スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新フレーバー発表!

だいぶ夏の暑さもおさまってきて、京都でも
幾分過ごしやすい日が多くなってきました。

ただでさえデリケートなDari Kのチョコにとって、
製造時も、お客様のお持ち帰り時も、
夏の暑さはちょっと厄介ですが、それでも
連日多くのお客様にお越しいただき、
何とか売り切れでご迷惑をおかけしないよう
ショコラティエ一同フル稼働しております。


さてさて、9月も後半に入った今日から、久しぶりに
新しいフレーバーを追加致します。


その名も「リモン」。

ご存知の通りDari Kのチョコレートは全て
インドネシア語ですが、この「リモン」、
何か分かりやすいですね。

そう、レモンです。
適度に甘く煮たレモンピールをふんだんに
チョコレートに練りこませています。

ジュルック(オレンジ)のレモン版、というと
想像しやすいでしょうか。ジュルックは
1番人気のラジャの次に人気ですが、
今回のリモンもとっても良い出来です。

実はこの「リモン」、レモンピールだけではなくて
ちょこっとソルト、つまり塩も入れてるんです。

フランスのゲランドというところでとれる
塩なんですが、刺激が強くなく、それでいて
舌に心地よい塩気を与えるので、カカオ豆が本来
もつフルーティな酸味とレモンの酸味を
絶妙につなぐ役割をしてもらってます。

ちなみにこのゲランドの塩。
「フランス西海岸、ブルターニュ地方にゲランド塩田は
あります。 太陽と風の力、粘土の地層を活かした構造を
持つこの塩田で 9世紀以来、機械をほとんど使わない
伝統的手法を用い、 塩職人(パリュディエ)の手により
『ゲランドの塩』は生産されます。
 
自然環境を最大限に活かしたこの製法で作られる
『ゲランドの塩』は、 古くはブルボン王朝時代から
今日に至るまで、 フランス料理の名シェフたちから
高い評価を受け続けています。」
だそうです。

爽やかな酸味と心地よい塩気、そして香り高いカカオ。
新たな境地を目指すこの新作を是非お試し下さい!
紅茶との相性、抜群です!!


**お取り寄せに関して**

毎日少量しかお取り寄せに回せる分がなく、
ご迷惑をおかけしております。

今回のリモン発売に際して、チョコレートを
ご注文のお客様にはお取り寄せでも
リモンをご選択できるように致します。

フレーバーのご選択がない場合、現在ちょうど
12種類のフレーバーがございますので
12個入りチョコレートに関しては全ての
フレーバーをお詰めしてお届け致します!

遠方のお客様、プレゼント用のお客様も
是非フルセットのチョコレートお試し下さい!

新作発表

今日は土曜日。実は今から京都YWCAにて
小学生を対象に、カカオ豆からチョコレート作りの
体験教室をしてきます!

これまで色々講演をやらせていただきましたが
小学生相手は初めて!しかもカカオ豆からチョコレート作りを
一緒にやってみるというのも初めて!
楽しみで仕方ありません。

ちなみにこの企画、京都の色々な大学の学生達が企画・運営
していて、こうした取り組みってホント素敵ですね。

さて、講演といえば、7月にも同志社大学の経済学部や
京都を中心とする進学塾「京進」での講演なども決まって
いるのですが、詳細は次回お伝えします。

今日は新作のお知らせです。
それも2つも!!

1つは期間限定の新フレーバーである「Mint(ミント)」
とれたてフレッシュなミントを生クリームに
アンフュゼ(香りをうつすこと)して、それと
自家焙煎カカオ豆で作ったカカオマスとを合わせた
爽やかな一品。

見てください、このフレッシュなミント!
爽快な香りがたまりません。

sDSCN0020.jpg


そして出来上がったチョコレート。

sDSCN0030.jpg



次にご紹介するのは、「ブラウニー」!
去年は人気すぎてずっと品切れで、
毎日焼いても午前中には、というか
開店して1時間くらいで売り切れてしまっていましたが
これから暑くなるので、徐々にチョコから
焼菓子にシフトしていこうと思い、
ブラウニーを再開します。

焼きたてはこんな感じ!

sDSCN0017.jpg


ただ再開するだけじゃつまらないので
カカオ分も大幅にアップした他、
とにかくアーモンドやクルミもふんだんに使い、
しかもクエカカオでお馴染みのローストカカオ豆も
まぶしたとっても贅沢なブラウニー。

sDSCN0043.jpg


1本でも、スライスでも販売します。

もうどこも真似できないブラウニーです!
お取り寄せは今のところできませんが、
なるべく早く扱えるように頑張ります!


