカオ
ティーもこの前おいしいと思いました。
なので、繊細なところを味わいわけるのには、阪田の味覚は少し時間を要
するのかもしれません。

チョコライフ Kopi
http://www.chocolife.info/archives/cat_50049533.html

                              阪田 彰

おめでとうございます。

先日イランから戻りました。新作発表おめでとうございます。すてきなコンビネーションで、いただくのが楽しみです。近いうちに是非。

Re: チョコライフ

「チョコライフ」は私にとっても辞典のようなサイトです。

私が「チョコライフ」で最も好きなのは、筆者のさくさんは
決して「これは好き、これは嫌い」といった主観で紹介するのではなく、
これはこういう味で、こういう香りで、こういう食感で
と言う風に一つ一つのチョコを説明しているからです。

Aさんが美味しくたって、Bさんはそう感じない場合もあるし、
Aさんが半年前は好きだったのに、今はあまり好きでない味も
あるように、味というのは曖昧なもの。

だからこそ、こうやってチョコライフのような魅力的な
写真と丁寧な説明とカカオに対するLOVEがあるブログは
とっても貴重です!さくさん、これを見てたらこれからも
ブログ楽しみに拝見させて頂きますね!

阪田さんの味に対する意見も日に日に鋭くなり、
本当に参考にさせていただいてます!これからもよろしくお願いします。

Re: おめでとうございます。

Penelopeさん、おかえりなさい!

ブログ、拝見していましたよ!
ナンの国の補助のことだったり、サフランライスの記事だったり
(食べ物ばっかりですいません!)、へーと思いながら
読んでいました!

3~4日の旅行でなく、長期で滞在していたからこそ見えてきた
ものとか、もともと目的意識をもって行かれていたと思うので、
それに対する感想とか是非是非今度聞かせてください!
プロフィール

Dari K

Author:Dari K
Dari Kの経営者です
宜しくお願いします!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。