スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dari Petani

Dari Kの名前の由来は、このブログの読者の方なら
既にご存知かと思います。

今日はDari Petaniについて書いてみようと思います。
Dari は「~から」という意味ですので、
Dari Petaniとは「Petaniから」の意。

それではPetaniとは何か?それはインドネシア語で
「農家」を意味します。つまり「農家から、農家発」という
ことです。

どういうことかというと、文字通り、インドネシアの農家に
チョコレートを作ってもらうということなんです。

以前このブログで触れましたが、カカオを取り巻く世の中は
輸入国側の傾斜関税や輸出国側の輸出税などにより
なんだか透明で公正な取引ができにくい状態になっています。

ゴールは見えているのに、そこまでの道がまるでブラックボックス。
だったら、時間はかかるかもしれないけど、そこまで一歩一歩
道を自分で作るしかありません。


カカオ農家・生産者にチョコレートを作ってもらうということ。
これがチョコレートの製造過程を知れば知るほど、どんなに
難しい、いや無茶とも思える挑戦か分かっていただけると思います。

そんなに簡単にカカオからチョコレートができるなら、
みんなとっくにやっているはずですから。でも、この試みは
すごくシンプルですが、とんでもないほど意義深いのです。


カカオはフルーツです。
カカオの実を割ると、白い果実があります。
とはいえ果実というのは名ばかりで、実際に可食部は非常に少なく
カカオの種(豆)を白い実がとっても薄く覆っている、そんな
感じですので、果実を食べようとしても、それは「食べる」というより
むしろ「吸う」という方が適切かもしれません。

こんなフルーツですから、カカオはもっぱらカカオ豆として
しか見られません。これが意味するのは何でしょうか?
カカオ豆そのままで食べられることがないので、
現地の人は発酵の重要性や、より(チョコレートにした時に)
美味しいカカオ豆を作るということがイメージしにくいということです。

例えば日本のりんご農家やミカン農家は、自分で栽培・収穫した
りんごなりミカンを食べるでしょう。そしてもっと甘くするには
どうすればよいか、もっと果実を美味しくするためには、あるいは
大きな実にするためにはどうすればよいのか、肥料の量や
撒くタイミング、剪定の仕方など色々工夫するはずです。

カカオはそうはいかない。カカオ豆はあくまでチョコレートの原料で
あって、そのままで加工せずに食べることはないので、最終製品を
知らない・あるいは実際にチョコレートを口にしない農家の
人に「美味しいカカオ豆を作ってください」と要求するのって
無理がると思うんです。

だからこそ、農家(Petani)が自らチョコレートを作ることは
それが農家が単に「カカオ豆を売るのでなく、付加価値を付けて
所得を増加させる」という経済的なメリットだけでなく、「より美味しい
カカオ豆を作ってもらって、世の中のチョコレートの質を向上させる」
という点においても多大なる貢献をするはずです。


冒頭にも書いたとおり、しかしながら、これは
とんでもなく難しいことです。一朝一夕に到底出来ることでは
ありません。でも、難しいからこそ、挑戦のしがいがあるというものです。
Dari Kの試みには、簡単で誰でも出来ることは必要ありません。

だから、Dari KはDari Petaniプロジェクトの構想をずっと
思い描いてきました。そして、これまで数々のアイデアや仮説を
蓄積してきました。そして今、満を持して再度現地に赴き、
検証する過程に入って行きたいと思います。

どれだけ時間がかかるかは分かりません。
時間さえかければできるものでもないので、できるかどうかさえ
分かりません。でも、Dari Kならきっとできるはず。
自分を信じて、また新たなる一歩を踏み出したいと思います。

いつかDari Petaniがデビューする日を夢見ながら・・・。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

輸出用一次産品

半端な知識で書きます:香辛料にしろ、なまこにしろ、東南アジアの輸出用一次産品は、丁子タバコぐらいを例外に、現地にそれを消費する文化がない。これはなぜだろう、という書き方を、鶴見良行がしていたと思います。商品を自家消費品だと捉えない文化があるのでしょうか? ご健闘をお祈りいたします。