それではYWCA行ってきます!

皆さんもHave a good weekend!!


【新作】「ジャヘ」いよいよ今日発売開始!

千葉は幕張メッセで開催されているFOODEXの
初日が終わりました。想像以上の規模に
ちょっとビックリ。そして外国人の多さにも
かなりビックリ。とかいうDari Kもインドネシアの
ブース内にいるわけで、う~ん、インターナショナル!

初日の感想としては、関東ではまだ認知度が低いためか
昨年の大阪のFOODTECHよりは引き合いが弱いかな、という
感じです。でもまあまだ初日だし、知って頂くために
出展しているので、明日からも頑張ります!

今日一番嬉しかったのは、同じインドネシアブースに
出展している企業約10社の方々(ほとんどがインドネシアから
このために日本へ来ています)に、チョコを
一口ずつ試食で差し上げたところ、みんな
びっくりするくらい喜んで「おいし~」と言ってくれたこと。

インドネシア人にとって、自国でカカオが採れることは
なんとなく知っていても、それがこんなに美味しくなるとは
思ってもみないようでした。

みんなが「インドネシアにお店だして~」と言ってくれるのが
本当に嬉しかったです。そしてこうやってすぐに
年齢関係なくみんなと仲良くなれるのは、そりゃ
自分の性格も若干はあるでしょうが、インドネシアの方の
天真爛漫でフレンドリーな国民性があるからこそ。
Saya suka Indonesia(I like Indonesia)!

さてさて、本日3月7日から14日までいよいよ
大阪三越伊勢丹でのホワイトデー出店が始まります。

そこでデビューする新作は・・・その名も『ジャヘ』!
インドネシア語でジンジャー、つまり「しょうが」を意味します。
しょうがだけだと刺激が強いので、リンゴと一緒に
甘く煮て、でもスパイシーさも残し、最後に
シナモンシュガーでコーティング。

もう間違いのないこの「ジンジャー&アップル&シナモン」の
最強の組み合わせ。一切の妥協なく、しょうがもりんごも
生から全て煮る手間のかかりよう。
そしてもちろんDari Kの自家焙煎カカオ豆で作ったチョコレート。

手間ひまかければ必ずしも美味しくなるとは限りませんが、
手間ひまかけた分だけ美味しくなるものもあります。
もちろん今回の新作ジャヘは後者。

私が今千葉にいるので写真はアップできませんが、
その味を是非伊勢丹もしくは京都のDari K店舗で
お確かめ下さい!

健康にも良く、美味しいジャヘ、いよいよ記念すべき3月7日
(my birthday!)デビューです!!


*お取り寄せ限定数ながら再開しました。
新作ジャヘもお選び頂けます!
いつもすぐに売り切れてしまい申し訳ございません。

【新作】プタニついに登場!

昨日のエントリーの続きです。
今日はプタニのどこがすごいかについて
少々熱く語らせていただきます。

ss-CIMG4949.jpg

ワインやコーヒーや、そしてチョコでも通常
飲み比べ、食べ比べをする際に基準となるのは品種と生産国。

あるぶどうの品種でフランス産とチリ産の飲み比べとか、
アラビカコーヒーのグアテマラ産とエチオピア産とか。
チョコレートも、ガーナ産とエクアドル産と、と良く比べたり
しますよね。

でも、ちょっと待ってください!
味の違い=産地の特徴とするのはあまりに短絡過ぎるのではないでしょうか?


チョコレートの味に最も大きな影響を与えるのは
もちろん原料であるカカオ豆。

そのカカオには品種、生産国(環境)、発酵、乾燥、焙煎、
ペースト化などの要素があるわけです。
ということは生産国による味の違いを知りたかったら、
他の条件を一定にしなければならないのが普通です。

つまり、ガーナとインドネシアのチョコの食べ比べをして
産地の違いを感じたかったら、カカオの品種を一にして
(たとえばフォラステロ種)、発酵も木箱なら木箱、
バナナの葉ならバナナの葉で統一して、乾燥も
天日干しか熱風乾燥か薪でいぶすのかを統一しなければなりません。
もちろん焙煎温度やカカオ以外の原料の配分も
同じにしないと厳密にはいけません。

