スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タカシマヤ出店しています

本日16日(水)より22日(火)まで
京都タカシマヤに出店しております。

ショコラティエは店舗で製造・営業しておりますが、
私は出店期間中は終日タカシマヤのブース
(地下一階洋菓子売り場)におりますので、
常連の皆さん・ブログ読者の皆さん、是非
是非遊びに来てください!

そしてお越しくださったときには
「ブログ読んでるよ~」とか「今日は店じゃなくて
こっちに来ました」と声をかけてくださいね。

今日も朝5時に起きて店でフレッシュな
チョコを作って持ってきていますし、
明日からも早起きして新鮮なチョコを持っていきます!

何日も何十日も、あるいは何ヶ月も前から棚においてある
他社のチョコレートとは鮮度が違います。
香りが違います。当然味も皆さんご存知の通り全然違う!

でも、百貨店の中では残念ながらDari Kの持ち味である
カカオ豆の焙煎の香りやカカオティーの試飲も
することができません。

お客さんはショーケースの中身をパッと見て、
私が説明しようとするとサッと去ってしまう。
逃げなくても無理やり買わせないのに~!
Dari Kの魅力・こだわりを是非聞いて欲しい!

私の肩書きDari KのCEOは「Chief Executive Officer」
というより寧ろ「Cacao Evangelist and Organizer」
つまり『カカオの伝道者かつ主催者』なんです。

だから、毎日カカオの本当の魅力を伝えるために
活動しているわけで、なのに百貨店の空気は重すぎる~!

せっかく楽しいデパ地下で、美味しいスイーツがいっぱい
あるのだから、いろんな店のいろんなショーケースを覗いて
楽しめばいいのに!

殆どのお客さんは真剣な顔で脇目もふらずに
歩いていてるから、私もつい顔がこわばってしまいます。

でも今日は朝からDari K目当てで来て頂いた方も
ちらほらおり、そんな瞬間はすごく嬉しくて
自然とスマイルが出てきました!

「せっかくだから」
私の口癖であり、人生のモットーでもあります。
「せっかくデパ地下に来たのなら、もっと
リラックスして楽しんで!」
と思いつつ、また売り場へ戻ります。

I hope to see you at Takashimaya =)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

関西弁ネイティブ

今日仕事帰りに京都タカシマヤに行ってきました。
Dari-Kの晴れ舞台やさかいに、もちろん行きます。

そやけど、その道すがら、やっぱり考えるわけです。
「お客さん少なかったら、店主になんと声をかけるか?」

しかし、そんな心配は全くの不要でありました。
19時くらいにタカシマヤにつきましたが、閉店間際まで、
絶えず、お客さんがいらっしゃいました。

ところで今日は仕事の出先のある施設で、エスペラント語の
表記を初めて見た。
たとえば、「貴賓室」の札にエスペラント語で併記してある
という具合だ。

エスペラント語とは、何なのか。
世界共通言語を目指し、人工的に作られた言語(どこかの地域
で使われている言語ではない)で、時制や人称による言葉の変
化がなく覚えやすく作られているそうだ。

そやけど、その発想とは裏腹に、世界でもまあまあエスペラン
ト語を使える人は100万人くらいしかいないそうです。

それにしても世界共通言語を自分で作ってしまう発想と行動力て
ずば抜けていると思うが、英語もできへんのに、エスペラント語
も覚えましょうと言われても困るなあと思いました。

                          阪田 彰
















高島屋!!

高島屋デビューおめでとうございます!

あのゴディバの真横にあるのに、それにも負けないレイアウトの上品さ。さすがだと思いました。

商店街とは全然雰囲気の中に溶け込む吉野さんも新鮮でした☆
1週間なんてあっという間だと思いますが、沢山の人がDariKの素晴らしさに出会ってくれることを願っています!

Dari-K⇒タカシマヤ

昨日、暖かい日曜日、京都四条河原町交差点、信号の色が変わる
ごと、紅葉帰りの人たちが流れ、留まり繰り返される。
Dari-Kに寄った後、ズボンを直しに京都タカシマヤに行った。

「「おーっ」って言いながら食べました」
毎日チョコを食べられるという彼女は、とても美味しかったと言
ったあとに、そう続けられた。

阪田は、スーツはいつも京都タカシマヤのある店で買う。
その店で買い物をするようになって4年になる。

Dari-k京都タカシマヤ出店時に、その服屋の店員の彼女に色んな
お礼にと思い、RatuとJerukをプレゼントしてみたのだった。
そして、それが、Dari-Kチョコを食べられた彼女の感想だった。

チョコ好きな人には、Dari-Kの美味さは分かりやすいのだと思う。

さて、Dari-K本店ではアルバイトの彼が来られるようになって、
数週間になる。
彼はパティシエの専門学校生だ。

昨日、彼は阪田の座っているテーブル席にカカオティーをもって来
てくれて、「チョコレートテイスティング」について、話をしてく
れた。
また、先日は「テンパリング」について教えてくれた。

彼が素人の阪田に色んなチョコ話をしてくれるというのは、単純に
うれしいし、光栄なことやと思う。

「阪田もチョコレベルを上げよう。」
彼の「情熱(あつ)さ」を聞きながら、そう思いました。


                        阪田 彰  

Re: Dari-K⇒タカシマヤ

阪田さんが一番アツいですよ!
と思う店主でした(笑
プロフィール

Dari K

Author:Dari K
Dari Kの経営者です
宜しくお願いします!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。