Re: 輸出用一次産品

「バナナと日本人」「ナマコの眼」の鶴見良行さんが指摘していたんですね。
私の個人的な見解はこうです。

ある産品を自家消費するかどうか、つまり販売して換金するか、自分のところで消費するかは
文化によって規定されるというより、その産品が「加工せずに食せるかどうか」ready to eatであるかどうかによって決まるところが多いと思います。

例えば、果物のバナナやパイナップルやマンゴー。特にマンゴーなんて日本と東南アジアの価格差は激しいものがあります。だったら海外へ輸出して換金した方が合理的だとは思いますが、東南アジアの人は皆マンゴーが大好きです。高く売れると分かっていても自家消費する。それは、マンゴーがそのまま手を加えずに食べることが出来、その味を知っているからでないしょうか。

もう一つ、コーヒー。ベトナムもインドネシアも世界有数のコーヒー産地。町にはコーヒーショップが溢れています。品質のよいものは輸出に回されるとしても、一般の人のコーヒーの消費量には目を見張るものがあります。コーヒーは焙煎して粉にすれば、あとはお湯を注ぐだけ。消費しやすさがあります。

翻ってカカオ。その実(可食部)は非常に薄く、いくら食べても満腹にはならない(笑)
もともと相場の高騰に乗じて、カカオを栽培する農家が増えました。はじめに参入した農家は恩恵を受けますが、誰もが栽培し始めると供給過多になり価格は伸びません。それでも、既に苗を植えてしまって、そこそこの現金収入にはなるので今も続いています。もしカカオがコーヒーのように豆を焙煎して粉末にして、それでドリンクになるようなら(ココアはカカオ豆の油脂分をプレス機で取り除かねばならず、これをしないと、油脂分が多すぎて水に溶けません)自家消費の道が開けるのかもしれませんが、少なくともチョコレートを製造するには過程が多すぎ、その過程には相応の投資も必要です。

バニラも実は同様で、相場の高騰によりどの農家もバニラ栽培を始めましたが、価格が急落するとみんな一気にやめました。バニラは、あの香りをだすまでにこれまた長い工程が必要で、すぐに食べたり使用することができないからです。

こういうわけで、自家消費になり得るかどうかを決定する要素として、色々あるのでしょうが、私は大きな要因はそれが「すぐに(加工なしで)食べれるものかどうか」のような気がしています。あくまで、現地で思った「気」にすぎませんが。

すっきりしない回答ですいません。応援に応えられるよう、頑張っていきます!

大吟醸

日本酒の「吟醸」と「大吟醸」の違いは何か?
米を精米(米を削る)して日本酒にするのだけれども、精米する
割合が多い方がフルーティですっきりした味わいになる。
40%~50%削るのが「吟醸」で、50%以上削るのが「大吟
醸」という分類になる。
たくさん削ると材料となる分量が減るので高価になる。

週末に大吟醸2種類を飲んだ。
最初に飲んだのは、とても飲みやすい。
その後、飲んだのは、辛口のものだった。

大吟醸はやはり辛口でも飲みやすい。 
そやけど飲みやすさが求め過ぎると、一方で「日本酒らしさまで
削ってしまう」ところもあると思う。
今度は「吟醸」あたりで、日本酒らしさを残したものをさがしてみ
たい。

ところで、Dari-kチョコはフルーティで少し酸味がする。
そやけど、カカオは木の実の中の種なので、製造工程をどんどん遡
れば、フルーティでなくナッツっぽいのではないだろうか。
フルーティで少し酸味な部分は、ほんまにカカオ豆自体の味なんや
ろか?
その答えはカカオを生で食べてみないとわからない。

                            阪田 彰

Re: 大吟醸

日本酒の分類、大変参考になりました。
私も日本酒はお酒の中でも一番好きなもので、
昔は「大吟醸=一番高くて美味しい」と思って
いましたが、段々飲むにつけ、大吟醸の方が
美味しいと感じる傾向はあるが、必ずしもそうでない
と思うようにもなりました。

「らしさ」を感じる。
カカオらしさを残す。
こうした視点もチョコ作りには大切ですね。
ましてや豆から手がけるDari Kには、この
カカオらしさをいかに演出してあげられるか、
ここが腕の見せ所だと思います。

また色々教えてください!
プロフィール

Dari K

Author:Dari K
Dari Kの経営者です
宜しくお願いします!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。