だって、片方は焙煎温度が高くて深煎りにしてもう一方を
浅煎りにしたら、その味の違いは、産地でなく焙煎の
違いになってしまうから。

同様に、片方には砂糖を多く入れて、もう片方には少なくいれたら
甘さの違いはカカオ豆の産地に由来するのではなく
単に砂糖の量に起因するのですから。

そう考えると、世の中に出回っている「食べ比べ」や
「テイスティング」が、僕はそもそも厳密性を大きく
欠いているものと思ってしまいます。

誰がどのように発酵させたか、そして誰が何度で何十分間
焙煎させたか、そういうのも知らないで、産地の表示だけを
見てカカオマスやクーベルチュールを買ってきて、
それをさらに加工したチョコレートを買ってきて、それで
食べ比べしてみましょう、ってオイ!と突っ込みたくなります。

穿(うが)った見方かもしれませんが、大学院で長い間
研究生活をしていた癖なのか、こういった普通の人は何も
感じないことにでも、つい目がいってしまいます。


さて、前置きが長くなりましたが(でもこの前置きは
重要なのです!)このプタニのすごさ、
それは他のDari Kのチョコレートとあわせて
純粋な食べ比べが出来ることにあります。

つまりカカオ豆はどれもインドネシアのスラウェシ島産の
フォラステロ種。プタニはドラム式のロースターで
薪を使って直火焙煎していますが、Dari Kの他のチョコは
京都の工房でオーブンによる熱風焙煎。つまり豆の種類や
産地、発酵は同じだけど焙煎方法が違う。

もちろん砂糖の配合なども同じにしているので
純粋な焙煎による違いをお楽しみ頂けるわけです。

これこそがカカオ豆を自家焙煎しているからこそ
出来る試みであり、他のショコラトリーでは真似できないこと。

食べてみるとあまりの味の違いに相当驚かれると
思います。同じ産地の豆なのに味が全然違う、と。

こんな試み、多分世界でもDari Kが初なのでは、と
思います。(違ったら指摘してください!!)
そもそも豆の自家焙煎からするところなんて
世界に数えるだけしかいないから、そのショコラトリーが
やっていないのであれば、世界初っていうのも十分
あり得るわけです。

このプタニ、今回のバレンタインの特別セットには
4個木箱入りでも、8個木箱入りでも12個木箱入りでも
箱の大きさに関わらず全てにいれました。

ですので、焙煎によるチョコの味比べ!が
できるようになっています。またこれに伴い、
これまでお付けしていたチョコレート・フレーバーの
解説のリーフレットも一新。

店頭では一足先に販売を開始していますが、
まだ試していない方は是非お試しください!

尚、2月1日~14日にお買い求めを希望される方は
当日販売はほぼ出来なくなると予想されますので
今月中にお早めにご予約下さいませ。

ちなみにお取り寄せは再三品切れとなっており
大変ご迷惑をおかけしております。今後しばらくは
お取り寄せ出来ない状況が続くかもしれませんが
少しでも余力ができたら受付ますので、
お取り寄せサイトをチェックしてみてください。



カカオティー

今日は久しぶりに新製品のご案内です!

店舗にお越しいただいたお客様には
しばらく前からお出ししているカカオティー(カカオのお茶)。

香りはチョコレートなのに、味はさっぱり
香ばしくて、殆どのお客様がその香りと味のギャップに
驚かれて「不思議~!」と仰います。

このカカオティー、何を隠そうとってもシンプル&ヘルシー。
お砂糖など何も加えず、原料はローストしたカカオ豆の
殻のみ。これを煮出しているだけなのです。
そしてその効能としてカカオのポリフェノールが
入っているのはもちろん(エビやカニの殻にカルシウムが
たっぷり入っているようなイメージでしょうか)、
一口飲むだけですごく落ち着くんです。

世にも珍しいこのカカオティー、何度も何度も
様々な方から商品化の声を頂いておりましたが、
今回ようやく発売することに致しました。

20グラムのカカオティーの素に対し、500ミリリットルの
お湯で煮出して頂くだけでご自宅でも簡単にカカオティーが
お召し上がりいただけます。

手で一粒一粒カカオ豆の殻を剥いているからこそ出来る
この貴重なカカオティー、100グラム入り(2.5リットル、
カップに約15杯分)で1,050円となります。

数えてはいませんが、この100グラムを取るのに、
カカオ豆を700~800粒は手で剥いていることになります。
とっても貴重で健康にも良い、そして何より美味しい
カカオティーをどうぞご家庭でもお楽しみください!!



プロフィール

Dari K

Author:Dari K
Dari Kの経営者です
宜しくお願いします!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。